2014年1月 のアーカイブ

欲しい!タコバッグ!

2014年1月17日 金曜日

営業のずっち☆でございます。

かねてよりご案内しておりますが、
遠藤彰子教授の展覧会が上野の森美術館にて
好評開催中です。
ENDOAKIKO

 

 

 

 

 

 

館内のミュージアムショップでは
武蔵野美術大学出版局のよりすぐりの書籍を集めた
「MUSABI SHOP」も絶賛展開中。
MUSABISHOP1

 

 

 

 

 

 

 

 
MUSABISHOP2
MUSABISHOP3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また遠藤彰子先生の手ぬぐいに、マグカップ、
オリジナル缶バッジ、
ポストカード、クリアフォルダ、

そして私も欲しい!
タコバック」限定30個ほど(売り切れ必須です!)

 遠藤先生原画・デザイン。 縫製はムサビの学生の手作り!


遠藤先生原画・デザイン。
縫製はムサビの学生の手作り!

美術館おみやげに最高です!
週末のお出かけにぜひ!

「魂の深淵をひらくー遠藤彰子展」

■会期:1月15日(水)〜28日(火) *会期中無休
■開館時間:10:00 〜 17:00
■入場料:一般 600円 大学生 400円 高校生以下無料
■会場:上野の森美術館 東京都台東区上野公園1-2  電話:03-3833-4191

遠藤彰子オフィシャルサイト

[営業ずっち☆]

ツイート

密かな楽しみ

2014年1月16日 木曜日

校友チラシの締切りが、1月31日までと迫っております。この機会にぜひ!

ご入金の際、通信欄に、
「とても気に入りました」とか、「いつも楽しみにしています」とメッセージをいただくと、も〜ほんっとに嬉しくなって、仕事の手が進みます。頭は少々ゆっくりなのですが…f^_^;)
嬉しい気持ちが、手をチャキチャキ動かしてくれます。ありがとうございます。

「今日、ちょっとがんばったなぁ…」っていう日、自分へのささやかなご褒美として行く場所があります。

♪ 毎日 毎日 僕らは鉄板の〜〜

はい。たい焼き屋さんです!

イートインスペースもあり、帰り道の、ちょっと小腹を満たしてくれる丁度いい量といい、もう最高、完ペキたい焼き屋さん!

一つだけ難点があるのは……
つぶらな瞳がついてることですかね…
食べる時、そんなに見つめないで…
私はキミを、これからガッツリ食べるのに。
目をつぶってるたい焼きってないかな。そしたらちょっとはお互いラクになれるのに。
かといって尻尾から食べようとも思うけど、‘目’がずっと残って、視線や気持ち感じてるまま食べるのも酷かな…って。
かといって大判焼きに切り替える気持ちにもなれない。

もう、むしろ泳いでくれ、たい焼きくん。私から逃げるんだ!たい焼きくん。

……って、ひたすらムダに考えぬいたあげく、容赦なくパクッといきますけどね。

今日もがんばったから食べてこ〜

[総務:ピロイ]

ツイート

事例がない

2014年1月15日 水曜日

一昨日のこと。
角を曲がれば、おウチに到着というところで、出会ってしまった!
お互いに意識しているのは、一目瞭然。だけど、どうしたらいいの?

洋服をきたワンチャンが、かけよったり、はなれたり、とびはねたり。飼い主はみあたらず。かわいいからといって私が駆け寄ったりしたら、道路に走っていってしまって車にひかれるかも、でも、またワンチャンはかけよってくる、なでたい、でも車が心配……。
そう、私は犬に対する事例が少ないのです。前の職場の近くにいたタッキー、チャチャ、ジローさんとは、全然違う犬。猫は、どうしたいのか、私がどう接したらいいのか、わかるつもりでいますが。

事例があれば対処のしかたも、あわてないでよいはず。
そんな事例がたくさんの「美術教育の題材開発」という書籍を、ドキドキしながら現在鋭意制作中です。

[制作:呑猫]

ツイート

佳境です

2014年1月14日 火曜日

t:eehは春を間近に控えた真冬の寒さが好きである。
寒がりなんですが、あとちょっと、もうちょっとで一斉に花の咲く春がくるんだなあ、と思うと、顔がへら〜とゆるむ。

いまMAUPの本作りは佳境も佳境です。(佳境を通り越したらなんと言うのだろう)
あとちよっともうちょっと。MAUPみんながんばってます。

これは何百年がんばってきた松なんだろう。
DSC_0357

出雲大社、銅の鳥居の前に立つ3本の松です。丈はもちろんですが、樹の根っこの広がりがものすごくて、
「強い樹を支えるのはたくましい根っこなんだな」と思った次第です。

…えっと、佳境すぎて何を書きたかったのかわからなくなったかも…。

あとちょっともうちょっとで落ち着いたら、本の告知やらあれやこれやできるかな。とりあえず次回は「天使の白目」かな。

本年もよろしくお願いいたします。

編集:t:eeh

ツイート

はじまり

2014年1月10日 金曜日

クリスマスとお正月と誕生日を一緒くたにされる山羊座の宿命。わかってますとも。もう長い間。
年末年始の2大イベントによって、誕生日が見事に薄れること…(笑)
それでもいっぱいお祝いメールなど、お言葉など、ありがとうございました。何歳だって、祝っていただけたらやっぱり嬉しいものですね。

…にしても、いつも真っ先にメールくれる母からメールないな。どうしたのかな…気になって電話を。
「私、生まれてみたけど…」
誕生日を、母に自己申告。

「…あ!あなた今日だったわね! 今メールしようとしてたとこ!」

いやいやいやいや……
今「…あ!」って言ってたし…。
…あ! = 忘れてた
だから。

姉と妹の間で忘れられがちな、中間子という宿命。
わかってますとも。もう長い間。
(これ、うちでは長年の笑い話というか、ネタなので、笑ってくださいf^_^;)
誕生日からハートを鍛えられたところです。

誕生日。‘希望に満ちたかわいい日’という訳にももういかず、
かなしいかな、自分自身と…つまり‘我’や‘業’と、戦わねば…と思うこともしばしば。
日々、精進してまいります。

お仕事的には、棚卸しも終わり、それでもなんだかんだと忙しい時間が続いていますが、なぜか全っ然疲れを感じず…

たぶん、
大きなパワーの中で、大好きな人たちと、大好きな人たちを大好きな人たちと…(ややこしいなf^_^;)
2014年の幕を開けたからだと思います。相変わらずな単純さで申し訳ない!

それを持って今年も、お仕事はもちろん、いろいろなこと、がんばりたいと思っています。
もう明けてだいぶ経ちますが、本年も、どうぞよろしくお願い申しあげます。

[総務:ピロイ]

ツイート

【フェア情報】上野の森で「MUSABI SHOP」

2014年1月9日 木曜日

topicsでもご案内していますが、
本学油絵学科教授の遠藤彰子先生の展覧会が
上野の森美術館にて開催されます。
迫力満点の展覧会です!

館内のミュージアムショップでは、
遠藤彰子先生原画の
ネコの手ぬぐい3種とワニ柄2種を販売します。

実は、深緑色ネコの手ぬぐい「花鳥猫(はなとりねこ)」と
「茶鰐(ちゃわに)」「青鰐(あおわに)」は
この展覧会に合わせ遠藤先生が原画を
お描きくださったものです。
ワニ柄の手ぬぐいは特に珍しいと思います。

ショップ内の「MUSABI SHOP」コーナーで、
よりすぐりの書籍とクロッキー帳やスケッチブックなどの
ムサビグッズもご購入いただけます。

本のイラストは中村 仁さん! ご協力ありがとうございます。

本のイラストは中村 仁さん!
ご協力ありがとうございます。

新春のお散歩をかねて、お立ち寄りください。

■会期:2014年1月15日(水)〜28日(火) *会期中無休

≪同時開催≫こちらもぜひ!
2014年1月15日〜21日(火)
日本橋三越本店6F美術特選画廊
おりおりの刻を語る 遠藤彰子展

[営業ずっち☆]

ツイート

いよいよです

2014年1月8日 水曜日

久しぶりに、外は雨模様。
乾ききった空気が少しは潤いそうです。

早いもので今年もこの展覧会の季節。

B2ポスターアウトライン訂正後

「平成25年度 卒業・修了制作展」
開催日程:2014年01月16日(木)~2014年01月19日(日)

  9:00-17:00 ※美術館は10:00-17:00
開催場所:武蔵野美術大学鷹の台キャンパス

大学生活の集大成、渾身の作品が目白押しです。
毎年書いているような気がしますが、その後の五美大展などのダイジェスト展ではなく、是非、本展でご覧ください。伝わるものが違います。

学部4年、大学院2年の皆さん、風邪などひかぬよう気をつけて、最後のひとふんばりがんばってください。楽しみにしています。

(編集:凹山人)

ツイート

大きく育つカエルの木

2014年1月7日 火曜日

 自宅では余り生き物を育てないようにしているが、なぜか鉢植えの植物をもらうことが多い。もらったものは大切にしないといけないので、大切にしているうちに巨大化することがある。

 怪しげな実から芽が出ていて、そこに小さなカエルの置物が鎮座するという小さなガラスの入れ物を二年前にもらった。申し訳ないことに何度もその葉がおちて、枯れてしまった。

 そうなると家業の植木屋の看板にかけて、水や温度や光を調整してしまうので、なぜか復活する。この木の場合は当初のカエルの置物の付属物のおもかげはなく、窓際を天井まで占拠してしまった。

 現在の謎は、このゴムっぽい植物の名前が何かと言うことである。
140106_150516
 さて、昨年末の一番の吉報は、『保田龍門・保田春彦 往復書簡 1958-1965』である。この書の企画段階で、自分でも買いますと大見得を切ったので、超豪華特装本金30000円也(限定80部)を、なんと2冊も予約購入した。
 ちなみにこの特装本は、カエルの木と同様に、大きく育つ豪華特典付きで、本当にありがたい。ほんとうに自費購入して良かったです。

(ケロT取締役)

ツイート

仕事はじめ

2014年1月6日 月曜日

遅ればせながら新年のご挨拶を申し上げます。
昨年同様に、本年もご指導ご鞭撻を賜りますよう
何卒よろしくお願い申し上げます。

さて、本日から仕事はじめの方も多いことと存じます。
昨年末から「終わらない」状態。疲れ果てた1日の朝、
ベランダを見ると椿が咲いていました。
ながいこと堅い堅いつぼみだった椿に春がきた!
140102_1225~01
というわけで嬉しくなり、元日から
『美術教育の題材開発』のゲラをひろげました。
本文のおわりが412ページ。
あらら、416ページの予定だったけれど、
参考文献に著者略歴、奥付が入ると無理だなぁ。
(なにしろ著者は17名)
なかなかユニークな教科書になりそうです。
この教科書もあと一カ月もすれば手を離れ、
そのまた次年度の教科書が始まります。
(まだ言えないけれどバラエティに富んでいる!)
その合間に(と言ってはいけませんが)
今年は珍しいタイポグラフィの本をお届けする
つもりでおります。どうぞお楽しみに!
〔編集:ハムコ〕

ツイート