書誌目録

内容をプリントする
定価:2,124円
(本体価格: 1,967円)
ジャンル
人文・社会・自然
著者
鈴木喜一
体裁
A5判/312頁
ISBN
ISBN978-4-901631-15-0 C3052
人文・社会・自然
まちと建築を再生する
鈴木喜一
2002年4月 刊行

各地を巡り歩く労を厭わない者だけに
建築家の門戸は開かれている。
ナラティブな建築遍歴!

「手考足思」。まちを歩き、まちを描きつつ、文化財保護・再生を考え、さまざまな手法と状況を具体的に紹介。本学名物・吉祥寺校の木造校舎改修工事から、フィールドはポーランド、アジア、さらにジャングルにまで及ぶ。

  • MAU 通信教育課程教科書
数量:
各オンライン書店にて、この本を購入できます。以下のバナーをクリックしてください。
amazonで購入 Honya Club.comで購入 e-honで購入


目次

第1章 まちを歩き、まちを描く
風景を描くことの意味/近代建築史への旅/五島列島の旅―棟梁建築家鉄川与助の天主堂を訪ねて/越えられない駅舎―中国東北地方の近代建築

第2章 身近な歴史を再発見する
新しい保存再生の動き/文化財保存制度の導入と意義/身近な歴史を再発見する/まちに潜む息づく洋館たち

第3章 まちと建築を観察し、実測し、提案する
馬宿復原に取り組んで/時を超えて復活する会津田島の山村道場/遠い記憶―会津田島の山村道場とその周辺民家/朝霞の家/武蔵野美術大学吉祥寺校四号館―実測調査および土台廻り・軸部等総合調査

第4章 保存再生の様々な手法と状況
木造校舎の再生から学ぶこと/都会の中の小さな家/ボロ屋の大改造と傾きかけた我が家の修理/ヤモリからの挨拶―雑司が谷の家/横寺の家を住み継ぐ/新・我が輩は猫である/壊されてゆく民家の実測が残すもの―川越・高橋家住宅記録保存

第5章 ネットワークで動き出す
現代版寺子屋、神楽坂建築塾の試み/環境を軸にして行動する/森と共生する建築/古民家再生の現場から/場の文脈を読むまちづくり

第6章 アジアフィールドワーク
中国大陸民家探訪/マンダレーからの手紙/ジャングルの中の楽園/蒼穹の地に生きる

資料編
登録有形文化財改修事例/登録有形文化財リスト
書誌情報へ戻る

関連書リンク

デザインリサーチ
田村裕・臼井新太郎・中尾早苗
2,124円
(本体価格: 1,967円)
コミュニケーション研究I・II
若林直樹・及部克人/監修
4,625円
(本体価格: 4,283円)
ネパール周遊紀行
田村善次郎
2,052円
(本体価格: 1,900円)
タウトが撮ったニッポン
酒井道夫・沢良子/編
1,944円
(本体価格: 1,800円)
建築
板垣鷹穂
4,937円
(本体価格: 4,572円)
ドボク・サミット
ドボク・サミット実行委員会/編
2,160円
(本体価格: 2,000円)

書誌情報へ戻る

ページの先頭へ戻る
amazonで購入 Honya Club.comで購入 e-honで購入 セブン&アイで購入