2011年9月 のアーカイブ

あと1周

2011年9月14日 水曜日

持久走をしていて「トラックあと1周」という気持ちでこのところ仕事をしています。ラストスパートはまだかけられないけれど、ゴールは見えている……でもでも……という感じ。9月中にwebの大リニューアル!をかかげていましたが、今は9月も中旬。あと少しというところで、いろいろ出てくる諸問題……。
苦しい反面、待って待って待った敬愛する国民的歌手のツアー初日が、あと1週間。まあ、いつものことながら、ドキドキな毎日ということです。

[制作:呑猫]

ツイート

偶然の素敵さ!皆様に感謝です。

2011年9月13日 火曜日

三省堂書店神保町本店の4Fで、
引き続きフェアが開催されています。

入り口の掲示板やポスターにも
「ムサビ文庫×三省堂書店フェア」の文字を発見!!

新IMG_1

IMG_3

Oh!ナイス!

しかも、1階から6階までの各フロアレジ横に
特製しおりを置いていただいています。
(もしかしたら、もう無いかも知れませんよ〜)

今回、ポスターにご登場いただいた、
モデルのKIKIさん。
写真を使用させていただくにあたり、
ご快諾いただいて、
ますますファンになりました(ハート!)

しかも!
タイミングを図ったように、

KIKIさんの新刊

美しい教会を旅して」マーブルトロン刊と

山スタイル手帖」講談社刊

をフェアコーナーで
ご紹介できたのは
勝手ながらご縁を感じてしまいました。

そして、KIKIさんの横には、
ねらったように本を読むサバオ像。
(ムサビのキャンパス猫です。日本画学科:きゅっきゅちゃん作)。

自分でやっときながら、どうしたのこのコラボ!

IMG_2775

まるで、一緒に本を読んでいるよう。
偶然にびっくりです。

はたしてKIKIさんが
どう思っていらっしゃるのか、
すこーし不安ではありますが、
そのあたりもぜひ、
ご覧になっていただければと思います。
[営業ずっち☆]

ツイート

来し方/行く末

2011年9月12日 月曜日

週末のニュースは9.11と3.11にまつわるものが多く、
半年前を思い出すことしばし。
3.11震災の数日後、ハムコは思わず
「ママが死んでてよかったよ」とつぶやきました。
ひどい科白のようですが、どれだけ心配するかと思うと・・・

10年前の9.11、父とふたりで立ったまま呆然とテレビを
見ていたっけなぁ。

そんなことを思い出していたら・・・
今から20年以上も前のことを・・・当時ハムコはムサビの
某研究室で助手をしていました。
のんびりした時代で、ハムコのような者でもなんとか
つとまっていたのです(今の助手さんはホントたいへん)
さいきん、たてつづけにその頃の知り合いと仕事を一緒にする
ことがあり、お互いに過ぎ去った年月に驚く。

いや、先方は「あのハムコがねぇ(嘆息)」なんでしょうねぇ。
ええ、たしかに。
サラリーマンとして働く自分なんて、9.11のときも
想像できませんでしたもの。
[編集:ハムコ]

ツイート

当たらんなぁ

2011年9月9日 金曜日

鷹の台総務課のIさんより恒例の差し入れ到来。
「炎の大作戦2」。

110909_141629

パッケージには「演習実弾12発中2発実弾が入っています」の文字。
饅頭なのですが、12個中2個に唐辛子餡が入っています。

今日は会議の日ということで、みんなでロシアンルーレット状態で食しましょうということに。
前回は実弾2個だけが最後まで残る強運ぶりを発揮した出版局メンバー。
今回はさすがに誰かが食らうものと思っていました。

ところがです。
会議前にふらりと現れたK先生にハムコがおひとつどうぞとすすめたところ、見事に被弾! 
「なんか辛い…」といたって静かなリアクションでしたが、去り際に「えらい目にあった…」と一言。
ごめんなさい、先生。

しかしこれで実弾は1発に。
誰が食らうんだーと思いながら、会議後いよいよひとつずつ手にし一斉に食べました。
が、何ということでしょう、その場にいた7名全員セーフ。
T先生にいたっては、2個目を食べても、これまたセーフ。
おそろしい程の回避能力が出版局員にはあるようです。いつまで続く、この記録。

このうち1発が実弾

このうち1発が実弾

ちなみに、残った3発はいつもお世話になっているS川急便のHくんに進呈。
1発は実弾だよって説明したのに、2個目で被弾したときには泣きそうなリアクションしてました。
唐辛子苦手だって、先に言ってよ。ていうかわかってて食べたんだから仕方ないか。悪しからず。

Iさん、ごちそうさまでした。
次もお待ちしてます。

(編集:凹山人)

ツイート

飛べ、青い鳥

2011年9月8日 木曜日

『みんなのアートワークショップ 子どもの造形からアートへ』が本日納品!!。
12日に取り次ぎへの納品があり、一般書店に並ぶのは9月20日頃でしょうか。
しかし、耳寄りなお知らせです。神田三省堂で開催されている「ムサビ文庫×三省堂書店フェア」では一足早く12日から店頭に並びます。神田にお越しのかたはぜひ三省堂まで足を伸ばし、キュートでハイセンスな姿を見てやってください。
さらにもう一足早く、ほんの少しだけ中をお見せしましよう。チラリズムですね。
こんなかんじです。
img02205
img02204
園児たちの作品が生き生きと誌面に踊ります。純粋で豊饒。
どんなに愛らしく、命の輝きに溢れていることか。
表紙カバーには青い鳥が飛んでいます。
この青い鳥は希望の青い鳥です。
子どもたちのまっすぐな生きる力が多くの人に届けばいいなと思います。
そのためにも少しでも多くの人に届ける責任があるわい、と思うわけです。
というわけで、目指せ増刷!! 飛べ、青い鳥!!

編集:t:eeh

ツイート

卓球大会!

2011年9月7日 水曜日

仕事が終わり、いつのまにか
スポーティな格好に変身しているハムコ。
いそいそとジャージに着替え出す、呑猫。
ピロイはヒールの高いサンダルを脱ぎ捨て、
わたくしは、ワイシャツからTシャツ姿に。

そう!

気合い満々。
昨日は待ちに待った卓球大会でした。

ゲストに画家のAさん(女)と
某大手出版社の気鋭の編集者(男子)が
参加してくださいました。

「下手なんじゃない!電気がまぶしい!」
とかいう人がいて、
6点を取った時点でコートチェンジ。

11点先に取った者が勝ちというルールです。
勝ち抜きトーナメント制。

なかなか激しい運動に、
温泉ピンポンみたいなものだと
馬鹿にしていて反省。

卓球は、相性とかあるのでしょうか。

私は呑猫に1点も取れなかったのに、
呑猫が敗れた画家Aさんには勝ったりしました。

意外とハムコが素早かったり。
ピロイは点を入れると可愛く喜んだり。

そして、
優勝は………

なんと画家A(女)でした。
やはり普段から筆を持っているからか、
腕の強さが違うようです。

そして、
これでは納得いかないと、
結局、総当たり戦で、
みんなと戦いました。

結果、
みな必ず1回は勝っている。

しかし唯一男子で、
1時間半ぐらい掛けて電車でやって来た
気鋭の編集者の方が、

……無勝。
(一同、信じられな—い!)

みんなを良い気分にさせてくれた
最高のゲストでした。

*写真撮れなかったので、だれか写真くださーい!

[営業ずっち☆]

ツイート

ヒントはそばにある

2011年9月6日 火曜日

1週間、韓国に語学留学してきました。
超短期でしたが、得たことや出会いは大きすぎて…まだ言葉にできません。気持ちの整理もできてません。

行く前はいろいろ考えました。
迷ってる時って、神様がいろんな方法で気付かせてくれてる気がします。

コピーしながらふと顔上げたら、2011年の出版局メンバー目標が貼ってあって…。
Image245

私、「がっつり」だった。
忘れかけてたけど、そうだった。
やりたいこと、がんばりたいこと、行きたい場所、会いたい人、全てにがっつり進んでみようと、おもってたんだった。
あと、カフェで音楽聞きながら本見てて、なんとなくイヤホン外したら、そのタイミングで隣の席で話してた女子二人の会話が入って来て…
「迷ってるならやりなよっ!」
…その時の私の気持ちに、ビンゴすぎる言葉だった訳で…

そんな数々のヒントが、今回韓国に行く方向へ導いてくれました。
そして、熱かったカフェラテがアイスカフェラテに変わった頃、やっと決めました。
そしてやっぱり行って良かったです。ほんとに。ほんとに。

ちょうどフェア準備で忙しい時期と重なってしまいつつも、快く行かせてくださったMAUPスタッフの皆様に心から感謝しています。
ありがとうございました。

そして今日はこれから、何年かに一度のMAUP○○大会!
今回は卓球!
筋肉痛覚悟!

〈総務:ピロイ〉

ツイート

毛虫との戦い

2011年9月5日 月曜日

夏の終わりに何やってんだか…。いや夏の終わりだからこその戦いか。
いつも二週間に一度の割合で庭のつるバラに木酢液を散布してますが、今年は「線量計で量ると庭の木の下の数値が高いんだよね」を理由にいちども木酢液を散布しなかった。
それでもさすがに隣の屋根にモッコウバラの蔓が這い上がってくだを巻くようになり、先々週末手当たり次第に枝を刈り、モッコウバラは見事な虎刈りになりました。
虎刈りのバラですよ…。不憫。
そして私は毛虫にかぶれました。痛いし、かゆいし。
そう。木酢液をさぼっていたら毛虫が大発生してました。えらいことです。こんなことはじめて。
昨日は毛虫退治に大わらわ。毛虫というかなんちゅうか、とりあえず毛まみれの最大1,5㎝くらいの芋虫なんですが。
情け無用で手当たり次第、摘んでは捕り、摘んでは捕り。
毛虫にしてみれば大殺戮です。悪いけど、これ以上バラがズタボロになるのを放ってはおけないし。
もちろん豚革の手袋装着。マスク、日本手ぬぐい、長手袋で膚の露出を極力回避。二度とかぶれたくないので完全装備です。
一日かけてせめて半分は捕ったかなと思いながら、今日出がけに傘を差したら、
きゃー、傘がこんなことに。
110905_1513~02
白い斑点が毛虫の巣です。
ついつい面倒で玄関先に出しっぱなしにしていた傘です。
教訓その1、傘はどんなに面倒でもそのたびにちゃんと仕舞いましょう。
それからもうひとつ、木酢液はえらかった。
猫もいるし、カエルもいるし、ご近所のこともあるしで木酢液を使いつつ、果たして効果はあるのかと半信半疑でしたが、いや、木酢液はたいへん効果があると言うことが判明しました。
鷹の爪とニンニク入り(ほんとはドクダミも入れるといいそうですが)の木酢液よありがとう。

編集:t:eeh

ツイート

速報!「ムサビ文庫×三省堂書店フェア」

2011年9月3日 土曜日

台風12号上陸か? という天気の中、ずっち☆隊長と「ムサビ文庫×三省堂書店フェア」の設営へ。こんな会場になりました!

aaw

bbw

三省堂書店神保町本店4階、エスカレーターをあがると、摩訶不思議な空間が目に飛び込んでくるはずです。私の携帯写メにて、うまく見えないかもしれないポスターのイメージは、モデルのKIKIさんです。ムサビの建築学科卒業生であります。フェアは、9月3日(土)から10月2日(日)まで。ぜひともGO!! 

[制作:呑猫]

ツイート

そして、東南アジアへ

2011年9月1日 木曜日

来春刊行の『東洋美術史』。
各エリアそれぞれの専門家に御執筆をお願いしているため
まずは監修の朴先生に目を通していただき
全体のバランスをはかる作業をしています。
こうしてハムコは「インドの旅」を経て
いま、「東南アジアの旅」の最中です。

「インドの旅」はつらかった。
しかし、この旅はなんども、ぐるぐる経巡らねばならない。
まだ1回目なのだ!
インドのなにがツライって、ジャイナ教です。
ヒンドゥー教、仏教については、調べると初学者むけの本や
Webでの情報がありますが、ジャイナ教はなかなかない。
(そもそも、手軽な「インド美術史」がない!
 もちろん、一筋縄ではいかない分野ですが)
そうなると、巻頭にはどのような総論が必要で、
巻末の用語解説には何をいれるべきなか、ということが
だんだん明確になってくる。そういう「旅」なのです。
MAUP『東洋美術史』は、ムサビ通信教育課程の教科書。
美大で2単位の「東洋美術史」を独学するための本ながら、
汎用性は高いのではないかしらん。

インドに行ったことがないハムコ。だからインドが遠いの。
「百聞は一見にしかず」とはよくいったもので、
カンボジア、タイ、ベトナムには、それぞれほんの数日いただけ
なのに、まったく親しみがちがう。
この「親しみ」をどうやって誌上でつくるか、
それも「旅」のポイントであります。巡礼はつづく・・・

しかし、巡礼する編集者は途中でいきなりおうちに帰って、
まったく別の仕事もしているのです。
クリスマスに、画期的なワークショップに関する本ができる予定。
メリー・ベリー・クリスマス!
[編集:ハムコ]

ツイート