2011年3月 のアーカイブ

尊い「普通」

2011年3月31日 木曜日

2011年3月11日のことを思うたびに立ちすくむ。
いまも、立ちすくんでいる。
それでも日は昇り、日は沈み、そして再び日は昇る。
世界が昨日とは全く違ってしまったように思えても、
もう笑えないんじゃないかな、と思っていたとしても
いつかかならず、健やかに笑える日がくるはずだと信じたい。
ねばり強く、一歩ずつ歩いていきましょう。
ずっち☆も言っていました。
私たちは日常をとりもどさねばなりません。

編集:t:eeh

ツイート

百年後のいま

2011年3月30日 水曜日

「オレ、今日、ブーだったぁ!」と叫ぶ凹山人にかわって
今日もハムコが書きます(凹山人ファンの皆さん、ごめんね)

大学とかかわるところで仕事をしていると、3月末が1年の
おわりとなります。だから今日は12月30日の気分。
普通ならば、やっと休みだ! 今年も暮れるなぁ・・・
などと熱燗かな。
しかし、このたびの震災後、原発の事態はひどくなるばかり。
こうした状況で、本など売れない年になってしまうのだろう。

出版界はいま、どんなことができるのだろうか。
もっと狭めて、大学出版部はいま、何ができるのだろうか。
安否がようやく確認できた東北大学出版会。
編集者のK林さんは、2か月の乳飲み子を抱えて、
それでも通常業務をおこなっている。
自宅は水が出ないために、市内の職場に洗濯物を担いで出勤。
ブログで「お父さんは街に洗濯へ」と書いている。
http://naoblo-untitled-documents.blogspot.com/

今年の本は売れないかも知れない。
それでもつくった本は、残る。
大学という存在があるかぎり、この本は残る。
百年たっても残る本をつくるしかない。
本が残るのも、たくさんの偶然が寄与するのだけれど。
[編集:ハムコ]

ツイート

街のあかり

2011年3月29日 火曜日

震災の影響で遅れていた『造形ワークショップの広がり』の
納品が、ようやく先週の金曜日に。
見返しの明るい桜色に、なんとなく涙がでてくる。
こういう本は、こういう時に、何の役にたつのだろう。
13人の著者にさっそく発送の手配をするも、
宮城県美術館の齋正弘先生とは連絡がとれず・・・
(その後、メールでご本人もご家族も無事であると確認!)

たんたんと自分の仕事を今まで通りにやること、
節電につとめること、それしかないのは分かっているが
気持がザワザワしている。

当然ながら、東京の街はいま暗い。
国分寺駅はみごとに節電モード。
どこかの景色に似ている、どこだっけ? どこだっけ?
あ、かつてのモスクワ空港だ。
そうだ、ビロード革命前のプラハにも似てるぞ。
11月のプラハ。午後4時過ぎには、次々と商店が店じまいを
してしまう。なぜか書店だけが、うすぼんやりとあかりをつけて
かなり遅くまで店をあけていた。
そのあかりを見ると、安堵のため息のようなものが出たものだ。
本とは、そういうものかもしれない。
紙を繰る、本の力は電子書籍とはやはり違うような気がする。
[編集:ハムコ]

ツイート

学生さん

2011年3月28日 月曜日

あまりに甚大な災害に言葉がみつからない……いや、そうではなくて実家が中越地震の被災地だった、あのときの状況を思うと、何をいってもどんな言葉も嘘になりそうです。
被害の大きさではなく、渦中に肉親や友人がいるかどうか、映し出されるのが自分が過ごしてきた街かどうかで本当の心の痛みは違うのだとわかりました。今私がやることは情報を過大にキャッチするのでなく、節電すること、ふだんと同じ買い物をする(青菜好きの私は、スーパーにあればいつもどおりに買う! 水はいつも買わないのだから買わない)こと、なのだろうと思っています。

仕事面では、用紙の確保が厳しい状況で自宅待機の間、以後も連絡を待つしかなく歯を食いしばっていました。それも先週末には解消されました。

「悪いことはずっと続かない」と信じている私。今日はちょっと素敵なことが。鷹の台にある大学へ用事があり行ったのですが、大学は3月いっぱい(教職員をのぞいて)地震と計画停電のため入構禁止になっています。そんなわけで、門をくぐると早速、守衛さんが「どちらへ? 学生さん?」というではありませんか。学生でなくなって、何年経っているんでしょう、私。まだちゃんと明るいうちに間違われ(?)ました。ちょっと、これは自慢。

[制作:呑猫]

ツイート

大学出版部協会のしおりが出来ました

2011年3月25日 金曜日

この度の震災は本当に心が痛みます。
被災にあわれた皆様、
現在大変な思いをされている方を忘れず、
私たちは日常を取り戻さなくてはなりません。

いろいろ混乱しつつも、

本日、

MAUPが所属している
大学出版部協会の
しおり
が出来上がりました。

このように使う

このように使う

これは、
協会のPRのしおりで、
だいぶ以前から
企画されていたもので、
全部で5種類あります。

5種類ある。コンプリートできるかな?

5種類ある。コンプリートできるかな?

イラストは、
堀藍(ほりあい)さん。

かわいい猫の絵に
癒されます。
そしてデザイン・制作は、
MAUPで担当させていただきました。
注目していただきたいのは、
原画の風合い(濃淡)を
だすように努力した!
ことです。

ねことじゃらし

ねことじゃらし

これらは
大学出版部協会の所属出版部から、
いつもお世話になっている
書店さんへ
お届けいたします。

吉祥寺は早速、
リブロ吉祥寺店、
ブックスルーエ2F、
ブックファースト6・7F
に置いていただきました。
(数に限りがありますので、
ご了承ください)

*どうしても欲しい!
という方、

ムサビ出版局

まで
ご連絡ください。

図書目録と一緒に
お送らせていただきます。

[営業ずっち☆]

ツイート

2011年3月24日 木曜日

被災された地域の方々に、心よりお見舞い申しあげます。被災された地域じゃなくても、日本中が、世界中が心を痛めています。
一日も早く復興することを祈るばかりです。祈るだけじゃなくて、今自分にできること。ほんとに些細なことしかできないのかもしれませんが、その些細なことをみんなが意識してやれば、とてつもなく大きな力になると、信じて。

あの日、出版局のみんなで避難した桜の木。
Image209

ぶっちゃけますけど私、一人で勝手に頭の中混乱してる時、頭冷やしたい時、気持ちの空気の入れ替えしたい時…とか、いろいろな時、よくここに来るんです。
(サボってるんじゃないんですけど…。いや、サボってるのでしょうか…)

でもあの日、この桜の木に言われた気がしました。
「日常のちっちゃいことで、一喜一憂してる場合じゃない」

[総務:ピロイ]

ツイート

業務再開

2011年3月23日 水曜日

ムサビ出版局は、本日より通常業務を再開いたしました。

今回の大災害では本当に多くの方が亡くなりました。ご家族や身近な方を亡くされた方々、そして被災された方々に、心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます。また、救助・救援活動、様々なトラブルに対処している多くの方々に声援をおくりたいと思います。一日も早い復旧、復興をお祈り致します。

それにしても、いまだに続く余震に加え、原発の事故による被害も拡大する様子で、全く予断を許さない状況。まだまだ進行形です。書店をはじめ、紙の問屋さんなど、出版にかかわる各方面でも大きな被害が出ていると聞きました。実際、ムサビ出版局にも発行の目処が立たない書籍があります。

災害時やその直後に、本や芸術は何の役にも立たないかもしれません。けれど、復興の過程で必ず必要とされるはずだと信じて、今自分にやれることをやるしかないという心境です。

(編集:凹山人)

ツイート

書店発売日の変更につきまして

2011年3月14日 月曜日

「新版 電脳の教室 コンピュータリテラシー」
「未来の教師におくる特別活動論」の書店発売日を
18日とお知らせしておりましたが、
震災のおり、延期となりました。
どうぞご了解くださいますようよろしくお願いいたします。

[営業ずっち☆]

ツイート

大丈夫、大丈夫

2011年3月12日 土曜日

午前8時半。
まだ吉祥寺の構内にいます。

新聞の一面をみて、あらためて事の大きさに涙がでそうになる。
東京以外にいる友人、知人からメールや電話をもらう。
みんな、ありがとう! 大丈夫です。

エアコンが復旧しました。
室内が暖かくなってきたので、睡魔が・・・

[編集:ハムコ]

ツイート

眠れぬ夜

2011年3月12日 土曜日

やっと空が明るくなってきました。
ただいま午前5時50分。
すこしウトウトすると、小さな揺れをかんじて、
結局ほとんど眠れず・・・

ほんとうなら鷹の台校では今日から通信教育課程の
卒業制作展がはじまります。
凹山人とハムコは、先日、撮影した絵画の天地や、
タイトルに間違いがないかどうか、展示を見ながら
1点ずつチェックをするつもりでしたが、
今日は無理かも知れないな。
あさっての月曜日は、その展示会場での作品撮影が
40点ほどあるけれど、うまくいくのだろうか・・・

中央線は7時から運転を開始するようです。
やっぱりおうちに帰りたくなってきました。
[編集:ハムコ]

ツイート