2015年7月 のアーカイブ

展覧会情報

2015年7月31日 金曜日

連日の猛暑。雲行きが怪しいとなると、激しい雷雨。
ほぼ熱帯ですね、夏の東京は。

そんななか、気がつけば、7月も今日でおしまい。
いよいよ8月。
著者の皆さーん、8月ですよー!
8月末が、し・め・き・りですからねー!

昨日始まった、吉祥寺での展覧会情報をひとつ。

はっとりこうへい展
『Every family has a skeleton in the cupboard.』

2015dm-ribesuto
2015年7月30日(木)〜8月5日(水) 会期中無休
open.12:00~18:00 最終日12:00~16:30

リベストギャラリー創
〒180-0002 武蔵野市吉祥寺東町1-1-19
TEL/FAX 0422-22-6615

はっとりさんはムサビ彫刻の出身。
展覧会のタイトルは「誰にも、知られたくない秘密がある。」という意味だとか。
並ぶのは、ガイコツなどをモチーフにした木彫作品です。
どれも、作り手の人柄にも通じる、肩の力が抜けた飄々としたたたずまい。
形態の面白さに加えて、その独特な彩色が魅力です。

どうぞお出かけください。

(編集:凹山人)

ツイート

月と送電線

2015年7月30日 木曜日

お昼に小平にある鷹の台キャンパスで打ち合わせがありました。
着いたとたん豪雨と雷で、6階の窓からあたりを見ると雨に煙って何もかもがにじんで見える。しかも稲光があちこちで発生してる。だけど雷はたいそうなこともなく事なきを得、雨上がりに戻ってきたわけですが、

なんてこったい!!ブー当番じゃん…と思った瞬間、空に赤くにじんだ月が。夏の月なのだ。
KIMG0124a

上下に走るのは送電線の塔から伸びる電線です。
MAUPのある吉祥寺校舎のすぐ近くに送電線の鉄塔があり、東側にあまり高い建物がなく、都内にしては空が開けていると思うのですが、この送電線が空の主役になりがちなのである。個人的には、惜しいと思うことがままある。

送電線はもちろん、電信柱も街灯も、できれば信号機も看板も見えない場所に住むと気持ちいいだろうな、と思う。
年かも。とうぜん、年である。

編集:t:eeh

ツイート

「共感」とよろこび

2015年7月29日 水曜日

夏といえば……、何を思いうかべるでしょうか? 今の私の夏問題は、暑中お見舞い。(今週の土曜日には8月!)
年を重ねるごとに、元気に過ごしていることが大事と実感し、メールはもちろん電話するほど親しい間柄でもないけれど、どうしているか、と気になる方はいるもの。
日本の季節の挨拶状はなんとすてきな習慣だと「共感」しています。

そんな暑中お見舞いは、涼をよぶ絵柄がよいはず、とは思いつつ、でも、下記の花器(!)を、ゆずってくださった方には多少暑苦しくても、この写真で届けたら、私が喜んでお花をいけていることをが伝わるのでは? 

20150729

昨日、「共感」がキーワードになるお話を伺いました。
年内に刊行予定の書籍の中に、この言葉がひびくと想います。
……言葉たらずで「共感」されない、ひとりごとでした。

[制作:呑猫]

ツイート

ムサビしおりコンペ絶賛開催中!【オリオン書房ルミネ店】

2015年7月28日 火曜日

みなさま、ブログやツイッターなどですでにご案内しておりますが、
立川のオリオン書房ルミネ店では、
MUSABI ART BOOK FAIR 2015」と
ムサビ生(卒業生)によるしおりデザインコンペが開催中です。

A0728

C0728

投票箱を開け、毎日集計してくださる
書店スタッフさんに聞いたところ、
毎日10通程度のの投票があるとか!
土日になるとそれより増えるそうです。

こうして話している間にも、お客様が足をとめられ、
熱心に作品を鑑賞。
そして投票箱へ記入してくれる様子を
なんどか見かけました。
楽しんでくださっているようで、
とてもうれしかったです。

会場では、書籍やムサビオリジナルグッズも
いっぺんにご覧になれます。
また最新の大学案内も配布していますので、
どうぞ美術大学に興味のある方はお立ち寄りください。
B0728

~8月22日(土)までです。
どうぞお見逃しなく!
[営業ずっち☆]

ツイート

献辞と弁当の因果『キュレーターの極上芸術案内』

2015年7月27日 月曜日

初校に赤字を入れていただき、再校は来週というとき
著者に「献辞をいれてほしいんだけど」
と言われて、はたと困った。

すぐに思い出すのは森谷延雄『これからの室内装飾
見返しがショッキングピンク、いくつものイラスト入り
小扉があってとても楽しい、かなり厚い本。
献辞は大きな文字で「ユウチャンニ、アゲル。」
(ユウチャンとは、夭逝した息子さんである)

翻訳本では、よく献辞をみかける。
森谷ほど大がかりではないつくりの小さな本でも、
さり気なく、うまくすわっていることが多い。
いま読んでいる『理不尽な進化』は翻訳ではないが、
「マルティナ」に捧げられている(なんと愛犬!)
しかし、『キュレーターの極上芸術案内』には
まったくその「すき間」がないのだ。
四六判、256頁、シロページなし。みっちり。。。

数人でビールを飲んでいたあるとき、
某協会の理事長が弁当を語り出した。
「弁当は、すき間があってはダメなんですよ。
 何でもいいからすき間を埋める、それが極意です」
彼はしょっちゅう、小学生の娘さんのお弁当を
こしらえているらしい。
お弁当のすき間を埋める仕草が堂に入っている。

著者の新見先生は
「さしずめ世界でいちばん偉い食いものは、日本の
〈お弁当〉とアメリカのサンドイッチと信じている」
と書いておられる。すき間がないのは美味しい証拠、
お弁当みたいな本でしょ、ということで、献辞は
・・・どうぞお手にとってご覧くださいませ。
[編集:ハムコ]

ツイート

着々と

2015年7月24日 金曜日

今日の吉祥寺、お昼過ぎから雷が盛大に鳴り響き、雨がザーッと降りました。
今はそれも止んで、日が射してきた様子。より蒸し暑さが増す感じです。

大学院修了制作作品集はようやく校了。
あとは印刷、製本を待つばかり。八月上旬の納品です。

この秋刊行予定の日本画に関する企画本は、昨日、外部校正者へ発送済み。
どんな指摘をされるか恐々とするも、ようやくココまで来たかという感慨もあり。
そんななか、ジャケット等のデザインをお願いしているBさんより、今日、デザイン案を出せるとの連絡あり。
ちょっと遅くなるけど大丈夫? との問い。
待ちますともー! 楽しみー!

暑い日が続くなか、着実にことが進んでいますなぁ。

(編集:凹山人)

ツイート

夏!なオススメMAUグッズ

2015年7月23日 木曜日

久しぶりの雨。
束の間 大地をクールダウン

姪っ子たちは明後日から夏休みです。
ワクワクを、お気に入りのバッグと胸にいーっぱい詰め込んで、更なる冒険に出るのでしょう。
その冒険連れてって~!

これから本格的に暑くなりますが、
みなさまどうぞご自愛ください。

ここで、
夏!なオススメMAUグッズ、ご紹介!

油絵学科・遠藤彰子教授デザインによる扇子

海外旅行のお土産に、いかがでしょうか。
もちろん国内旅行のお土産にも。
今日も直接買いにいらしてくださったお客様が。
ありがとうございました!

この夏、浴衣に合わせて、扇子着こなしちゃってください。

[総務:ピロイ]

ツイート

日本古典芸能史の面白さ・散楽2

2015年7月22日 水曜日

古代から近世、おおまかには江戸時代までの芸能の有り様と変遷を平易な語り口で論じた『日本古典芸能史』紹介のミニ企画です。

ひとくちに古代と言うが、それは実際何時代のこと?というのは伎楽の巻のお題として、
今回は散楽のうちの奇術・幻術のご紹介です。

いまで言う手品・マジックにあたるらしいのですが、大がかりなものもあったそうです。いまで言うイリュージョン?
ところでサーカスとイリュージョンはどう違うのか?
木下大サーカスのポスターにミラクルイリュージョンという文字を見た記憶があります。シルク・ドゥ・ソレイユは直訳すれば「太陽のサーカス」だもんね。
やっぱりサーカスがいいと思うんですよ。イリュージョンじゃなくてサーカスね。移動遊園地でもいいけど。ちょっと怪しい感じは必須でしょ。

散楽の話に戻ります。
飲刀子舞は刀を飲む、吐炎舞は炎を吐く。なるほど。
散楽は8世紀頃には日本に渡来していたと言われているので、8世紀から人はそういう芸を見て「うひゃー」とか「うおー」とか言ってたわけです。人は変わらん。

しかも手足や胴体を切り離してみせる芸もあった!!らしい。これって引田天功ばりのあれでしょ。引田天功は奈良時代でも江戸時代でも似合いそうな気はします。

石を金に変える、草木を鳥獣に変える芸もあったそうですが、これは見たい。
遠い昔の話だけに、お伽噺のようなシチュエーションを想像するわけですが、だけどなんとなーく、卵が鳩にかわるとか、花が鳩に変わるとかそんな程度のような気が、しないでもない。

昔の人も、奇術・幻術の種明かしに盛り上がっていたような気もします。

編集: t:eeh

ツイート

【フェア情報】オリオン書房ルミネ立川店アートブックフェア with ムサビしおりコンペ

2015年7月21日 火曜日

みなさま
暑中お見舞い申しあげます。
営業のずっち☆です
梅雨があけたとおもったら、この暑さ。
夏ですね。。。

さて、元気がでるフェア情報です。
トピックス、ブログ、ツイッターなどで
ご案内しておりますが、
オリオン書房ルミネ立川店で、
MUSABI ART BOOK FAIR 2015」が絶賛開催中です。

毎年恒例となったムサビフェア。
今年はオリオン書房ルミネ立川店さんの
店舗がリニューアルしたことで、
もしかしたら、できないかも!?
と、心配していたのですが、
ご担当のS原さんが忘れずに声をかけてくださり。
無事に開催することができました。

ムサビ生、卒業生を対象にした
「ムサビしおりコンペ」も開催中。

投票するのには、簡単な記入のみです。
気に入ったしおりを見つけ、
ぜひご投票ください!
(1日1回のご来店で、複数投票可能です!)

もう店に行き、「投票したよ!」という方がいらっしゃったら、
SNSなどで、ご感想をおきかせてくださいね。
私はじめ、しおりコンペに作品を応募してくれた
14名の参加者たちも、
気になっているとおもいます!

[会場の様子を写真にしました]

場所は、ビーカンパニーさんのおむかい、 昇りエスカレーター側です

場所は、ビーカンパニーさんのおむかい、
昇りエスカレーター側です

武蔵野美術大学出版局の書籍62タイトルと ムサビオリジナルグッズ「MAU GOODS」約50種も!

武蔵野美術大学出版局の書籍62タイトルと
ムサビオリジナルグッズ「MAU GOODS」約50種も!

左テーマA 「オリオン書房のキャラクターを作り、そのキャラを活かしたデザイン」 右テーマB 「みんなが手に取りたくなるようなデザインを自由に」 [右]がテーマB  「誰もが欲しくなるしおり」

左テーマA
「オリオン書房のキャラクターを作り、そのキャラを活かしたデザイン」
右テーマB
「みんなが手に取りたくなるようなデザインを自由に」

武蔵野美術大学の大学案内やサブパンフも豊富。 通信教育課程の案内も無料配布中 武蔵野美術大学の大学案内やサブパンフも豊富。
通信教育課程の案内も無料配布中

 

 

かわいいグッズがウインドウに。

かわいいグッズがウインドウに。

とっても素敵な作品ばかり。
みなさまのご来店、お待ちしています。

[営業ずっち☆]

ツイート

フェア&展覧会情報

2015年7月17日 金曜日

明日7月18日より、オリオン書房ルミネ立川店にてムサビフェア始まります。

MUSABI ART BOOK FAIR 2015[ムサビアートブックフェア]
■開催期間:2015 年7月18日(土)~8月22日(土)
■開催場所:オリオン書房ルミネ立川店
 東京都立川市曙町2-1-1立川ルミネ8F
■電話番号:042-527-2311
■営業時間:10:00~22:00
■主催:オリオン書房ルミネ立川店&武蔵野美術大学出版局

設営隊長ずっち☆より、素敵な会場になっているとの報告あり。
乞う、ご期待。しおりコンペ等のイベントもありますので、是非、足をお運びください。

次に、展覧会情報を一つ。

〈ムサビ版画コース・ながさわゼミ
版画ベアーズ 1 回戦「人に見られて、意見を聞いて、僕らはもっと強くなる」〉

2015 年 7 月 14 日(火)~7 月 25 日(土)

eitoeiko
〒162-0805 東京都新宿区矢来町32-2
電話:03-6873-3830
開廊:火曜日から土曜日 12時から19時
地図は、こちら

ムサビ版画の講師、ながさわたかひろさんとその教え子たちによる展覧会。

本日19時(通常は画廊が閉まる時間ですが)より、公開好評会を開催。
お時間のある方は、見るだけじゃなく講評しちゃってください。
元々、そういう趣旨の展覧会だそうなので、是非。

それにしても、ベアーズの意味するところが今の学生たちに伝わるのか、おじさんは心配ですよ、ながさわ先生!

(編集:凹山人)

ツイート