書誌目録

内容をプリントする
定価:2,124円
(本体価格: 1,967円)
ジャンル
ワークショップ/教育
監修
高橋陽一
編集
杉山貴洋
体裁
A5判/ 口絵カラー/200頁
ISBN
ISBN978-4-901631-22-8 C3037
教育
ワークショップ実践研究
高橋陽一/監修 杉山貴洋/編集
2002年4月 刊行

グループで活動をするときに
使われる手法=ワークショップ。
その広がりと深さを検証する実践研究

ワークショップとは? アートを媒介としたコミュニケーションの手段ととらえ、美術館、地域社会、学校、病院、さまざまな場所での実践記録をおさめる。誰のために、なぜ必要なのかを解明し、「共同作業としての表現活動」がはらむ可能性を探る。

【執筆者】石川瞭子・岩崎清・小串里子・齋正弘・齋藤啓子・白石美雪・杉山貴洋・高橋陽一・竹内敏晴・ 葉山登・前田ちま子

  • MAU 通信教育課程教科書
  • 他校教科書採用
数量:
各オンライン書店にて、この本を購入できます。以下のバナーをクリックしてください。
amazonで購入 Honya Club.comで購入 e-honで購入


目次

はじめに=杉山貴洋
第1部 
ワークショップという梃子は=岩崎清

第2部
  表現を共有する―枠のない美術教育=小串里子+前田ちま子+小笠原真子+山崎雅子
bridge:1[ブルーノ・ムナーリ]=岩崎清

第3部
  なぜ“ワークショップ”だったのか=前田ちま子
ワークショップの実践=齋正弘
地域社会におけるまちづくりワークショップの試み=齋藤啓子
bridge:2[ローレンス・ハルプリンとアン・ハルプリン]=齋正弘

第4部 
自然や行為をなかだちに学ぶ=葉山登
「からだとことば」のワークショップ=竹内敏晴
bridge:3[マリー・シェーファー]=白石美雪

第5部 
八枚の絵―共同参加の心理療法から=石川瞭子
尻尾のついたコーヒーカップ=杉山貴洋

第6部 
ワークショップの準備体操=杉山貴洋
事例集:ちびくろの根っこ=小笠原真子
住民のせせらぎ=世田谷区+(財)世田谷区都市整備公社まちづくりセンター
みんなのさわぎく=岩崎清
今ここにしかない形=中嶋夏
視ることへの深化=降旗千賀子
半歩遅れてついていく=杉山貴洋

おわりに―
ワークショップと教育のあいだ=高橋陽一
書誌情報へ戻る

関連書リンク

造形ワークショップを支える
高橋陽一
1,748円
(本体価格: 1,619円)
美術と福祉とワークショップ
高橋陽一
1,512円
(本体価格: 1,400円)
造形ワークショップの広がり
高橋陽一
2,160円
(本体価格: 2,000円)
みんなのアートワークショップ
小串里子
3,456円
(本体価格: 3,200円)
美術教育の動向
大坪圭輔・三澤一実/編
1,944円
(本体価格: 1,800円)
美術館のワークショップ
高橋直裕
2,376円
(本体価格: 2,200円)

書誌情報へ戻る

ページの先頭へ戻る
amazonで購入 Honya Club.comで購入 e-honで購入 セブン&アイで購入