書誌目録

内容をプリントする
定価:3,780円
(本体価格: 3,500円)
ジャンル
デザイン
編者
上原幸子
体裁
B5 判変型/4 色刷/272 頁
ISBN
ISBN978-4-86463-070-2 C3071
デザイン
デザインとコミュニティ
上原幸子/編
2018年4月 刊行

私から私たちへ、そしてコミュニティへ
デザインの力とコミュニティが出会うとき何が生まれるのか

1 章から6 章を通して、「私」、「私たち」からコミュニティ、社会へと繋がるネットワークと、その可能性について論じる。
1980 年代から始まったぶりっじ世田谷、きぬたまあそび村や、世田谷区立桜丘すみれば自然庭園、東京にしがわ大学をはじめ、継続し、さらに未来へと繋がる数多くのプロジェクトを豊富な図版とともに紹介し、一人ひとりがデザイン的な考え方で身近な問題に関わり、コミュニティが豊かに変容していく姿を描く。

【執筆者】上原幸子・齋藤啓子・朝比奈ゆり・萩原 修

  • MAU 通信教育課程教科書
数量:
各オンライン書店にて、この本を購入できます。以下のバナーをクリックしてください。
amazonで購入 Honya Club.comで購入 e-honで購入 セブン&アイで購入


目次

1 章 自分の視点を知る
自分をデザインする  上原幸子
 自分について繙く
 自分情報を分析するマインドリサーチ
 自分を可視化するダイアグラム
 事例1―「遊びの原体験地図」ワークショップ――子どもの頃の遊びとまちの記憶を可視化する
 事例2―「◯△□の自己紹介」と「似顔絵自己紹介」――二人一組で行うストレスのないコミュニケーション
 事例3―自己紹介の紙芝居――異文化を繋ぐライブコミュニケーションツール
 見ること・聞くことを通して見えてくる自分フィルター
 取材という行為から見えてくる自分の視点


2 章 参加と学び
参加をデザインする  齋藤啓子
 コミュニティとは
 参加participation というアプローチとの出会い
 参加のデザイン
 参加から学びへ
 事例1―太陽の市場ワークショップと太陽の市場工房――障がい者と健常者の表現の場をつくる
 事例2―品川用水ワークショップ・ひろばワークショップ――コミュニティの新旧住民が出会う
 事例3―「いわむろのみらい」創生プロジェクト――高齢者と中学生の交流から参画へ


3 章 地域と大学
地域のネットワークをデザインする 齋藤啓子
 地図を広げ、地域の生活をイメージしよう
 地形から自然や歴史を読み解く
 地域ではすべてが繋がる
 授業を変える
 大学が変わる
 地域が変わる
 事例1―こだいらNPO ボランティアセミナーから地域へ――大学生とNPO の出会いをデザインする
 事例2―よわい立場の人を応援するプロジェクト――異なる分野との接点を引き受ける
 事例3―こだいらブルーベリーリーグ「まちで楽しむ」――豊かな地域資源と学生たちのチャレンジ


4 章 まちづくりとコミュニケーション
人や組織を繋ぐデザイン 朝比奈ゆり
 まちづくりの主人公は住民
 住民不在の箱物行政から住民参加プロジェクトへ
 パートナーシップと住民自治
 住民がまちづくりに関わることの意味
 参加と協働のまちづくりの広がり
 住民や市民を支援する中間支援組織
 コミュニケーションデザインにできること
 事例1―世田谷区立桜丘すみれば自然庭園――住民参加プロジェクトの企画運営
 事例2―ボランティアセンター――中間支援組織の仕事


5 章 デザインの力
プロジェクトをデザインする 萩原修
 「プロジェクトをデザインする」とは
 デザインの力をプロジェクトに生かす
 まずは、数人のやりたい人だけが集まること
 プロジェクトの骨格をつくる
 プロジェクトの名前を決める
 やれるところから始めてみる
 続けていくための当事者意識
 事例1―つくし文具店――「つながる くらしと しごと」をテーマにしたプロジェクト
 事例2―東京にしがわ大学――学びを通じて繋がりをつくるプロジェクト
 事例3―中央線デザインネットワーク――都心と郊外と森を繋ぐプロジェクト
 事例4―旭川木工コミュニティキャンプ(AMCC)――「もり」と「まち」と「もの」を繋ぐプロジェクト


6 章 思いを形にするデザインの力
生活圏をデザインする 上原幸子
 誰もがみな住民であり生活者である
 自分たちのためのデザインを学ぶ
 ゴールイメージとスモールステップ
 呼びかけ人になる
 事例1―きぬたまあそび村・せたがや水辺の楽校――多摩川の河川敷原っぱに子どもの遊び場をつくる
 事例2―多摩川河川敷のツリーハウス――子どもたちの夢を実現する
 事例3―たまがわ花火大会――祝う気持ちを共有する
 事例4―名古屋錦二丁目長者町地区繊維問屋街――歴史と特色ある街並を生かす取り組み
 事例5―地域映画『タカハマ物語』――伝統ある瓦のまちで若者たちの活躍の場をつくる

おわりに
コミュニティを元気にするデザインの力
書誌情報へ戻る

関連書リンク

graphic elements
白尾隆太郎/監修
3,456円
(本体価格: 3,200円)
新版 graphic design
新島実/監修
3,672円
(本体価格: 3,400円)
ワークショップ実践研究
高橋陽一/監修 杉山貴洋/編集
2,124円
(本体価格: 1,967円)
造形ワークショップの広がり
高橋陽一/編
2,160円
(本体価格: 2,000円)
ワークショップのはなしをしよう
今井良朗
1,836円
(本体価格: 1,700円)
コミュニケーション研究I・II
若林直樹・及部克人/監修
4,625円
(本体価格: 4,283円)

書誌情報へ戻る

ページの先頭へ戻る
amazonで購入 Honya Club.comで購入 e-honで購入 セブン&アイで購入