2014年12月 のアーカイブ

よいお年を…☆パート2

2014年12月26日 金曜日

インフォメーションでご案内していますが、
武蔵野美術大学出版局は
2014年12月27日(土)から2015年1月4日(日)までを
年末年始の休業日とさせていただきます。

いよいよ今日が業務終了日ですが、
スタッフの皆が皆、終わる感じがしないよーと、
まだまだフル稼働業務中です。
(毎年恒例? 仕事の持ち帰りもあるようです。。。。)

さて、営業担当者目線ではございますが、
ブログやサイトを振り返りトピックスを集めてみました。
芸祭や講義での販売、単発のフェア、研修会、遠方出張、
大学出版部協会美術書出版会のフェアのこと、
グッズの開発など書ききれないのですが、
ピックアップすると、まあ、いろいろあったなあと感慨深いです。
今年は新しい場所でのフェア、イベントなど、充実した一年でした。

2014年今年の主なトピックス
[あくまでも営業担当者目線です]

[1月]
「魂の深淵をひらくー遠藤彰子展」での販売/上野の森美術館ミュージアムショップ

[2月]
春の新刊テキスト6冊納品

[3月]
非売品の2冊
●「VOCA展」での販売/上野の森美術館ミュージアムショップ
●手帳納品
●消費税率変更対応

[4月]
●「ADBC-大阪芸大生におくるART BOOK フェア」/丸善大阪芸術大学店

[5月]
●「ADBC-京都精華大学 アートブックフェア」/京都精華大学購買部[画箋堂]

[6月]
●「MUSABI ART BOOK FAIR&しおりデザインコンペ」/オリオン書房ルミネ店

[7月]
●「AJUP-第21回東京国際ブックフェア」/国際展示場
●「平成25年度武蔵野美術大学大学院修士課程修了制作作品集」納品
●「通信卒制集」納品

[8月]
新刊『必然的にばらばらなものが生まれてくる』納品

[9月]
●「ADBC-ムサビ書店が帰って来た!ブックフェア」/世界堂武蔵野美術大学店
●「MUSABI GOODS&BOOKS FAIR」/MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店
●「田中功起新刊刊行記念フェア」/青山ブックセンター本店
●「アーティストの本棚 by 田中功起」/ジュンク堂書店池袋本店

[10月]
●「田中功起さん×清水知子さんトークイベント」/ジュンク堂書店池袋本店
●「AJUP-図書館総合展

[11月]
新刊『カウンターパンチ』納品
●「玉川大学出版部×武蔵野美術大学出版局の合同フェア」/早稲田大学生協ブックセンター
●「MUSABI SHOP」/リブロ池袋本店

[12月]
●「田中功起さん×相馬千秋さんトークイベント」/代官山蔦屋書店
●「ADBC-丸善丸の内美術館」/丸善丸の内本店

沢山の方から協力を賜って
乗り越えられた(まだ?)一年だったと思います。
大変お世話になりました。
そして、読者のみなさまに一番の感謝です。
今年もありがとうございました。

みなさんにとって来年が良い年でありますように。
MAUPは来年もコツコツと邁進して参りたいと思います。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

[営業ずっち☆]

ツイート

よいお年を…☆

2014年12月25日 木曜日

クリスマス感ないMAUPのお部屋…
年末感でいっぱいです。

   ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

でも今日はクリスマス。

誰かが誰かを思ったり、しているんでしょうね。

そんな思いが、光の線となって、星座のように夜空に浮かび、
交わったりすれ違ったりしているような気がしました。
…私の、よくわからない頭の中のイメージですけど…
でもなんか……すごくキレイ .。.:*☆

きっとクリスマスじゃなくても、
人の想いはそんなふうに日々、交差しながら生きているんでしょうね。
たまに繋がったり、たまに、絡まったり縺れたり…また縒って繋がったり…

…全部糸偏だ。

いつかのブログで、
自分の名前に「糸」という字が入ってるのが好きって書いた気がします。

織り上げる為に、糸が、必要だから、
これからも、家族をはじめ、誰かを思ったり繋がったりしながら、いろんな糸を紡いで、生きてくんだと思います。

今年、関わってくださった(関わってしまった?!)全てのみなさま、本当にありがとうございました。
来年も、良い年にしましょう。

Merry Christ MAU !!

Happy MAU Year !!

↑ 無理ありすぎますね… ;^_^A

[総務:ピロイ]

ツイート

メリー・クリスマス!

2014年12月24日 水曜日

6歳になる姪っ子1号が
トナカイが引っ張る橇に乗ったサンタクロースを
すらすら上手に描くのを見て驚いた。
かなり写実派だったはずの1号が、見たことない(はずの)
光景を描いている(彼女はふだん南国に住んでいるのだ!)
「雪が降る」という現象すら認識しているかどうか危うい。
しかし、絵本をはじめビデオやネットで大人が想像する以上に
1号はいろんなことを見聞きしているのだろうなぁ。。。

ハムコは子どもの頃に絵本を読んでいて、どうしても
「切り株」というものが理解できなかった。
どこかの山で母が「これが切り株よ」と教えてくれたのは
とてもとても小さくて、自分のイメージとはかけ離れており
年輪というものもまったく理解できなかったし
「木を伐る」ということがわからなかったのだと思う。

わからないことがたくさんあったなぁ。
わかんないけど、そんなに不自由ではなかったような気もする。
1号の顔を見つつ、楽しそうならそれでいいか。。。
[編集:ハムコ]

ツイート

読売新聞「2014年の3冊」

2014年12月22日 月曜日

12月21日の読売新聞で21人の読書委員が「2014年の3冊」を選んでいます。
よみうり堂店主の番外編があり、撰者は22名。22×3=66冊が紹介されていて、そのなかに
田中功起さんの『必然的にばらばらなものが生まれてくる』が入ってます。
委員の青木淳さんが選んだ今年の3冊は田中さんのほかに
簑原敬ほか著『白熱講義 これからの日本に都市計画は必要ですか』と、髙野文子著『ドミトリーともきんす』で、
3冊を選んだ理由を〈バラバラ〉という視点で短くコメントされています。

なにもかもがバラバラで、出会ったときに生まれるものもバラバラで、だから、摩擦も軋轢も対立もあるけれど、
だけど、摩擦と軋轢が創造性の鍵なんじゃないのかしら、と思ってみた次第。
バラバラ、素敵じゃん。

全く違う性質と価値観を持つヒト、モノが出会い、バラバラなもの同士が切磋琢磨する。
みんなバラバラでいいと思うの。

そしてばらばらな生きものの彼女。
DSC_0177

けれんみなく淡々と自己主張し、屈服せずに黙々と生きる。それが彼女の当たり前なので。
なんでこんなにかっこいいかね? 猫というものは!!

編集:t:eeh

ツイート

走るのは師ばかりではない

2014年12月19日 金曜日

東京地方は、晴天ながら風が強かったり、寒い日が続きます。
各地の大雪の映像を見ながら、東京では今シーズン何回雪かきするのかなぁなどと考える、今日この頃。

万事、差し迫って参りました。
ただ、学内で出版局以上に切羽詰まっているのは、卒業制作、修了制作を行っている学生の皆さんでしょう。
先生方がお休みに入る中、その教え子たちは全速力で走っています。
一部、もう既に提出期限が過ぎてしまった学科、コースもあるようですが、大方の学生さんは学内の卒制・修制展までひと月をきった今、また、年末年始に大学が閉まってしまう時期を目前に控えた今が、一番気持ちも何も落ちつかない、それだけに最も卒制・修制らしい時期を過ごされていることと思います。
当事者はそれどころではないでしょうが、後で振り返ると、いろいろな意味でその後の出発点となる大事な仕事。
悔いのないように、精一杯がんばってほしいものです。

毎年書いていますが、是非、直にムサビの卒制・修制展を見に、鷹の台へいらしてください。

日程:2015年1月15日(木)~2015年1月18日(日) 9:00-17:00
場所:武蔵野美術大学 鷹の台キャンパス

たぶん寒ーいですが、本当にお勧めです。

(編集:凹山人)

ツイート

クリスマスのご予定は?

2014年12月18日 木曜日

営業ずっち☆です。
いわずもがな、今年も残り少しとなりました。
すでに年明けの準備をしたりしていますが、
大掃除もしなくてはならないし、
まだまだ慌ただしいことこの上なしです。

来週のクリスマスのご予定はお決まりですかか?

私は毎年恒例の丸善丸の内本店さんで開催する
美術書出版会のフェアの設営のために
店舗が閉店する25日の21時ぐらいから23時ぐらいまで
作業しています。

この12月25日集合は3年連続になります。
美術書出版会の先輩のY田さんは、
毎年、モデルとの飲み会を断ってまで
設営に勤しんでいる(らしい)ので、
私もがんばらなくては、と思っています。

さて、フェアのタイトルは
『丸善丸の内美術館』です。
昨年もおこなったフェアですが、
今回は美術書出版会20周年でもあり、
パワーアップしています。

期間は、
2014年12月26日〜2015年2月8日まで。

ぜひ年末年始のお買い物に、
丸善丸の内本店へお立ちよりくださいね!

いや

[営業ずっち☆]

ツイート

歴史はくりかえす

2014年12月17日 水曜日

シンと静かな社内。
黙々と仕事をしても、予定より進行がスムーズにいって余裕! ということはなかなかないのですよね。歴史はくりかえす。嵐の前の静かさで、校正さんからの赤字で驚き! の誤植発見の手前は叫び声はありません。

お正月があけたら、2月末納品のタイトルの頁数がきちんと確定できるといいなあ(←まだ、すべての原稿や図版が揃わず、ただいま猛烈組版中)。

[制作:呑猫]

ツイート

MAUPサンタの伝言

2014年12月16日 火曜日

最近、チゲ鍋ばっか食べてます。
    ↑ 一応自分で作ってます。簡単に。

…with マッコリ。

だって寒すぎなんだもん。

韓国に興味持つまで、辛いものが苦手だったのですが……
‘好き’ってそういうことですよね… f^_^;)

さてさて。
今年もやってまいりました。
校友のみなさまへ、日頃の感謝を込めましてキャンペーン始動!
『2014 WINTER チラシ』が、
一足先に、MAUPサンタより届いたかと存じます。

サンタさんに、‘ほしいものリスト’という名の「注文書」を送ってください。

「求めよ、さらば与えられん」方式です(苦笑)

ご注文、お待ちしております!!

[総務:ピロイ]

ツイート

御礼 代官山蔦屋書店トークイベント

2014年12月15日 月曜日

12月12日、田中功起さんと相馬千秋さんのトークイベントが代官山蔦屋書店であったわけですが、おかげさまで満員御礼の賑々しさ。足を運んでくださった皆様、ほんとにありがとうございます。
お越しくださったすべての皆様にあらためて御礼を申し上げたいです。
貴重な機会を与えてくださった代官山蔦屋書店のみなさまにもあらためて感謝申し上げます。

忙しい中、駆けつけてくださった方もいれば、本を読んで興味を持ちふらりと立ち寄ってくださった方もいたはず。
うれしいばかりです。

トークのために用意した15のキーワードは 
公共性、社会、アジア、活動、演劇、生活、日本、展覧会、参加、作品、現代美術、失敗、言葉、本、記録
でした。

おふたりの近々行われるイベントのほんの一部のお知らせです。
相馬千秋さん
●第1回グランド・ラウンドテーブル「いま、福島からの演劇」
12月27日13:00-19:00
12月28日10:00-15:30
福島県喜多方市、大和川酒造北方風土館 
●「饗宴の後 アフター・ザ・シンポジウム」
東京都庭園美術館
2015年1月15日から4月7日まで。
「東京都庭園美術館の空間を舞台に、映像、音楽、メディアアートが交差する、TOKYO発の多様なパフォーミング・アーツを紹介する新しいプログラム」です。

田中功起さん
3月から始まるドイツ銀行クンストハレの展示制作ため、いったんロスに戻りますが、パラソフィァ京都国際現代芸術祭2015の展示のため再び来日されます。
●PARASOPHIA京都国際現代芸術祭
2015年3月7日から5月10日まで。
京都市美術館、京都府京都文化博物館

田中さんの作品は京都市美術館に展示されます。
京都市美術館は岡﨑公園内にある、すごく素敵な建物です。
あの建物に、どんな作品がどんなふうに展示されるのか、それを見た「わたし」は何を思うのか。
想像しただけでワクワクします。

編集:t:eeh

ツイート

W選挙!

2014年12月11日 木曜日

W選挙だっけ? 
そう、世の中は、14日が投票日の衆院選で盛り上がっています(?)が、もう一つ大事な選挙があるんです。
それが、4年に1度、武蔵野美術大学次期学長を決める選挙。
今日は、その投票日でした。
出版局は選挙には関係がない(出版局メンバーには選挙権ありません。一応別会社ですからね)のですが、どなたが次期学長になられるかは少なからず出版局のこれからに影響があるはず。
これを書いている時点で、そろそろ結果が出ている頃。
どうなりますことやら。

14日の選挙の方は、未だかつてないほど悩みます。
一体誰を、どの政党を推せば良いのか、どうにも判断がつきかねる感じ。
しかしまあ、しっかり考えて国民の義務を果たし、また権利を行使したいと思います。
とはいうものの、うーん。

(編集:凹山人)

ツイート