書誌目録

内容をプリントする
定価:2,052円
(本体価格: 1,900円)
ジャンル
芸術理論
編者
酒井道夫・金子伸二
体裁
A5 判/224 頁
ISBN
ISBN978-4-901631-55-6 C3070
正誤表
初版1刷
芸術理論
造形学研究
酒井道夫・金子伸二/編
2003年4月 刊行

ヌードのヘソは日本的か?!
絵画を超え、いとうせいこう浅草論まで、
形象に近代を読む!

ヌードのヘソから日本的なるものを追求する絵画論、紅涙しぼる小説からお菓子のオマケまでの「通俗」造形論、 80 年代情報誌にみる都市論ほか、それぞれのテーマから近代と造形のかかわりを解析する 9 本の論文を収録。

【執筆者】坂上桂子・河田明久・立花義遼・畑中純・山本晶・いとうせいこう・金子伸二・小林昭世・酒井道夫

  • MAU 通信教育課程教科書
数量:
各オンライン書店にて、この本を購入できます。以下のバナーをクリックしてください。
amazonで購入 Honya Club.comで購入 e-honで購入


目次

モダニズムを超えるために―
ミリアム・シャピロの「フィメージ」を通して考えるジェンダーとアート=坂上桂子
ヌードのへそ―裸体画における日本的なるもの=河田明久
通俗造形論=立花義遼
私的マンガ論―中年マンガ家の生活と意見=畑中純
ノート―置かれた色によってそこには消された色がある=山本晶
リズム都市・浅草=いとうせいこう
「紙のうえの都市」フィールドノート=金子伸二
二十世紀デザイン運動の意味―デザインによるデザイン自身の認識=小林昭世
「装釘時代」について=酒井道夫
書誌情報へ戻る

関連書リンク

造形学概論
金子伸二
2,052円
(本体価格: 1,900円)
教養としての編集
酒井道夫/編
2,052円
(本体価格: 1,900円)
デザインリサーチ
田村裕・臼井新太郎・中尾早苗
2,124円
(本体価格: 1,967円)
ドボク・サミット
ドボク・サミット実行委員会/編
2,160円
(本体価格: 2,000円)

書誌情報へ戻る

ページの先頭へ戻る
amazonで購入 Honya Club.comで購入 e-honで購入 セブン&アイで購入