2011年1月 のアーカイブ

お菓子ですぅ…

2011年1月31日 月曜日

予告どおりのお菓子ネタです。すみません。お菓子はお菓子でも、今回は和菓子です。
あんまり申し訳ないので、なさけないタイトルになりましたが、サブタイトルがあります。「羽二重に泣く」もしくは「お菓子とお化け」。
年の暮れに久々の羽二重のおいしさに鼻の奥がツーンとしました。
tubaki
これは白椿を図案化したものです。言われてみれば、なるほどね、と思う。
これを食べて私は泣きそうになりました。おなか空いてたからかもしれません。

和菓子の造作の、単純化というのか、デフォルメというのか、時々惚れ惚れすることがあります。
伝統の力かねぇ、なんておめでたいことを考えているのはt:eeh くらいのものだろう。

usagi
こんなのもあります。ずっち☆の森の仲間達に食べられた白兎。干支にちなんでの縁起物なので、去年は寅(虎)、来年は辰!?
辰は楽しみです。
ちなみに京都国立博物館で見た海北友松の龍はなにやら漫画のようでした。いや、もちろんかっこいいし、立派なのは言うまでもないのですが、愛嬌があります。あれはなんだろう。

鳥獣戯画を筆頭に、日本の絵巻物に描かれた生き物は、猫のような虎だったり、化け物のような象だったり、見ててあきない、めくるめく世界です。
そしてもちろん百鬼夜行絵巻のように化け物すらかかわいいのでありました。
なかなか落ちがつかないのでありました。
編集:t:eeh

ツイート

絶賛販売中!

2011年1月28日 金曜日

本日、ムサビの新宿サテライトにお邪魔してます。
『造形ファシリテーション展示会・シンポジウム』が本日より3日間開催されておりまして、そちらで、書籍とグッズの販売をしております。

お近くにお越しの際はぜひお越し下さい。もちろん入場無料ですので。どなたでも入れます。

いつも2Fでお仕事してるから、9Fが落ち着かない…

本日は新宿サテライトより更新してみました。

〔総務:ピロイ〕

ツイート

とびかうデータ

2011年1月27日 木曜日

いよいよ明日28日から武蔵野美術大学「造形ファシリテーション能力獲得プログラムーー造形ワークショップの記録と表現による学士力の形成」[通称:FP]の展示会・シンポジウムが始まります(30日まで。新宿センタービル9階。入場無料)。
MAUPでは、書籍刊行物やMAU GOODSを展示・販売することから、準備のおおづめで本日はFPまつり的な状態。イベントもさることながら、このシンポジウムの内容をおさめて3月末までに刊行する「年度報告書」と、書籍の同時進行で、すごいことになっています。

でも、なにがすごいって、その「年度報告書」に掲載する学生の記録を、ネットを介してダウンロードして、デザイナーに渡すためのデータ化ができちゃうことかしら。そしてまた、できたデータをネットを介してデザイナーのもとへ。
編集プロダクション出身の私。私が社会人デビューした頃は、こうしたデータのやりとりのために人員がいたのになあ。
すごい前の話のようだけど、そんなに昔のことでないはずなのだが……。

[制作:呑猫]

ツイート

そこのあなた、30年おくれてますよ

2011年1月26日 水曜日

昨年の秋頃から、毛皮のようなものをつけたブーツをはいた女性を街でよく見かけるようになりました。ファッションに疎い私も、あーこういうのが流行ってるんだ〜と認識できたのですが、流行云々以前に真っ先に思ったのが、これはあの人の真似じゃないか!、ということ。ネット上などでも多数の人が既に指摘していることですが、あの人とはもちろん「ブルーザー・ブロディ」。
a0023082_01514
誰?っていう人もいるんだろうなあ。30年くらい前、ちびっ子プロレスファンに強烈な印象を残したプロレスラーです。一番好きでした。傍若無人キャラなんですけど、いわゆるヒールキャラとはひと味違った感じが子供にもわかりましたね。『プロレススーパースター列伝』の影響もあったかな。実はインテリで元記者(実際はコラム書いてただけらしいですが)なんて情報が入ると、リングの上で吠えながら暴れている姿とのギャップにも何かいわくがありそうで、想像がかき立てられました。そんな暴れん坊も、1988年に興行先の南米で他のレスラーに刃物で腹を刺されてあっけなく亡くなってしまいました。その頃プロレスに関心がなくなっていた私も、そのニュースには本当に驚き残念に思ったことを覚えています。享年42だったことは最近知りました。若すぎますね。
で、そのブロディがはいていたのが、毛皮が巻かれたリングシューズだったわけです。立派な上半身に比べてわりと細めで長い脚にボリュームのあるそのシューズをはいた姿がかなりかっこよかった。
今街ゆく女性がブロディを意識しているわけがないのはわかっていますが、どうしてもブロディ基準で見てしまうのでした。そのうち、ぶっといチェーン持ち歩くのも流行ったりして……。
(編集:凹山人)

ツイート

人はいろんなものに逃避する

2011年1月25日 火曜日

大変なときに人は何に逃げるか、という話です。
今、入稿前の最後の全文チェックやってます。
シビアで細かい作業です。
きめ細かい人間じゃないt:eehはことのほか神経使います。
そして疲れるわけです。
疲れるととりとめもなく、ふと気がつくとこんなものが目の前に…。
エビアン
エビアンが身をよじっている。なにをしたのか。
お茶を呑もうとして、ポットの前に行き、ふと気が付くと左手に空になったエビアンの500㎜ボトルがあったので(多分捨てるつもりでした)
98℃の熱湯を注いでキャップを締めました。何をしたかったのか思い出せない。
どんどん曲がる…。頭が煮詰まっていたせいか、身のよじり具合がいいかんじに見えたので携帯におさめました。
このときはとりあえずエビアンの空ボトルに逃げました。
もっと煮詰まったら、お菓子しかないな。次回のt:eehのネタはお菓子かもしれません。
前回もお菓子でしたね。

編集:t:eeh

ツイート

注文書をつくる

2011年1月24日 月曜日

私は営業を担当してますが、
その販売ツールとして、
広告(注文書)なども作成しています。

3月の「造形ワークショップの広がり」高橋陽一先生監修、
4月の「未来の教師におくる特別活動論」伊東毅先生著、
「新版 電脳の教室」佐藤淳一先生著。
主にこの三つをメインとして
いま広告(注文書)作りに没頭。

ほか、造形ファシリテーション展示会・シンポジウム(1/28-30)、
堀内貞明先生の退任記念パーティ会場(1/29・吉校で開催)
でお配りさせていただく注文書や、
学会報告書に載せて戴く広告・・・。

ムサビだからデザインは得意でしょ!
とも言われますが、
そんなあ…という感じ。
いつも迷いはあります。
(あまり自信ないと言うのもはばかれますが…)

日々精進。
作って作って作り続けます。
[営業ずっち☆]

ツイート

組み置き

2011年1月21日 金曜日

私も、力士一人いただきました。おいしかった!
(え?…って思っちゃうから、前日のt:eehさんを読んでくださいね)

さてさて。毎年この時期、増刷の納品があります。
今年は15タイトルの書籍が増刷対象となりました。
で、本日その最初の納品。
Image196
写真がフツーすぎる…。でもよく見てください。当たり前といえば当たり前の話しなのかもしれませんが、これ、ただ無造作に置いてあるんじゃないんです。縦と横を交互にして、‘組んで’置いてあるんです。地震などで崩れにくくする為に、計算された置き方らしいですよ。出版局に来て間もない頃に、今は亡き制作ご担当だった黒沢さんに教えていただいたことが、この‘組み置き’でした。なるほどなぁ〜と、すごく納得したことを覚えています。この写真では1段だけですが、大きな倉庫では、この上に更に5段、10段と積み上げて、更にラップでぐるぐる巻きにして固定して保管するんです。また、この写真は4梱包だけですが、何梱包を土台として置くかによって、それぞれ組み方も違うんですよ。
黒沢さん、4〜10梱包verを、全て実践して教えてくださいました。ちゃんと覚えましたから、安心してください。

これから続々と納品があります。
力士食べたし、力士のように力を入れていこうと思います。

[総務:ピロイ]

ツイート

おかきのデザイン

2011年1月20日 木曜日

というほど大げさな話でもないです。
「t:eehから穀物のにおいがする、色気がないっ。」
「あ、いま力士2コ食べたから」
「いやん、グロ」
という会話がありました。
力士2コです。110120_1437~01

おかきです。頭が豆菓子です。右にいるのが横綱ですね。
食べちゃうとこうなります。こうなってるのか…。
110120_1442~01[1]

力士4コいただきました。「大相撲土俵入り」というおかきです。
コレクターの素養ゼロですが、よくできているので思わず並べてみた。包みの面白さだけではなく、味もしっかりしてます。おいしい。
110120_1440~02

横綱の隣は梅のまわし。続いて左から、富士山、初日の出、松、十両と。めでたいもの尽くしになってます。芸が細かい(竹がないけど)。
武蔵美通信教育のテキストに『パッケージデザイン』があるのですが、パッケージって面白い。

編集:t:eeh

ツイート

ゆびさし確認「よしっ!」

2011年1月19日 水曜日

っていう具合、気合いいっぱいの1日でした。
本日「図書目録2011」の本文と2月末納品の新刊テキスト
1タイトルを印刷所へ入稿。

入稿データを出力したものを
「何も(間違いが)ありませんように!!」と思いながら
1ページづつ指を斜めに走らせて最後の最後確認します。
今日は大丈夫!
この調子で、年度末まで乗り切れるといいなあ。

[制作:呑猫]

ツイート

どうしちゃったんだっ!?

2011年1月18日 火曜日

年末から私が普段使用しているMacの調子がよくありません。
起動ボタンを押して立ち上げようとしても、モニターが黒いままということがしばしば。
本体は正常に動いているようだし、モニターも他につなぐと問題なく機能することからも、接続部分に問題点があると予想できるのだけれど、今はだましだまし使う日々です。
毎日、祈るような、その日の運勢を占うような思いでボタンを押しています。
素直に一発でつく日もあれば、そうでなくとも適当にキーをたたいたり、マウスをカチカチいわせるとつく日もあります(直接は関係ないかもしれませんが……)。
年が明けてからは概ねいい調子で、毎朝、よしいいぞ! などとおだててなんとかここまで来ましたが、今日は完全にご機嫌な斜め。何度起動をやり直してもモニターは黒いまま……。
仕方なく出版局内の別機を借りて作業しています。当然、このブログ更新も。
仕事関係のデータは外付けHDに保存してあるので、別機でも問題ないといえば問題ないのですが、やはり落ち着きません。
今の仕事が一段落したら、根本的な解決を試みなければいけんなぁ……。とほほ。
何か思い当たることある方、アドバイスいただけませんか?
(編集:凹山人)

ツイート