2015年11月 のアーカイブ

展覧会情報

2015年11月30日 月曜日

11月も、今日でおしまい。
なぜか月のおわりにブログの担当がまわってくる確率が高いような。
もうすぐ年が変わるなんて信じられないなぁ。
諸々滞っていますが、何はともあれ、心身健やかに年が越せればよしかな。
いやいやいや、そうは言ってられないなぁ。
そんなこんなのグズグズ状態で、師走へ突入します。

大学で版画に関わっている者には風物詩のような、
12月を実感させてくれる展覧会のご紹介。

「版画の彩展2015 第40回全国大学版画展」
 会場:町田市立国際版画美術館
    〒194-0013東京都町田市原町田4-28-1
    電話番号:042-726-2771
 会期:2015年12月5日(土)~12月20日(日) 月曜休館
 平日:10:00~17:00 (入場は16:30まで)
 土日祝日:10:00~17:30 (入場は17:00まで)
 主催:町田市立国際版画美術館/版画学会
 入場無料

日本全国の美術大学・教育系大学・短期大学・専門学校の全49校から出品された、
学生の版画作品243点を展示。各校を代表する力作が並びます。

恒例の学生作品の販売もあります。
気に入った作品を手ごろな値段(昨年から値が上がるもまだまだ)で手に入れて、
気軽にお部屋に飾ったりするのにうってつけかと思います。
中には将来の巨匠の作品を、なんて見方で買われる方もいらっしゃるようですが、
まぁあまり欲張りな考えはもたず、あくまでも気軽にがよろしいかと。

今回は第40回という切りのよい節目の年ということもあり、
この展覧会や版画学会を支えてこられた版画界の重鎮もイベント等に
ご登場の予定。是非チェックしてください。

また、会場の町田市立国際版画美術館は今年、1987年4月の開館以来の大規模な修繕工事を行い、
8ヶ月間のお休みを経て、この秋にリニューアルオープンしました。
この時期の晴れた日に、美術館がある芹ヶ谷公園やその付近を散策するのも気持ちがいいです。

是非、お出かけください。
あ、都心より、気温低めです。
寒さ対策はお忘れなく。

(編集:凹山人)

ツイート

秋の贈り物

2015年11月27日 金曜日

ある日、maupの机にこれが載っていました。
KIMG0076

見よ、この迫力。干し柿です。t:eeh 興奮。
ぱっと見、かわいいクラフトに見え、なになにこのかわいいものは、と近寄ったら干し柿だったという。
呑猫のご実家から送られてきた正真正銘の手作り100%です。
KIMG0100

ヘタの乾き具合とか、色とか、たこ糸とか、手作りの木のおもちゃのようにかわいい。

しかもきわめて美味。

ひとくちで1個食べてしまい、2個目に手を伸ばした時点で、干し柿のもとの大きさに思い至り、あやうく思いとどまりました。

こんなふうにたこ糸で吊るして干して念入りに作るのだそうです。美味しくて当然。

左の写真のたこ糸の上の方にはピロイちゃんの白魚のような手があります。
ピロイちゃん、お忙しいのにご協力感謝。

いつもおいしいお野菜やお漬け物を送ってくれる呑猫のご実家の皆様にも感謝

柿くえば鐘が鳴るなり法隆寺
という季節にとどいた、
t:eeh 大興奮の贈り物でした。

編集 t:eeh

ツイート

3点セットと感謝祭

2015年11月26日 木曜日

「著者略歴」「参考文献」「奥付」
この3点が、書籍制作の峠のひとつだと思っている。
よし、やっとここまで来たぞ!
ほんの少しの時間差で、3冊が同時進行しており、
カレンダーを見ては、溜め息をついている。。。
明日は、2冊の校正が戻ってくる。
明日は、インドネシアから大事なお客さんが来られる。
明日は、『ホスピタルギャラリー』テスト版も届く。
とほほ・・・盛りだくさんで嬉し涙が出そう。

遠い南の島から「Happy Thanksgiving Day!」とメール。
そういえば「感謝祭がくると、すぐにクリスマスで、
それで1年が終わってしまうんだ」と言ってたなぁ。
そんなすぐに暮れてしまっては困りますわよ。
まだ索引が残っているのだもの。
[編集:ハムコ]

ツイート

おまちかねの通知

2015年11月25日 水曜日

マイナンバー通知を待っているわけではなく(20日に不在連絡票がポストにあり、再配達を依頼して23日に実際に手にした!)、
私が今、切実に望むのはメール件名「変換完了」の通知。

販売する電子書籍のデータを、自分たちのWin PCから入稿できるしくみ。本体のPDFデータファイル、表紙画像ファイル、PDF目次ファイル、書誌データファイルの4点セットであることは、先週の本ブログでもお伝えしました。どれかひとつでも不備があると、すぐさまメール件名「変換失敗」とかえってくるのです。

そんなトライ&エラーを繰り返すこと1週間、急がば回れと、16項目必須(ただし文字列は77列!あるファイル)の書誌データを1からつくりなおした今日。ようやくおまちかねの通知が来ました! これで査読に進めるぞ。年内の販売開始ができるかな?

[制作:呑猫]

ツイート

冷麺を喰らう〜盛岡・仙台研修【大学出版部協会】

2015年11月24日 火曜日

営業担当ずっち☆です。
先週末に東北地方へ、
大学出版部協会の研修があり行って参りました。

大学生協(書籍部)さんと書店さんをめぐり、
日頃お会いできない担当者さん、書店員さんにお会いし、
その土地での売れ筋や、ご要望、近所の美味しいお店まで
情報交換をさせていただきました。
研修参加者は10数名の大勢で押しかけながらも、
おもてなしをいただき、こころより感謝です。

iwatecoop3

iwatecoop

↑写真は岩手大学生協さん

盛岡は約2時間の滞在。
そこから仙台に移動するのですが、
次の予定が詰まっています。

しかし、ここは冷麺でしょ!
お昼はと東北大学出版会のK林さんに連れられ、
ぴょんぴょん舎で冷麺(とミニビビンバ丼)を
食べてきました。
注文を待ちながら、ふと移動時間を考えると
食べる時間が10分しかない!

pyonpyonsya

reimen

冷麺はこれまで食べた中で一番美味しかったのですが、
味わう時間はありません。
ほとんど飲み込みましたので、
こうして写真をみながら味を思い返しています。

reimenn2

↑皆、無言で冷麺を食べています。

全然仕事の話でなくてすみません。

仙台・盛岡のみなさま、
お世話になりました。
黄色くなった美しい銀杏並木忘れません!

[営業ずっち☆]

ツイート

悩める英語タイトル

2015年11月20日 金曜日

日本の書籍の最後のページにある「奥付」は、
欧米の場合は総扉をめくったところ、
つまりは巻頭にあることが多い。
来年2月刊行予定の『ホスピタルギャラリー』に
英語表記の「奥付」も入れようということになった。
お洒落な写真集とか、すぐにも翻訳が出そうな
分野では、よくありますよね。

が、このタイトル、英訳するとどうなるの???
いつも迷うのは「a」と「the」の使い分けである。
うーん、、、これで良いのか。。。
もちろん、最初に編者のチェックを仰ぐのだが、
文法だけでなく、書籍タイトルとして不自然では
いけない。これは悩んでいても解決しないので、
ネイティブに近い、つねに書籍に囲まれている方に
メールで相談。

・・・なるほどねぇ。
いつもながらの緊急相談に、速攻で優しい回答を
くださるO先生に深謝。
デザイナーに原稿を渡し、きれいに組んでもらい、
今朝、やっと全頁そろいました!
[編集:ハムコ]

ツイート

なんだか

2015年11月19日 木曜日

例年より寒くない、というかあたたかい気がするのですが、気のせい?
そんな11月も半ばを過ぎ、もうすぐ12月。そして、1月……。
教科書に加えて、来年度の学生手帳や学習指導書づくりなどが
すべて同時進行になる、最も慌ただしい時期を迎えています。
何度体験しても、この時期の時の経ち方は他とは違うなあ。
すぐに週末がやってくる。
当然、わーい休みだぁー、なんて無邪気には喜べない。
連休? 勘弁してぇ〜。
そんなふうに感じてしまう現実が悲しい……。

(編集:凹山人)

ツイート

何がいけないの?

2015年11月18日 水曜日

昨日、待望のWindowsノートPCが、MAUPにやってきた!
各所に無理をしていただき、学内ネットワークも今朝開通。
これでサクサク!8タイトル入稿して電子書籍の販売開始するぞ!
入稿には、本体のPDFデータファイル、表紙画像ファイル、PDF目次ファイル、書誌データファイルの4点セットが必要。これまで本体のPDFデータファイルがアップロードできずに先に進まずにいた。それもクリア! いいぞ!!と思っていたのは、ゴゴイチまで。

何がいけないの?
……私がいけないの……ということが夕方になってきちんと判明。
別のタイトルのファイルでアップしてみたら変換完了! 書誌データの不備が原因とつかめた。ひとつでもNGだとエラーになってしまう。
でも、トライを自力でできる環境になったことが、大きな前進。と明るく考えることにしよう。

[制作:呑猫]

ツイート

師走…手前。

2015年11月17日 火曜日

漂白…とか、してみました。
image1

忙しくない訳ではないですよ(笑)
むしろ「ムリ!」な時こそ白くしたい。

…とはいえ、
あんまり‘焦る’コトができないのです。
昔から。よくわかりませんが。
それでも、マラソン大会ではいつも10位以内でしたよ~!
(いや、自慢にもならないし、ちょっと話し変わってくる…)

もう年末といってもいい時期ですね。
「師走」というくらいだから、走った方がいいのかしら…
(まだ今11月ですが)

…ていうか「師走」ってなに?

調べちゃいました。
(…だから、忙しくない訳ではないですよ)

諸説あるみたいですけど、

「師走」の「師」は、お坊さんや先生を指すらしく、
12月になると「師」はお経をあげたり、採点や行事などで急に忙しく走り回らなければいけないから…という説。

また、「し・果す」という当て字説も。
「師走」の「し」= 仕事、四季、年を指すらしく、
それを「果す」= 終える

…いずれにしても、はっきりしたことは未だによくわかっていないようです。

さて。2015年もラストスパート〜!
がんばりますかっ!
12月31日に、美味しいお酒をのみましょう!

[総務:ピロイ]

ツイート

鬼太郎の海

2015年11月16日 月曜日

さあ!! 帰ろうと思ったら、ブー当番だったという…。
来年出る音楽の本のことなど書こうと思っていたのですが、そんな気力もなく、のんきな思い出話でお茶を濁すでござる。

いつだったか忘れちゃったのですが島根県の境港に行きました。境港からバスを乗り継いで、さらに奥へ。美保関町というお魚がおいしい漁村がありまして、べつに魚が食べたかったわけじゃなくて、あまり人が行きそうにないところがいいなと思い、境港の駅から一番人が少ないバスに乗ったわけです。
境港の駅前は鬼太郎ばっかりでした。こなきじじいの着ぐるみも闊歩して観光案内してました。
DSC_0199

美保関町には、えびす様の総本社だという由緒ある美保神社があり、美保関灯台というこれも歴史ある灯台があり、しかもお魚も美味しくて、干物やらなにやら山ほど買い込みました。

DSC_0209

青石畳通りのこの先にはいい感じの古い旅館があり、外から覗き込んでいたら通りを歩いていたおばあ様が「開いてるから入って見ていけばいい」と。旅館の女将さんだったのでしょうか。さすがに上がり込むのは憚られ、広い玄関先で写真を撮らせていただきました。たしか3〜4年前くらい前の一人旅の思い出話でござる。

編集:t:eeh

ツイート