2014年7月 のアーカイブ

祝・納品!「通信卒制集」

2014年7月16日 水曜日

先週木曜日の7月10日、無事「通信卒制集」が納品となりました。
表紙を見開き特別バージョンで披露します。

20140716_02

山本晶さんの挿画を、本文のデザインも担った西中デザイン事務所の棚橋早苗さんが装幀してくださいました。

私の野望であるワン、ツー「大学院修了集」と同日納品はかないませんでしたが、同じく木曜日、明日に「大学院修了集」が納品となります。

話があちらこちらにとびますが、「通信卒制集」の納品日は、避難訓練の日でもありました。
緊急放送が流れ、玄関前に集合! 先生方、通信事務職員、通信研究室の助手さん、校友会職員、武蔵野美術学園の生徒さん、そしてmaupメンバーなどなど、50人近くになったでしょうか。点呼をとり、皆の無事を確認しました。
その後は、消化器の使い方の説明を受け、実践のご指名を受けたハムコ編集長の様子を掲載しますね。

201407016_03

[制作:呑猫]

ツイート

夏野菜!きゅうり三昧!

2014年7月15日 火曜日

大雨が続いたり天候が不順でしたが、
今週は徐々に夏らしく暑くなってきました。

夏と言えば、
夏野菜の美味しい季節!
本日、呑猫の実家の新潟から沢山のお野菜を届けていただきました。
普段しなびた野菜しか口にしない私には
ご馳走です!
kappa
きゅうり三昧!
おなかが空いていたのでバグバグ!
同じきゅうりでも、
ひとつは辛く、ひとつはさっぱり、ひとつは甘く。
ローテーションしていると飽きのこない味でした。

同じ素材でもこんなに楽しめるなんて!

あ〜幸せ。
今後押し寄せる大企画刊行。
ほんのひとときのホノボノ時間。
お許しくださいませ。
[営業ずっち☆]

ツイート

懸垂する王様

2014年7月14日 月曜日

先週の水曜日(7月9日)、王様がいらっしゃった。
いや、庭のカエルがわざわざ玄関に訪ねてくださった。

霧雨が降ったりやんだり日が射したりした日の夕方、本格的な雨がざっと降り出してしばらくすると玄関の扉がガタンと閉まる音がしました。古い木造家屋なので玄関扉を閉めたはずなのに開いてるじゃん! ということはよくあります。

玄関に出てみると、三和土に王様がいるっっっ!!!???
明るいところでまじまじ見ると、茶色い皮膚でお尻のあたりに黒い縞模様が不規則に綺麗に流れてました。体長は(といってもしゃがんだ状態で)12〜13センチ程度。

そしておもむろに王様は懸垂を始めたのでした。
玄関扉右側にガラスがはまっていて、三和土の床から15㎝程度の高さの木枠の桟があるのですが、そこに手をかけて、ぐうーっと。

王様、なぜに懸垂を?…しばらくして、懸垂じゃなくて、ガラスを通して入ってくる雨や庭先の気配に反応してるんじゃないのか、つまり王様は外に出たいんじゃないの? と気づき、鋳物の蚊取り線香立てをドアストッパーにして扉を開けました。

王様は悠然と歩を進め外にお出になったのでした。皮膚が乾いてしまうと死んでしまうんだものね。

王様わざわざご挨拶ありがとう。扉に挟まれなくて何よりでした。

編集:t:eeh

ツイート

台風過ぎて

2014年7月11日 金曜日

東京地方は、明け方に台風8号の最接近に伴う悪天候が心配されましたが、それほどひどいことにはならないまま台風は通り過ぎて行きました。よかった。
でも、直接あるいはその影響で大きな被害が出てしまったところもあります。
台風は怖いですね。

ということで、台風一過。朝から気温も上がり、このまま夏かと思わせる天気。

untitled

それが、そうはいかず午後には一天にわかにかき曇り、雨。
梅雨に逆戻りです。

untitled

でも、その雨もじきにやみ、空にはこんなものが。

DSC_0001

それも、二重。

DSC_0010

空模様の変化が激しい一日でした。
梅雨明けはいつになるのかしらん?

(編集:凹山人)

ツイート

夏グッズ

2014年7月10日 木曜日

台風接近中ですね…
みなさま、くれぐれもお気をつけください。

夏。なグッズ、製作中です。
8月中にはお披露目できるかと…

この新しいMAUグッズを見たら、浴衣や甚平を着て、出かけたくなるかもしれません。
なんなら、浴衣の柄にもしたいくらい、大好きな柄の展開です。

あ〜‼ネタバレになっちゃう!
お口チャック。

…とにかく、楽しみにしててくださいね ♪

[総務:ピロイ]

ツイート

おまかせします

2014年7月9日 水曜日

朝の国民的ドラマで、大正期の雑誌編集部が主人公の
職場として描かれている。
著者:編集者:印刷所というトライアングルのなか、
印刷所はデザイナー兼イラストレイターとしても活躍、
しかも(ドラマだから)イケメンである。
著者が「おまかせするわ」と言って
イラストレーションの描き直しを要求する今朝の場面で
思わず笑ってしまった。
著者が帰ったあと、主人公の親友である編集者が
「それがいちばん困るのよね」と溜め息をつくのだが、
たしかに編集者泣かせの一言である。
泣きはしないが、そう言われると、若いときは驚きもし、
「期待されているんだわ!」と奮起したが、
最近はこちらもかなりとうがたっているために
「ああ、お試しですか」という心境で、
「いくつか案を出してみるか」と黙って作業にとりかかる。

そういう言葉なら、自分では使わなければいいのに
実際にはしょっちゅうまわりの人に「おまかせ〜」
「おたのみ〜」を連発している。
いつもカットしてもらう美容室のNさんには毎月毎月、
椅子に座るなり「おまかせしまーす」と言う。
彼女は「はいっ!」とニッコリする。
そうだ、「はいっ!」と一言、返事をすればいいんだ。
なんか忘れてた。
[編集:ハムコ]

ツイート

【夏の風物詩】東京国際ブックフェアに出展しました

2014年7月8日 火曜日

MAUPは7月2日から5日までの4日間行われた
第21回東京国際ブックフェアに
大学出版部協会の一員として出展いたしました。
TIBF2014_0

TIBF2014_1

ブースには海外の出版社の方、公共図書館、
大学図書館や司書を目指す大学生の団体さんなど
沢山の方がお見えになりました。
ご来場いただきました皆様、
お買い上げいただいた皆様、
誠にありがとうございました。
TIBF2014_2

今年はクレジットカードが使用できたこともあり、
この機会にと、まとめてご購入いただいた方も
多かったかと思います。

特に僅少本コーナーは、とても人気があり、
初日でだいぶ品薄になってしまいました。
MAUPの本、グッズを手にレジに並んでくれた
お客様、本当に拝んでしまいました。
ありがとうございます!

TIBF2014_3

昨年と同じ広さ、スペースでしたが、
棚の位置、装飾やライトなどを
大幅変更したこともあり、ご来場の方から、
「明るくなった」「見えやすくなった」と感想をいただき
レイアウト・装飾担当者としては
嬉しいばかりです。

TIBF2014_4

毎年、一定金額以上ご購入いただいた方に
お配りしている協会の手ぬぐいですが、
購入金額に届かないけど、

「手ぬぐいが欲しい!」
「売ってちょうだい!」

というご要望にお応えして、はじめて発売いたしました。

大阪の職人さんが伝統的な
「注ぎ染め」という手法で
一つ一つ作っている手ぬぐい。
吸水性抜群、使っているうちに肌に馴染む布地で
本当にお薦めなんです。
しかも500円で販売してしまう、
協会の太っ腹さ。。。。
おかげさまで大人気でした。
(残念ながら、今後販売の予定はございません)

tenugui2014

これからが夏本番でしょうか。
会場にいらした皆様、暑いなかありがとうございました。
どうぞお身体ご自愛しつつ、夏の読書を楽しんでくださいませ!

[営業ずっち☆]

ツイート

必然的にばらばらなものが生まれてくる

2014年7月7日 月曜日

七夕に入稿しました。
現代美術アーティスト田中功起さんの『必然的にばらばらなものが生まれてくる』という本です。

田中さんは第55回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展(2013)の日本館展示「抽象的に話すことー不確かなものの共有とコレクティブアクト」で特別表彰を受賞しました。この賞の受賞は日本人としては初めてです。

田中さんが作家として始めて個展を開いたのは2000年ですが、この本では1998年から2013年までの作品と、さまざまな媒体で発表したテキストを現代から過去へ、年代順に編んでいます。

巻頭に、日本館のキュレーターの蔵屋美香さんと、映像作家・美術家であり日本館のドキュメンタリー映像を撮影した藤井光さんと、田中さんによる鼎談があります。

田中さんがヴェネチアで何を考えていたのか、その作品の意味するところを展示が終わって半年経ったいま(鼎談収録は2013年12月)、田中さんの視点だけではなく異なるいくつかの視点から捉えたいと思っていました。

美術作品が社会・時代と無縁ではありえないこと。今のこの時代に、協働作業(とその失敗)と集団行為を記録することの意味。
そして、ヴェネチア・ビエンナーレが結果ではなく、田中さんにとっては一つの過程、必然的な経過であったことに気づきます。

とても真摯に、ときに飄々と言いたいような乾いた誠実さを感じさせ、「にやっ」とか「ぷぷぷ」とか、なんでこれがこんなにおかしいんだろうと思わせる田中功起さんの本(作品)は、七夕の今日入稿し、8月8日に納品され、9月9日の奥付で店頭に並びます。

狙ったわけではなく、なにやら必然的にこうなった田中功起さんの『必然的にばらばらなものが生まれてくる』刊行のお知らせでした。

次回はかなり素敵な装丁とデザインについて宣伝したいです。

編集:t:eeh

ツイート

「ムサビしおりデザインコンペ」集計中!

2014年7月4日 金曜日

2014年後半戦に突入しましたね。
MAUPメンバーは、半年前の息詰まる想いを繰り返したくない……とばかりに、粛々と仕事をしております。

本題です。オリオン書房ルミネ店さんで6月いっぱい開催の「MUSABI ART BOOK FAIR」は、おかげさまで好評のうちに終了しました。同時開催の「ムサビしおりデザインコンペ」には、たくさんの投票が集まり、嬉しい悲鳴! 300余の投票をいただきました。ただいま、鋭意、集計中です。
来店して1票を投じてくださったみなさま、ありがとうございました。小学生の投票も数票あり、ほんわか嬉しいです。鉛筆で書かれた文字とコメントにしみじみ。

応募者の方は、ドキドキですよね。ごめんなさい。来週には、本ブログやメールなどで投票結果をお知らせします! そして、オリオン書房ルミネ店さん、6月の1カ月間、フェア開催の機会をありがとうございました!!

[制作:呑猫]

ツイート

好きなネズミさん

2014年7月3日 木曜日

ありの〜 ままの〜♫

最近めっちゃ歌ってます(笑)

ディズニーが、尋常じゃなく好きでして…
デスク周りが、もういいよ!ってくらい、ミッキーのパーツでいっぱい…

これはちょっと自慢ですが、
けっこう昔、ハムコさんから、「ディズニー名言集」をいただいたり、
呑猫さんからは、ディズニーファン必見!未発表のイラストやフィルム、スチール写真満載の、「偉大なるネズミ伝説」という本をいただいたり…
宝物です。

いただいた本はあいにく家なので、今思い出せる名言だけですが…

「飛ぶことなんて簡単さ! 楽しいことを考えればいいんだ。」
byピーターパン

「誰もが偉大なシェフになれる訳ではない。しかし、誰が偉大なシェフになってもおかしくはない。」
byレミーのおいしいレストラン

あと、この本には載ってないんですが、プーさんとピグレットのやりとりで好きな言葉がいくつかあって…

ピグレット「プー、君は何をしているんだい?」
プーさん「僕は何もしていないをしているのさ」

ピグレット「誰の足跡だい?」
プーさん「追いついたときにわかるだろう。」

本て、内容によっては完全に、自分との対話だったりする訳で…
良い本をいただきました。

私の構造は単純なので、ミッキーのアイコンを見るだけで幸せです。
ミッキーやディズニーについて語ると止まらないので、これにて。

[総務:ピロイ]

ツイート