2016年9月 のアーカイブ

ぼうけんの相棒にMAUナップサック

2016年9月30日 金曜日

新商品が入荷して、本サイトinformationで一報をお伝えしていました「MAUナップサック」の購入ができる詳細ページができあがりました。

ブラック、イエロー、ブルー、レッドの4色展開。MAUPメンバーはそれぞれ、ひとつ選び「お試し」しています。
私が選んだのは、ブルー。

1

軽くて、いいですよ〜! 背負うと両手が使えて便利です。
雨が降ったりやんだりという天候が続きましたが、そんな休日は、このMAUナップサックの中に折りたたみ傘と水筒、タオルなどを入れて、ぼうけんへ! 

世間では、pokémon Goの人気は下火になったといわれていますが、私的には、いやいやどうして。
相棒の新機能が追加されて、夢中になることをやめられません。「一緒に歩くといいことがあるよ!」とメッセージされ、明日も歩き回ることでしょう。

ちょっと前ですが、ぼうけんしていて、思わぬ景色に出逢えて感激。夕焼けが本当にきれいでした。

IMG_2765

今日で9月も終わりですね。10月には早々に新しい(?)MAU GOODSを、ご紹介します。

[制作:呑猫]

ツイート

二度あることは……

2016年9月29日 木曜日

東京地方、今日も朝から曇りときどき雨。
2週間程前に悪天候のため延期になったセブン坊主の遠足が、
振り替え日の今日、またしてもこんな天気で延期に。
昨日なら行けたのに。明日も大丈夫そう。
よりによっての、今日。かわいそうだなぁ。
これで、学校で遠足用の弁当を食べるのも2回目。
それはそれで、非日常的で楽しいのかもしれませんが……。
ちなみに、晴れていれば目的地は多摩動物園でした。
キリンとか見ながら食べたかったよねぇ。
もう一回チャンスはあるようです。
ただし、次がダメなら延期ではなく中止なのだとか。
二度あることは三度あると申しますが、ここはひとつ、
どうかどうか、そうなりませんように!!

(編集:凹山人)

ツイート

【告知!】三省堂書店神保町本店ブックフェア10/1より

2016年9月28日 水曜日

おかげさまで、東京国際ブックフェアが無事終了し、
職場へ戻ったのも束の間、次はMAUP独自で
三省堂書店神保町本店にて
「武蔵野美術大学出版局15周年記念フェア!」が始まります。

全国各地で開催し、御好評いただいているこのフェア。
テーマは
『武蔵野美術大学教授のおすすめする15冊!とあわせて読みたい本!』です。
4階の芸術書フロアで展開していただきます。

会期は10月1日から末の予定です。
(しかし、諸事情により明日の午後から設営しまーす)

本好きのメッカ、神保町で行えるのがとても楽しみです。
ムサビオリジナルグッズも販売する予定ですので、
お近くに来られる際は、ぜひお立ち寄りください。

詳細はのちほどTOPICSにて公開いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

[営業ずっち☆]

ツイート

季節は巡るのですが

2016年9月27日 火曜日

9月10日あたりから、もっと前だったかもしれないが、曇りか雨の日が続いてます。まれに薄日が射すことはあり、夜中に晴れていたりもするので「ずっと雨じゃん。ずっと曇りじゃん」ということではない。ないけれど、お日様ずっと見てないね、という気分です。
その曇り空雨空もようやくおさまったのかな、というこの2日間。

やっとこさ、光、といっても淡い淡い光の中の酔芙蓉です。

KIMG0309

いつも9月末から咲き始める酔芙蓉が、今年はどういうわけか8月末に咲き、せっかく咲いたのにずっと雨で、咲いても紅色に染まりきれず、淡いピンクのまま萎んで落ちて雨に打たれてグチャグチャに溶けていく様子がとても不憫でした。

葉っぱの向こうに茂ってほとんど見えない。雨のせいなのか、上へ上へとずんずん伸びて、もはや手に負えない。人の目よりは鳥の目に映える咲きっぷりです。

道ばたの彼岸花は先週末あたりから雨の中に咲き始め、キンモクセイの匂いもし始めました。MAUPの近くのキンモクセィの大木はまだ花は咲いていないものの、その隣のザクロの木がたわわに実をつけ、真っ赤な果実が鈴なりで目の正月(秋だけど)というかんじ。

なんだかんだいいつつ季節は巡ってゆき、それはよいことでもあるのですが、仕事的にちょっとせつないのである。
ちょっと、ではすまないかもしれないのである。

編集: t:eeh

ツイート

東京国際ブックフェア

2016年9月26日 月曜日

先週の金曜日から日曜日にかけて開催された
東京国際ブックフェア。
大学出版部協会では同時に、日韓セミナーが行われ、
全北大學校出版文化院の黄甲淵先生(協会理事長)以下
18名(12出版部)の方々が来日された。
日本側からは東海大学出版部の稲英史さんが
「ある図鑑の刊行が大学出版部にもたらしたもの」を発表。
韓国側からは、全北大學校の宋德鎬先生による
「大学、出版そして編集」と
慶尚大学出版部編集長・金鐘吉さんの
「大学出版部の編集を再び考える」という発表があった。
いずれも熱の入った御講演で、時間が足りない!

韓国側の発表で印象深いのは、編集者が今まで以上に
キュレーションすべきであるという主張で、
それは企画そのものについても、売り方(イベントを必ず
行うなど)についても、すべてを担うべきだ、
というもので、金鐘吉さんは具体的な書名をあげて
その実践を語られた。
「アイデアと情熱で、小さいが個性ある大学出版部を!」
という考え方は、まったくその通りと頷くしかない。

その一方で、東京国際ブックフェアは出展者数が減り、
ずいぶんと小さなフェアになった印象がある。
大学出版部協会ブースの売上は、どうだったかな。
もしも売上が下がっていないならば、小さくても濃い
フェアになったと思えるのだが。
[編集:ハムコ]

ツイート

展覧会情報

2016年9月23日 金曜日

まずは展覧会ではありませんが、「第23回 東京国際ブックフェア」が本日よりスタート。MAUPも、加盟している「大学出版部協会」のブースで出品しています。

また、武蔵野美術大学油絵学科版画専攻が、弊社刊行『新版 版画』に作品を掲載させていただいたベルギー・アントワープ王立美術学校教授のIngrid Ledentさんを、9月23日(金)~9月29日(木)の期間、訪問教授として招聘。期間中、展覧会等が行われます。

t_20160909_5

『Prof.Ingrid LEDENT with printmaking Course of MAU collection of prints exhibition』

日程:
2016年9月23日(金)~2016年9月29日(木)
11:00-17:00 *25日(日)は休廊
場所:
武蔵野美術大学 鷹の台キャンパス 
2号館1F FAL

「版画研究室訪問教授Ingrid Ledent先生の来校に合わせて、明後日9月23日よりムサビ2号館FALにて『Prof.Ingrid LEDENT with printmaking Course of MAU collection of prints exhibition』という展覧会を開催します。半年前よりIngrid先生と大学院版画コース学生、版画研究室スタッフがプランを練り、事前に25部限定の作品を制作し準備してきました。訪問教授期間中に作品をポートフォリオに纏めて、参加者全員が各1部ずつを所有という版画集制作のプロジェクトです。この展覧会では、それぞれが制作した作品と併せてIngrid Ledend先生の作品を展示し、先生のこれまでの研究の一端を紹介いたします。」
武蔵野美術大学版画研究室Facebookより)

なお、9月24日と27日にはワークショップ、26日16:30からは、全学対象で課外講座「プリントアートの未来形」が開催される予定とのこと。

東京地方、外出する気分にはなりにくい天候が続いておりますが、是非お出かけください。

(編集:凹山人)

ツイート

東京国際ブックフェア

2016年9月21日 水曜日

9月23日(金)~25日(日)
東京ビッグサイトにて、
第23回 東京国際ブックフェア』が開催されます。

MAUPも、加盟している「大学出版部協会」のブースで
出品いたします。

西展示棟 西2ホール
人文・社会科学書フェアフロア
ブース番号:2-15

です。

読書の秋! 芸術の秋! 食欲の秋!(←? 笑)
ぜひお立寄りください!!

私も個人的に、見たいところ、たくさんです!!

ところで……
image2

かわいい♡

見えづらいですけど、サイドに、
「たべちゃ いや」って(笑)
こういうの、めっちゃ好き。

突然ですが、

女心と秋のそら…

といわれる所以は、
お天気と感情には、強い力学関係にあるから。

なんだそうです。

この力学を、
学者は、作家は、詩人、画家は…
それぞれどのような言葉を駆使して表現するのでしょうか。

そんな、
科学やアート、自然、心理…
いろいろ詰まったブックフェア! 脳内スペクタクル!

「本」との出会いも、人と同じで、縁だと思ってます。
きっと、見える世界のおもしろみが増すはずです。

ぜひお越しください!!

私のいちばんの楽しみは……ㅎㅎㅎ ♪(ふふふ… ♪)

[総務:ピロイ]

ツイート

新見 隆『キュレーターの極上芸術案内』電子書籍完成

2016年9月20日 火曜日

夏の間にせっせと進めていた電子書籍販売のご案内、第一弾です。
新見 隆『キュレーターの極上芸術案内』 が、
早ければ9月27日(火)からamazonなどで販売を開始します。
MAUPにとって、amazonで電子書籍を発売するのは初、
またはじめてEPUB3のフォーマットで制作したタイトルのリリースになります。
(電子書籍制作の経緯は、次の機会に……)

その著者、新見先生のテレビ出演情報です。
9月24日(土)日本テレビ系 よる7時56分〜8時54分O.A.
「世界一受けたい授業」
二時間目「美術」に先生役で出演するそうです。

YAHOO! JAPAN テレビの情報によれば
芸術の秋!話題の美術館に潜入!美術館が100倍楽しくなる驚きの秘密とは!?
と、美術館についての授業がある様子。
2015年4月に開館した大分県立美術館の初代館長である新見先生のお話、楽しみですね。

新見先生の美術館についてのお話といえば、MAUPの次のタイトルもぜひどうぞ!
新見 隆/編『ミュゼオロジーへの招待』
金子伸二・杉浦幸子/編『ミュゼオロジーの展開 経営論・資料論』←大分県立美術館の設立エピソードや、ミュージアムと資料についての理念について著しています。

芸術の秋を満喫したいですね。

[制作:呑猫]

ツイート

医療とデザインの

2016年9月16日 金曜日

大きな総合病院というと、
石のように身じろぎひとつせず座り続ける人とか、廊下の隅で声を押し殺して泣く人の後ろ姿とか、そんなイメージが浮かんでしまうt:eehですが、
そんなんじゃなくて、もっと体の力が抜けて、息が楽になって背筋が伸びて一歩前に踏み出せる、そんな場所が必要だなと思うことがあります。

『ホスピタルギャラリー』(板東孝明 編)は、徳島大学病院と武蔵美のコラボレーションで病院内に小さなギャラリーを設置し、その後の、医療とデザインの歩みを伝える本なのですが、
執筆者の一人であり、ギャラリーの設置を企画した深澤直人さんは世界的なプロダクトデザイナーです。
深澤さんの、デザインやものづくりに対するスタンスや発言に共感する方も多いと思います。

その深澤さんが監修する展覧会が10月8日から金沢21世紀美術館で始まります。
金沢21世紀美術館「工芸とデザインの境目」
2016年10月8日〜2017年3月20日

来年の3月までと期間も長いことだし、北陸新幹線も走ったことだし、妹島和世さん設計の金沢21世紀美術館は一見の価値ありますし、石川県立美術館には鴨居玲の作品が多く展示されておりますし、見所けっこうあります。

見所といえば昨日は中秋の名月でした。
ずっと曇り空でしたが深夜12時半あたりにはくっきりとした満月を拝めました。
思いのほかの満月に、ついしみじみ。

編集:t:eeh

ツイート

【9/23発売】『かたち・色・レイアウト』デザインリテラシーの本!

2016年9月14日 水曜日

【9月発売の書籍新刊情報です】

白石学編/小西俊也・白石 学・江津匡士 著
かたち・色・レイアウト 手で学ぶデザインリテラシー』が
9/23に書店発売となります。
001
デザインリテラシーとは、デザインの基礎となる読み書きの能力のこと。

今はパソコン上で、線を引いたり、色を塗ったり、
DTPをしたりと大変便利になっていますが、この本は、
パソコンを使わない手作業で「描く」「塗る」「切る」「貼る」
などの作業を通じ、課題にトライ。
結果的な表現のしくみを先行させるのでなく、
専門的な知識と表現の互換性をあげ、
視覚のしくみについて理解することを目的としています。

武蔵美のデザイン情報学科の学生は、入学して、
月曜から土曜日まで毎日3時間×4週間もデザインリテラシー
の授業でミッチリ、美大生としての集中授業を受けるのです!
本書は、必要な道具から、その道具の使い方まで丁寧に
説明してくれます。

002

003

たとえば、「直定規」と「ガラス棒」。
これは、絵の具で直線を描くときに便利な道具です。
直定規にある[溝引き]
(あの定規にあるくぼみのラインです)に、
ガラス棒をあて、絵筆と両方持ち、平行に滑らせると
アラ不思議。真っ直ぐな線が引けます。

006

他にも写真や学生作品も多数掲載されており、
とても分かりやすい内容となっています。

デザインを志す人には、「バイブル」として
持っていて貰いたい1冊です。
発売お楽しみに〜!

[営業ずっち☆]

ツイート