2010年5月 のアーカイブ

ムサビのパン屋さん

2010年5月13日 木曜日

ムサビ構内にあるパン屋さん『エミュウ』でおいしいパンを買ったらぜひっ!!ムサビオリジナルグッズのキャンバストートに入れてエコしましょう。
IMG_0010

パンもトートも環境も喜んでる気がする…

おいしいパンを食べて、エネルギーとアイデアが湧いてきたらいいですね。

IMG_0002

おなかすいてきました…

[総務:ピロイ]

ツイート

MAUPインテリア計画

2010年5月12日 水曜日

出版社の編集部というのは、たいていどこも雑然としている。
数々の本や雑誌はまだしも、プリントした原稿、初校再校三校・・・
一冊できあがったら、ゲラなどすぐに捨ててしまえばよいのだ。
箔屋さんに行って押してもらったときの見本など、
残しておいて意味があるわけではないんですよね。
「もっと、ギューッと遠慮なく押しちゃってください!」
「いや、ルーペで見てください、これが紙の破れる限界ですよ」
「じゃ、もうちょっとだけ、ほんとのギリギリまで!」
などという会話を思い出すので捨てられず。
ついに「思ひ出」という箱をつくりました。
何が入ってるかはヒミツ。自分ではこんな箱をつくるくせに
周辺各位には「整理整頓清潔第一」を強要するハムコ。

MAUPは来年10周年を迎えます。社内の環境を整備するチャンス。
だてに「整理整頓清潔第一」を繰り返しているわけではないのだ。
今からせっせと片づけています。ひとり勝手に整備月間。
[編集:ハムコ]

ツイート

展覧会情報

2010年5月11日 火曜日

hori400

昨日から、この春に刊行した『絵画空間を考える』の著者のお一人である堀内貞明先生の退任記念展「堀内貞明-人間のいる風景」が、鷹の台の武蔵野美術大学 美術館で開催されています。
40年以上にわたりムサビで教鞭を執られてきた堀内先生の画業を、50点以上の油彩画やデッサンで紹介する展覧会。残念ながら私はまだ拝見していないのですが、作品以外の見所として先生のアトリエが再現されており、モチーフにされている品々(どれも大変なお宝だとか……)も展示されているそうです。
なかなか画家の制作の現場は見られませんからね。作品はもちろん、作品が生まれる場の空気も味わえるであろうこの展覧会。私も楽しみにしています。皆様も、ぜひ足をお運び下さい。
(編集:凹山人)

ツイート

本出ます。トークイベントやります。

2010年5月10日 月曜日

今週末から来週あたり、書店に新刊並びます。『石元泰博—写真という思考』です。
目印は、まったり輝くプラチナトレーシングにモノクロの表紙。かっこいいです。手に取ってパラパラと開いてみてください。じわじわと来ます。「本とはこういうものだった」と思えます。
稀有な写真家の作品と思考の軌跡を、著者がパッション溢れる筆致で描き出し、designer of designers杉浦康平さんと、佐藤篤司さんが隅々まで意を尽くして造本してくれました。

書店で探すための材料になれば、と書影をスキャンしてみました。
どん。ヘタでごめんね。ぼけてるし。これを目印に実物を見つけてください。
実物はとても美しいです。乳白色の霧に包まれたような独特の存在感ですから。
本表
本裏
さらに、ニュースです。

5月29日18時から青山ブックセンターでトークイベントを開催します。
みなさん、ぜひ来てください。スライド上映します。
イベント内容はこちらにアクセスしてください。

さらにさらに、ニュースです。

18日からはブックフェアも開催中。題して「石元泰博—21世紀の書棚から」。
石元さんご自身の書斎に並ぶ本をリストアップ。珍しい写真集も並びます。
あわせてお待ちしております。

編集:t:eeh

ツイート

駅弁を食す

2010年5月7日 金曜日

GW、12時32分発の上越新幹線に乗り、故郷へ。東京駅でお目当ての駅弁を購入して、車中でいただこう! というのは計画に終わったけれど、新幹線の車内販売で高崎のだるま弁当を購入して、久しぶりに駅弁を食べました。

どうしてこんなにも、東京駅の駅弁を食べたくなったかといえば『駅弁革命』(小林祐一・小林裕子著/交通新聞社新書)を読んだから。懐石の料理人である横山勉氏が、「冷めてもおいしい」駅弁づくりにたずさわり、「極附弁当」など数々のヒットを放つまでの悪戦苦闘が、いきいきとしたタッチで綴られたドキュメンタリーです。ひとつの駅弁にこんなにもドラマがあったのだと感銘を受けました。著者は、私がMAUPにごやっかいになる前に、仕事をご一緒させていただいたおふたり。さすがの筆致です。

手にとる者にはわからない舞台裏。ひとつの駅弁にもドラマがあるように、書籍や制作物すべて、完成までのドラマがあります。そんなアレコレを書いていこうとスタートした「MAUP日記」も6カ月目に突入しました。今後とも、どうぞご愛顧ください。

[制作:呑猫]

ツイート