2016年2月 のアーカイブ

本日情報解禁!3月23日トークイベント開催

2016年2月15日 月曜日

2月9日の本ブログで、営業ずっち☆が第一報を入れています「デザイン界で大注目のイベント」。
本日情報解禁です!

3月23日(水)19時30分より ジュンク堂書店池袋本店さんで
『ホスピタルギャラリー』刊行記念 トークセッションを開催します。
出演者は、本書の著者である深澤直人先生と、本書の編著者の板東孝明先生です。

詳細は、本webのinformateionにアップしました。
会場のジュンク堂書店池袋本店さんで申し込み受付を開始しています。
定員40名です。ご予約お早めにどうぞ!

[制作:呑猫]

ツイート

マジで取り組む

2016年2月12日 金曜日

4月から使用する教科書がいよいよ印刷段階になり、
編集担当としては、全身が弛緩するような状態ながら、
あれでよかったのか、これはよかったのか、
などなど複雑な心境でいたところ・・・

https://www.instagram.com/p/BBltyjJgqwQ/

え、まじ?
大学公認のキャップではないのだけれど、
マジでうちでもつくろうかなぁ。。。
いいね!
[編集:ハムコ]

ツイート

『音楽論』3月発売

2016年2月10日 水曜日

触ることはできない、眼で見ることもできない。
なぜなら音楽は「モノ」として存在しないから。

絵は何度も眺めることができるし、文字は何度も繰り返し読むことができるけれど、音や声は発したとたん消えてゆく。
そういう音楽を言葉で語り、理解しよう、そして音楽について考えよう、という本です。
形のないものについて語り理解し思考するために様々なアプローチで迫ります。

1章「音楽とは何か」は、あらゆる音楽に通底する基本的視点を、
2章「声」では身体を手段とする音楽の表現について、
3章「楽器」では道具を手段とする音楽の表現を、
4章「音楽の伝え方」は楽譜と口頭伝承という伝播方法について、
5章「音楽とパフォーマンス」は新しいパフォーマンス理論を考察し、
6章「聴取とメディア」ではメディアの歴史と、ポピュラー音楽の変遷を初音ミクまで敷衍、
7章「音楽と想像力」では、意味、美術、舞台という3つの視点からアプローチし、
8章「音楽を語る」は批評と音楽学の両面から、音楽と言葉の関わりを捉えます。さらに、
9章「現代日本における音楽の諸相」では、音楽を巡る政策や産業まで射程に収め論じます。

きりりと、いかした風貌のカバーデザインは寺井恵司さんです。ハンサムな風貌は次回ご紹介します。

白石美雪 編著、横井雅子、宮澤淳一著
『音楽論』
人はなぜ歌い、踊り、奏でるのか。
音楽文化、現代音楽、世界音楽という三つの視点から
常に人とともにある音楽的事象を読み解き、比較し、思考する

ご期待くださいませ!!

編集:t:eeh

ツイート

徳島大学病院 [ホスピタルギャラリーbe ]の本!

2016年2月9日 火曜日

できたてホヤホヤ、
2月1日に発売を開始しました
ホスピタルギャラリー
(板東孝明編/2016年 武蔵野美術大学出版局刊)。
大変好評をいただいております。

徳島大学生協さん、また徳島大学病院にある
売店ボンタさんにも置いていただいています。

町にあります書店さんでは、
芸術・デザイン書の棚へ置いていただくように
案内をしているのですが、ところに寄っては、
建築の棚、もしくは医学書の棚かも?
もし本の場所がわからなければ、
店員さんに声掛けて教えて貰って下さいね。

また、東京都内にある書店さんでイベントが決定!
ゲストもまだ公開できませんが、
デザイン界で、大注目のイベントになるはずです。

公開できるようになりましたら
お知らせいたします。
おふた方のお話を聞けるのが楽しみです!
(ふたりとバラらしてしまった・・・)

[営業ずっち☆]

ツイート

あけまして おめでとう(!?)

2016年2月8日 月曜日

本日2月8日は、韓国の旧正月で韓国は大忙し〜
(MAUPも大忙し〜)

韓国の「明けましておめでとうございます」は
こう言います。

「セヘ ボン マニ パドゥセヨ〜」
(새해 복 많이 받으세요〜)

「セヘ(新年の) ボン(福を) マニ(たくさん) パドゥセヨ〜(受け取ってください〜)」

という意味です。

日本ではとっくに年が明けてますが、
今日からまた、新たな気持ちでがんばりたいと思います。

…なんか、前に同じようなコト書いた気もしますが。。。
急にデジャヴ感が f^_^;)

…まぁ、おめでたいことは何度でも!

[総務:ピロイ]

ツイート

アイラブ吉祥寺♡ブックスルーエでアートブックフェア開催中!

2016年2月5日 金曜日

吉祥寺の中央口をでて、
サンロード商店街を直進、徒歩2分。
中央線の書店文化の要のひとつである、
ブックスルーエさんで、
美術書出版会のフェアを開催しています。

ruhe_0000

美術館のように贅沢に書籍を展示、販売しています。

ruhe_0001

出展している社は、

西村書店
求龍堂
東京美術
芸術新聞社
六耀社
平凡社
クレオ
秀作社出版
芸艸堂
武蔵野美術大学出版局の10社!です。

ruhe_004
↑『アートが知りたい〜本音のミュゼオロジー』
(ムサビ出版局)おすすめです。

ruhe_005

↑『縄文美術館』『少年少女昭和ミステリ美術館』
(ともに平凡社)
の<土偶>と<怪人>……。
キャラがかぶってます。

無料ミニコミ/猫がかわいい
「かわら版 でんすけ!」も
配布中!

吉祥寺にお住まいの方、
ぜひおたちよりください。

2月末日まです!
[営業ずっち☆]

ツイート

『ミュゼオロジーの展開 経営論・資料論』校了

2016年2月4日 木曜日

担当している教科書、本日、校了!
♪は〜るがき〜た、は〜るがき〜た

表紙-1 のコピー

書名:『ミュゼオロジーの展開 経営論・資料論』
編者:金子伸二(武蔵野美術大学造形学部通信教育課程教授)
   杉浦幸子(武蔵野美術大学造形学部芸術文化学科教授)
著者:金子伸二+新見隆+河原啓子+小松弥生+永山恵一+村井良子+大竹嘉彦+児島学敏+安斎聡子+住友文彦+杉浦幸子+嘉藤笑子+杉山享司+蔵屋美香+弘中智子+小金沢智+北澤智豊
(amazonの本書予約ページに、各著者の紹介文なども掲載しています。→こちら
発行日:2016(平成28)年4月1日(奥付)
体裁:A5判、並製、ヨコ組、モノクロ、384頁
価格:2,600円(税別)

昨年刊行の『ミュゼオロジーへの招待』につづく、学芸員養成課程用の教科書。ムサビでの科目名は「ミュゼオロジーII」ですが、これは「博物館経営論」と「博物館資料論」に該当します。
ミュージアムにとって「資料」が重要なのは言うまでもありませんが、今の時代、その資料を上手に活用しながら資料=モノと人、こと、そしてお金を結びつけていく「経営」が欠かせません。編者の金子伸二先生が「はじめに」にこう書いていらっしゃいます。
「経営と資料は、ミュージアムの活動を支える両輪と言えるだろう。経営が資料の価値を引き出し、資料が経営の資源となるときに、ミュージアムはその力を発揮する。(中略) 両輪がそれぞれ異なる方向へ動いたとき、その上にあるものは引き裂かれていくことになる。そうならないためには、経営の問題と資料の問題を別個にではなく、関連づけて理解し考えていくことが大切だろう。2つの主題をあえて1冊の本として編んだのには、そうした狙いもある。」
どちらが欠けてもミュージアムはうまく機能しない。では、これからの時代、ミュージアムを機能させていくにはどうしたらよいのか。「経営」については6つのテーマ、「資料」については5つのテーマをたて、17名の著者が各テーマに沿いながら、実際の状況、問題、今後の展望など、幅広く論考。
学芸員になるために押さえておかなければいけない基本的な事項はもちろん、現場で日々その問題に直面しているプロフェッショナルの臨場感溢れる思考に触れることができる本書は、学芸員になるための学びやミュージアムを運営する側という視点を超えて、利用者としてミュージアムに関わる私たちにも大変興味深く、有意義な内容となっています。
先行図書には見られない、ムサビ発だからこその「博物館経営論」「博物館資料論」。店頭に並ぶのは3月中旬。乞うご期待!

まずは原稿よ、格好良くしてもらいにいってらっしゃーい!
問題起こして、途中で帰ってくんなよー!
♪は~るがき~た、は~るがき~た

(編集:凹山人)

ツイート

『マルチメディアを考える』3月発売

2016年2月3日 水曜日

清水恒平先生『マルチメディアを考える』のゲラが
外部校正から今朝、戻ってきた。
ぎゃっと明らかな脱字、なるほどここはわかりづらい
箇所なのかな、という指摘の数々。
明日、清水先生に相談をし、最終調整をして入稿という
最後の正念場みたいな状態です。

この書籍の装丁は、寺井恵司さん。
寺井さんより、欧文タイトルを入れたいとのこと。
「Thinking about Multi Media」ではいまいちか・・・
こういうときは、ムサビ言語文化研究室の0先生に
「たすけてください!」とメールでお願いし、
お知恵を拝借している。
『マルチメディアを考える』は、デザイン情報学科
「マルチメディア表現」の教科書であり、
テクノロジーとデザイナーとのかかわりを考察し、
これからのデザインを提言する内容であることを
お伝えすると、すぐにいくつかを提案してくださった。

「Using Multi Media」
おおおおお、なんと、ぴったりの英文タイトル!
こういうふうにuseを用いるのか。
いつも0先生は「書籍のタイトルとしては」と書いて
くださり、そうなんです、書籍らしいタイトル、
この「らしさ」はとっても重要です。

ちなみに『ホスピタルギャラリー』の欧文タイトルは
Morphology: A Hospital’s Design Gallery
こちらは「形態学」を前面にアピールしました。
珍しく欧文の奥付までつける張り切りよう。
もちろん、翻訳を見込んでのことです。
[編集:ハムコ]

ツイート

出世魚

2016年2月2日 火曜日

まじめな話のあとに「なんじゃ、それ」な話です。申し訳ない。まだ深海暮らしなので魚の話ね。
関東ではお正月の魚は新巻鮭と言われますよね。よく知らないので違っていたらすみません。
関西のお正月の魚は、鯛はもちろんですが、ブリが大事です。鰤。

脂ののりきったブリのお刺身はほんのちょっとお醤油につけただけで脂がじわーっと溶けるのであります。
わさびを効かせたお刺身と、白みそ丸餅のお雑煮はとてもよく合う。程よく塩をして焼いたブリもお雑煮によく合う。

雑煮はもちろん、たっぷりと贅沢な出汁を引いて、正月用の特別な白みそ(普通の白みそよりも色は白くて甘みが勝ってます)を使います。普通の白みそより。とろんとした甘みがあるのです。

で、この冬、魚屋やお店でいつもよりブリの名前を多く目にし、そのたびに「あっブリや!!」と買ったり食べたりするわけです。で、そのたびに、「ハマチじゃん!!」とひどくがっかりする。

いまのところ2勝5敗くらい。
つまり、2回は「うむ。ブリである」と言い、
5回は「ブリじゃないじゃん、これハマチじゃん。だいたいこの程度の大きさでブリを名乗ろうなんて間違ってる」と文句言ってるわけです。

この前デパートの食品売り場でブリを見つけたとき、隣の初老の男性が声に出して「おっブリや!!」と言いました。もちろんt:eehは心の中で「ブリや」とつぶやきました。

関西、関東、関係なく、人によるのかな? ブリへの思い入れについて、いろんな人に聞いてみたいところではあります。

くだらない話でごめんなさいです。

編集:t:eeh

ツイート

10年に一度では、間に合わない

2016年2月1日 月曜日

 教科書は、古くて良い。正確に言えば良い教科書は古くても、古い部分が学習者にも学びとなり、新しいものが学べるのである。ムサビの出版局の教科書で言えば、水尾比呂志先生の『日本造形史 用と美の意匠』。出版局の刊行は2002(平成14)年だが、その内容は以前に書かれた原稿の改版である。
 一方で、科学技術や社会動向の影響を受けるデザイン分野をはじめ、教科書の改訂を長期計画で実現する教科書は弊社でも数多い。
 そのなかでも、法律改正や制度変更の影響をダイレクトに受ける教職課程の教科書は、大変である。学校の教育内容を左右する学習指導要領は10年に1度、大改正が行われる。正確な法律用語でいえば、総入れ替えの「全部改正」がおこなわれる。念のために言うと、10年に1度、大幅に変えますとはどこでも決まってない。ずれることもあった。このほかに小さな改正、「一部改正」も時々ある。たとえば、常用漢字の変更に伴って学習指導要領の国語部分が変わったのは、一部改正である。
 
 そんなわけで、教員養成テキストは10年に1度というのが出版社の常識のようになっていたのだが、最近は早く来るケースが出た。2015(平成27)年3月の「特別の教科 道徳」の新設。これも一部改正であるが、道徳の時間が道徳科という「特別な教科」になるという話である。そうすると、早速『新版道徳教育講義』の改定が話題になる。2012(平成24)年刊行の、最近の教科書なのに。念のために言うがまだ「特別の教科 道徳」は実施前だから、いまはこの教科書でよい。

 今年の教職テキストの新版は『新しい教育相談論』。こちらは2002(平成14)年のテキストの新版。学習指導要領の改正の影響を受けにくい分野であるが、教育相談をめぐる学校の現場事情は大きく変わった。昔は学校教員は「外部」の専門家としてのカウンセラーと連携した。本書に引用された過去の文書でも「外部」となっている。しかし今では学校カウンセラーは「内部」の職員である。多くは非常勤の掛け持ちだが、むかしのように教育委員会の教育相談センターにいるのではなく、たとえば金曜日の午後に学校の相談室で生徒の相談を受けるカウンセラーの先生だ。東京では学校の職員名簿に校医と並んでカウンセラーの名前が書いてある。2015(平成27)年12月21日に中央教育審議会の答申で「チームとしての学校」が強調されると、カウンセラーも教師と一緒のチームとして位置付けられることになった。ついでにいえば、年末に中教審答申が出ると、はい、再校段階のぎりぎりで原稿を差し替え作業…。
 人間は生き物、教育も生き物の行為なんですから、新鮮さが大切。教科書の鮮度の維持はとても大変です。そんなわけで、あとしばらくで、『新しい教育相談論』の刊行です。

〔ケロT取締役〕

ツイート