書誌目録

内容をプリントする
定価:1,748円
(本体価格: 1,619円)
ジャンル
ワークショップ/教育
著者
高橋陽一
体裁
A5 判/240 頁
ISBN
ISBN978-4-86463-006-1 C3037
教育
造形ワークショップを支える ファシリテータのちから
高橋陽一
2012年3月 刊行

ファシリテータに求められる能力とは?
さまざまな疑問に教育学の視点から答え
新たな美術教育の可能性を提示する!

造形ワークショップを、それを支えるファシリテータの意義と求められる能力から問う。武蔵野美術大学の教職課程で15 年間行われた「美術と福祉プログラム」や、文部科学省の支援による「造形ファシリテーション能力獲得プログラム」の成果を踏まえ、教育学の視点から論じたあたらしい社会的な美術論。

数量:
各オンライン書店にて、この本を購入できます。以下のバナーをクリックしてください。
amazonで購入 Honya Club.comで購入 e-honで購入 セブン&アイで購入


目次

はじめに この本のためのガイドツアーとして

第1章 教育からみた造形ワークショップ
第一節 ワークショップの語源から/第二節 ワークショップの教育上の形式をめぐって/第三節 ワークショップの教育上の目的をめぐって/第四節 広がる造形ワークショップ/第五節 造形ファシリテーション能力

第2 章 企画力―プランニングの立脚点
第一節 企画力の立脚点/第二節 目的や目標は誰のものか/第三節 発想をまとめる第一段階企画書/第四節 企画を伝える第二段階企画書/第五節 参加をよびかける第三段階企画書

第3 章 組織力―プレゼンテーションとコミュニケーション
第一節 集団か個人か/第二節 プレゼンテーションとは/第三節 コミュニケーションとは/第四節 組織としてつなぐことの意味

第4 章 記録力―記録と表現のプロセスとして
第一節 ワークショップ・リテラシー/第二節 記録と表現/第三節 個人情報と著作権

第5 章 これからの造形ワークショップにむけた質疑応答
第一節 ファシリテータは職業なのか/第二節 学校の美術教育と造形ワークショップは矛盾するか/第三節 造形ワークショップの評価は可能か

資料編 造形ファシリテーション能力獲得プログラムなどの概要
第一節 造形ファシリテーション能力獲得プログラムの資料/第二節 美術と福祉プログラムの資料/第三節 ワークショップ研究I・II の資料

おわりに
書誌情報へ戻る

関連書リンク

美術と福祉とワークショップ
高橋陽一
1,512円
(本体価格: 1,400円)
造形ワークショップの広がり
高橋陽一
2,160円
(本体価格: 2,000円)
ワークショップ実践研究
高橋陽一/監修 杉山貴洋/編集
1,512円
(本体価格: 1,400円)
みんなのアートワークショップ
小串里子
3,456円
(本体価格: 3,200円)
美術館のワークショップ
高橋直裕
2,376円
(本体価格: 2,200円)
美術教育の動向
大坪圭輔・三澤一実/編
1,944円
(本体価格: 1,800円)

書誌情報へ戻る

ページの先頭へ戻る
amazonで購入 Honya Club.comで購入 e-honで購入 セブン&アイで購入