書誌目録

内容をプリントする
定価:2,124円
(本体価格: 1,967円)
ジャンル
写真・映像
著者
平木収
体裁
A5判/120頁
ISBN
ISBN978-4-901631-16-7 C3072
正誤表
初版1刷
写真・映像
映像文化論
平木収
2002年4月 刊行

アリストテレスの発見からデジカメまで――
今日のメディア社会の根幹をなす
「写真」による画期的な映像論!

映像化社会の出現は、写真の発明と軌を一にしている。写真史にとどまらず、わかるようでわからない写真を「わかる」ために、何を知り、何を成すべきか。実践的方法を含め、写真と現代生活の密接で謎にみちた関係をとらえ直す試み。

  • MAU 通信教育課程教科書
数量:
各オンライン書店にて、この本を購入できます。以下のバナーをクリックしてください。
amazonで購入 Honya Club.comで購入 e-honで購入


目次

序 「写真史」を学ぶことの意義について―写真と現代生活の関係を捉え直す
1―写真前史―その知識伝統の系譜
2―写真術の誕生―発明者達
3―写真活用の第一歩―旅行・調査・記録
4―肖像写真と新しい社会―市民社会の息吹を受けて
5―メディアとしての写真の台頭―社会の実相を映す鏡
6―新しい芸術思潮と写真―両大戦間の前衛芸術の興隆
7―グラフジャーナリズムの時代―雑誌文化と市民社会
8―芸術行為としての写真の始動―ドキュメンタリー写真の新たな意味
9―映像化社会におけるアイデンティティー―現代芸術に見る写真の応用
10―転換期の写真表現と未来への展望―デジタル写真技術の可能性と視覚伝達の文化
書誌情報へ戻る

関連書リンク

タウトが撮ったニッポン
酒井道夫・沢良子/編
1,944円
(本体価格: 1,800円)
映像メディア表現I
板屋緑・篠原規行/監修 岡川純子
4,679円
(本体価格: 4,333円)
映像表現のプロセス
板屋緑・篠原規行/監修
3,996円
(本体価格: 3,700円)
石元泰博ー写真という思考
森山明子
4,536円
(本体価格: 4,200円)
新版 graphic design
新島実/監修
3,672円
(本体価格: 3,400円)
黙示
新正卓/写真
7,992円
(本体価格: 7,400円)

書誌情報へ戻る

ページの先頭へ戻る
amazonで購入 Honya Club.comで購入 e-honで購入 セブン&アイで購入