書誌目録

内容をプリントする
定価:4,536円
(本体価格: 4,200円)
ジャンル
美術
編者
武蔵野美術大学日本画学科研究室
体裁
A4判/4色刷/140頁
ISBN
ISBN978-4-901631-33-4 C3071
正誤表
初版1刷・2刷・3刷
美術
日本画 表現と技法
武蔵野美術大学日本画学科研究室/編
2002年4月 刊行

日本画の表現・技法を網羅。
制作の基本のすべてがわかる
ムサビの日本画教育決定版!

日本画を描くことは、油絵を描くこととどう違うのか? 日本画を始める人、さらに表現領域を広げたい人たちのために書かれた表現と技法の書。用具、用材を豊富な図版と文章で丁寧に解説し、古典技法から、現代日本画の領域までさまざまな制作過程を図解した。

【執筆者】草薙奈津子・山下裕二・那須勝哉・滝沢具幸・三浦耐子・内田あぐり・重政啓治・神彌佐子・星 晃・毛利武彦

  • MAU 通信教育課程教科書
  • 他校教科書採用
数量:
各オンライン書店にて、この本を購入できます。以下のバナーをクリックしてください。
amazonで購入 Honya Club.comで購入 e-honで購入 セブン&アイで購入


目次

近代日本画の歩み=草薙奈津子

第1章 日本画の基礎
花を描く=日本画研究室編
作家が描くデッサン① [植物]
絹の表現=那須勝哉
墨の表現=那須勝哉
墨の線を活かすために=山下裕二
古典模写=三浦耐子
日本の古い絵に眼を凝らす=山下裕二

第2章 自由な表現
人間を描く=内田あぐり
作家が描くデッサン② [人体]
自由に描く=重政啓治
風景を描く=滝沢具幸
風景画について=滝沢具幸
作家が描くデッサン③[近現代]
現代日本画さまざまな表現

第3章 日本画の用具・技法解説
絵具:種類と用途/膠と礬水/金属:箔と泥/筆と刷毛:種類と用途/墨と硯:歴史と製造過程/基底材:和紙・絵絹・その他

第4章 用語解説

第5章 日本絵画の流れ
日本画について=那須勝哉
日本画の顔料についての覺書=毛利武彦
書誌情報へ戻る

関連書リンク

現代日本画の発想
内田あぐり・重政啓治/監修 武蔵野美術大学日本画学科研究室/編
4,104円
(本体価格: 3,800円)
日本画の用具用材
重政啓治/監修
1,944円
(本体価格: 1,800円)
絵画空間を考える
堀内貞明・永井研治・重政啓治
2,160円
(本体価格: 2,000円)
日本造形史
水尾比呂志
3,707円
(本体価格: 3,433円)

書誌情報へ戻る

ページの先頭へ戻る
amazonで購入 Honya Club.comで購入 e-honで購入 セブン&アイで購入