2013年2月 のアーカイブ

猫とチョコと…

2013年2月14日 木曜日

バレンタインデーに先駆けてずっち☆がチョコを届けてくれました。猫尽くしです。

猫とチョコ。女子に受けそうな組み合わせですが、ここんとこ、t:eehがずーっと気に入っているのは、猫とジャン・レノです。猫というか。

もはやジャン・レノが「ドラエもん」にしか見えない…。このほのぼの感。

ドラエもんはたしか猫型ロボットだったはず。

ジャン・レノにドラエもんを演らせようと思った人って凄い。センスに脱帽・感服。

そのオファーを快諾して(よくわかんないけど、そんな気がする)ドラエもんになったジャン・レノは超かっこいい。べつにジャン・レノのファンというわけでもなかったのですが、ドラエもんのジャン・レノは大好きです。いまさらな話題で申し訳ないことです。

バレンタインデー当日のチョコの差し入れはこれ。ピロイちゃんでした。真ん中の真っ赤なハートが食べられないって…。

編集:t:eeh

 

ツイート

三嶋典東: LINE MAN

2013年2月13日 水曜日

三嶋典東先生『線の稽古 線の仕事』は3月22日の発売予定、

全国の書店からの注文が、毎日続々とファクシミリで

寄せられています。

嬉しいと同時に、編集者はとても緊張します。

なんとしても、それまでに作らねばなりません。

三嶋先生が自らのことを「LINE MAN」と書くのをみて、

ウルトラマンみたいでなんとなく可笑しいような……

しかし、遺された御原稿を読むうちに可笑しいどころか

真剣な生きざまがみえてくる。

「見えるかたちのすべてを〈線〉で描けるようになりたい」

という明らかな「目標」があったこと、それゆえに

期間限定・テーマ限定で「自主制作キャンプ」を課し、

つねに「トレーニング」していたことが「線の仕事」で

語られています。

[編集:ハムコ]

ツイート

栄養いろいろ

2013年2月12日 火曜日

ケロT取締役より差し入れをいただきました。

目とお肌に栄養を。

そんな、いただいてばかりのケロT取締役へ‘栄養’のお返し。

通信教育課さんが、名古屋へ入学相談会へ行った時のお土産だそうで…
かえる饅頭。
(…すみません、目だけで楽しんでください)

[総務:ピロイ]

 

ツイート

バランス

2013年2月8日 金曜日

著者名はもちろん、タイトルは決まった、図版が決まった。あとは大きさと書体と配置……。

新刊のカバーができつつあります。ちょっとの違いで印象が別モノに。数と構成要素は同じなのに。

あ、これってヒトの顔もそうだ! などとひとりごと。

 

[制作:呑猫]

ツイート

簡単に信じてはいけません

2013年2月7日 木曜日

この春刊行予定の教科書『新しい生活指導と進路指導』、無事に入稿することができました。

著者の先生方をはじめ、ご協力いただいた皆様に感謝、多謝です。

入稿前の最終確認中のこと。

ある引用文中の語句がふと気になり、あらためて確認しようとまずはweb上で引用されているその文章を片っ端から見ていきました。すると、違う語句を使ったものが数多くあるではありませんか。さて、困った(もっと早く気づけよ! ってことなんですが……)。

早速著者の先生に確認をとったところ、先生が引いた文献ではそうなっているが、それも引用であり、原本がどうなっているのかは確認してみないとわからないとのこと。

その後いろいろと手を尽くしてなんとか確認することができて、結果としては先生が引用した文章が正確であることがわかりました。よかった、よかった。

それにしても、webは便利だけれど恐ろしいですね。

今回問題になった文章は昭和20年代にある省庁が出したのもので、公あるいはそれに近い機関もweb上で引用しているのですが、そのいくつかにも間違いがあるという事実。

中には原本にあたることが難しい資料もありますが、可能な限り資料そのもので確認しなければいけない、ということを思い知った次第。勉強になりました。

 

(編集:凹山人)

ツイート

ギャラリーYで手ぬぐい展 —販売しています—

2013年2月6日 水曜日

今日、ムサビは試験でした。

雪のため、1時間遅れで開催したということですが、

みなさん無事、ムサビまで到着しましたでしょうか?

交通の混乱および寒くて大変だったかと思います。

ひきつづき、ご健闘を心よりお祈りします!!

そんなムサビの最寄り駅の一つ、

小平市・鷹の台駅から徒歩1分にある

ギャラリーYさんで、

明日から手ぬぐい展が開催されます。

いつもムサビグッズもお取り扱いいただいていて、

いわば、ムサビのアンテナショップの様な存在のギャラリーさんです。

ギャラリーYさんのDMとかわいいミニ冊子

今回の手ぬぐい展は、

ムサビ教授による『アーティストシリーズ手ぬぐい』と

ムサビの学生・卒業生などによる『コラボ手ぬぐい33×90』

またふろしき王子の名で活躍中の横山功さんの染めの手ぬぐい。
小平の雑貨店『プチ・ミュゼ』のオリジナル手ぬぐいなど、

さまざまな手ぬぐいが揃っています。

 

期間は以下のとおりです。

第一弾  2月7日(木)〜12日(火)
第二弾  2月21日(木)〜26日(火)

ギャラリーのお隣には

美味しい!パン屋さん

『しょう’s ベーカリー』があります。

目もお腹も心も満たしてくれること間違いなしです。

すぐ近くの玉川上水のお散歩も兼ねて、

ぜひお立ち寄りください。

[営業ずっち☆]

ツイート

懸想文売り

2013年2月5日 火曜日

京都の須賀神社、節分の日に「懸想文売り」が現れる。

「懸想文」は「けそうぶみ」と読みます。

恋文のことです。

ほら、手にたくさん持っています。

この懸想文をひとつ買って、箪笥におさめておくと

良縁に恵まれるのだそうです。しかも美人になるとか。

毎年まいとし買うと、箪笥がいっぱいになってしまう・・・

そんなことは考えていけないのですね、きっと。

なにが書いてあるのかなぁ。

「懸想文売り」はお公家さんがお小遣い稼ぎのために始めた

そうで、そのために顔を隠して売り歩くといいます。

ハムコの憧れの職業です。

[編集:ハムコ]

ツイート

春を知らせるもの

2013年2月4日 月曜日

立春です。光が強くなって、すっかり春の光です。猫はこの時期になると日向ぼっこを始めます。光の中で無防備に寛ぐ猫のうしろ足です。

肉球にひとつずつ、踵(といういい方でいいのか?)近くにも左右対称にひとつずつ。この模様がやたら気に入ってます。北斎や暁斎の描く猫によく似た模様の完全な和猫です。

撮影ボタンを押したとたんごろんと寝返りを打ち、足の先がフレームに外に出てしまいました。間がいいというか、悪いというか。t:eehではなく猫のことです。

もひとつ春を知らせるもの。つるバラの芽です。


ボケちゃってますが写真右下にポツンと赤いぽっちが見えますが、春になると、この芽からあたらしい枝が凄い勢いで伸びます。そして庭は茫茫というか夏には収拾がつかなくなります。

もっとバサッと剪定すべきとよく言われます。でも無理。あちこちに芽がいっぱい出てて、ごめんねと繰り返しながら、それでも例年の3倍は枝を落としました。今年の春はどんな具合に咲いてくれるのか。春を知らせるふたつのものです。

編集:t:eeh

ツイート

まっくろくろすけ

2013年2月1日 金曜日

新刊予定、現在最終校正中の某書籍の掲載写真図版で残念ながら「まっくろくろすけ」(出典:『となりのトトロ』)を理由に没になった資料です。たしかに、一色の印刷だと、真っ黒な板なんですよね…。でも、まっくろくろすけだから、よくみるとみえるんです。墨のおかげで虫食いを逃れて現代まで伝わるわけですから。

写真は、その、明治1桁に活用された師範学校教科書、万国史略の版木です。大きさの比較のためにカエルがいます(って比較になっていない)。刊行される本では、当時の刷られた『万国史略』と、版木から新たに刷り直された該当ページが掲載されます。

 

[ケロT取締役]

ツイート