‘日常の業務’ カテゴリーのアーカイブ

ささやかに? 90周年

2018年9月12日 水曜日

武蔵野美術大学は、来年の2019年に創立90周年を迎えます。

80周年の時のように記念誌を刊行しませんが、ささやかながら、例年とはちょっと違うことを考案中。
そのひとつが、編集:凹山人が担当する「学生手帳」です。ビニールカバーは、これまで白色で刷ってきましたが、別色にしよう、そうなると、差し紙は……と、目下、デザイナーの棚橋早苗さんと検討しています。

差し紙は、これまでNTラシャの四六判、100kgベースを用いてきました。クラフトっぽい用紙を使いたいとのことで、候補を聞くと、その銘柄はハトロン判。う〜、四六判に換算する計算式は……と、手放せない私のマニュアルのひとつ、エディタースクールの「印刷発注のための 紙の資料」を開くも、計算が面倒。こういう時は、すぐに思い出せてよかった竹尾さんのWEB「坪量・連量早見表」で、ちゃちゃっと算出しました。

大々的ではないけれど、地道に製造費を検討して、ささやかでも、90周年のお祝い感を出したいと思っています。

[制作:呑猫]

ツイート

ものをつくることは

2018年9月11日 火曜日

「ひどい夏だったね」が挨拶代わりになってしまう、平成最後の夏でした。
夏前に大雨が西日本を襲い、酷暑が続き、夏の終わりに北海道を震度7の地震が襲いました。
治水を考えるなら、山が崩れないように、山の保全と林業のありかたと過疎対策とこの3つは大事だな、と山崩れで形が変わってしまった地元の山を見ながら思ったしだいです。

風土が荒むと、人の心も荒むんじゃなかろうかと思う。

いま津村耕佑先生の企画本をつくっていて、この夏を超えて、やっと見通しが立ちそうなんですが、
津村先生は、ものをつくることは、個人の精神や思考を守ることでもあると考えてます。
また、2013年にあった森美術館LOVE展のアーティストインタビューで「貴方にとって愛とは何か」と聞かれ、
「クリエイティブな行為が愛なんだと思う」と答えてます。

守るといっても、既にあるものをかたくなに保持し続けるのではなく、細胞が増殖と死滅を繰り返すように、
新しい視点と視野と発想で、物事を何度も何度も捉え返し、解体し再生するのだと。

津村先生に一年間くっついて聞いたお話をまとめたものです。
ほんとうは、語りすぎるのはよくないと、津村先生は考えておいでなのですが、
素敵な作品の輪郭を、ときに具体的に、ときに抽象的に、愛溢れる言葉で語っていただきました。
秋の終わりが初冬にはお届けしたいなぁと思ってます。

編集:t:eeh

ツイート

〆切とは……

2018年9月4日 火曜日

〆切とは……のあとに続く言葉は何を思い浮かべますか?

「守るべきもの」
「サバをよむもの」
「ないと、いつまでもとりかかれないもの」などなど
人や状況によって違うことと思います。

今年、課せられた〆切が大幅に前倒しされたものがあります。丸善雄松堂さんの電子書籍「eBook Library」の入稿日です。
電子媒体ではあるけれど、紙のカタログなしには注文がとれないと、年度末に搭載タイトルを網羅したカタログを、丸善雄松堂さんが作成してくださっていますが、
そのカタログに掲載するタイトルの電子書籍入稿データは、これまで年末でした。それが、今回は8月末日に、すばらしく前倒し!

というわけで、この度は、年末にバタバタせずに3タイトル、〆切を守って8月30日に入稿しました。
課せられないと、動けないものなのですねえ。

ちなみに上記のカタログは、年々、束幅を増しています。
2013−2014年版=11ミリ
2014−2015年版=18ミリ
2015−2016年版=22.8ミリ
2016−2017年版=30.3ミリ
2017−2018年版=31.7ミリ

推測するに、新規搭載データが一気に押し寄せては困ると判断されたのだと思います。おかげさまで、夏にひと仕事完了! ただいま査読中です。販売開始になりましたら、またお知らせします!

[制作:呑猫]

ツイート

台風13号にともなう営業時間変更のお知らせ

2018年8月8日 水曜日

14時現在、吉祥寺の空は不気味に晴れていますが、
かなり強い風が吹いています。
武蔵野美術大学は、午前中のうちに本日は15時半に
事務の業務を終了し、明日は通常より50分遅い開始を
決めました。
さて、出版局はどうしよう。
いつだったか同じような状況で16時に業務を終了した
ところ、吉祥寺駅が大混乱。。。
勝手ながら弊社は本日15時にて業務を終了いたします。

吉祥寺には6人のスタッフがいますが、2人がちょうど
夏休み中。残る4名、明日はどうなる???
昼までの雨風がひどいようなので、出社時間は各位に
任せることにして、行動は午前9時までにハムコに
携帯で知らせてもらうことにした。
零細企業ゆえの悠長さである(何なりとご批判あれ)

連日の異様な暑さに、8月はゆるゆるいかねば体力が
もつまいと思った矢先の台風。
「ゆるゆる」のつもりでいても、昨年より明らかに
詰まった夏である。編集3人が3人ともカリカリしている。
「索引をつけるなら最初から言ってぇ!」と電話で絶叫
した人がいましたね、昨日ね、あたしね。
[編集:ハムコ]

ツイート

webリニューアル

2018年7月25日 水曜日

粛々と進めています、webリニューアル。
スマホに対応できること、
社内でほとんどすべてを更新できること、
SNSでもっと情報拡散できるようにすることをめざして。
年内に、お披露目できる予定です。

このリニューアルで、「ほんとうは、やらなければいけないこと」のひとつがかなり解消できるはず。
書評・紹介、フェア情報を、もっときちんとwebにアップしていきます。
その際は、みなさま「いいね!」をよろしくお願いします!

[制作:呑猫]

ツイート

「H29年度 通信卒制集」納品!

2018年7月18日 水曜日

本日、本学通信教育課程「平成29年度 卒業制作作品集」が無事納品されました!
年度末の仕事が終わると、撮影したデータの受け取りからバトンタッチで4月からせっせと編集開始。ペラの状態で確認してきたものが、製本され綴られると、やはりよいものですね。

卒業生148名の方のお手元には、間もなく届くと思います。しばし、お待ちくださいね。

20180718_02

[制作:呑猫]

ツイート

サーバダウン

2018年7月10日 火曜日

この1週間というもの、本サイトが閲覧できない状態がたびたびあり、大変ご迷惑をおかけしました。

サーバの障害が続いており、「一部のお客様で発生している高負荷障害に関するお詫びとお知らせ」というメールをサーバ会社から
毎日受け取っておりました。
原因や状況報告は、そのサーバ会社のwebに都度更新されて掲載されていて、[電話やメールで問い合わせをいただいても、このwebに掲載されていること以上はお答えできません]とあるので、静観するしかありませんでした。

そのサーバ会社のwebには「高負荷障害に関して多くのお客様からいただくお問合せ」の内容が日増しに多く、重くなっています。

Q:他環境へ移設するためドメイン名を解約したいが、有効期限が近いため解約できない。

Q:他環境へサーバーを移設したいが、ネームサーバーを用意できない。

Q:取り急ぎ、メールサーバーを他環境に移設したい。

Q:他社に乗り換える。今利用しているドメイン名は、他社のサーバーで使えるのか。

Q:障害発生期間中の利用料金はどうなりますか。

そして7月9日(月)22時にシステムメンテナンスが終了した旨、本日、朝メールを受け取りました。
今日10日は、これまでのところ問題なかったように思います。
しかし1週間近く、ずっと不安定な状態だったわけです。緊急の状況は回避した相手に、どうご意見を伝えるべきか!?

[制作:呑猫]

ツイート

本づくりの節目というもの

2018年7月6日 金曜日

今日の5時間の踏ん張りが、のちの2週間分になって戻ってくる(戻ってくるというか、しっぺ返しされるというか)という節目が本づくりにはあります。
昨日唐突にその節目がやってきて、鷹の台の打ち合わせから戻ってから、デザイナーに渡す赤字やら差し替え画像を取りまとめてました。こういう行ったり来たりがデザイナーにものすごく負荷をかけることはわかっているので、ごめんなさいと詫びつつもやるしかないのである。
踏ん張りどころのまだ途中です。
がんばります。

編集:t:eeh

ツイート

「通信卒制集」責了

2018年7月2日 月曜日

あ、という間に7月。後半戦スタートですね。
本日の業務のメインは通称「通信卒制集」の色校戻し。
平成29年度 本学通信教育過程を卒業された皆さんの卒業制作作品集を「あとはおまかせします」という責了で、印刷所へ戻すための作業をしました。
各コースの先生方、デザイナーへお願いしていた色校確認の転記、私自身が確認した赤字などなどをまとめていきます。

20180702

修正をお願いするところに付箋を貼るなどするので、この作業はちょっとした工作状態。
明日、再確認して図書印刷さんへお渡しし、7月18日の納品を待ちます。
よい仕上がりになりますように!

[制作:呑猫]

ツイート

「メルロ=ポンティ『眼と精神』を読む」重版決定

2018年6月25日 月曜日

おかげさまで、重版決定!
『イサム・ノグチ 庭の芸術への旅』は、明日6月26日に納品されます!
7月14日(土)からスタート、東京オペラシティ アートギャラリー「イサム・ノグチ ─ 彫刻から身体・庭へ ─」展の関連書籍として、ご注目ください。準備万端です。

つづいて、
『美術教育の題材開発』
「メルロ=ポンティ『眼と精神』を読む」
の2タイトルが7月31日に2刷が出来上がります。

まだちょっと早いけれど、本日、売上カードを入稿。
(こちらも増刷なのだ!)

20180625

こういう仕事は、どんどんしたい!

[制作:呑猫]

ツイート