2017年2月 のアーカイブ

祝・教科書完成

2017年2月28日 火曜日

今春の新刊教科書3冊がそろって完成、納品されました!!!!!

2017.02.28納品

左から、
田中正之編『現代アート10講』(詳細、ご予約等 → こちら
大坪圭輔著『工芸の教育』(詳細、ご予約等 → こちら
高橋陽一+伊東毅著『道徳科教育講義』(詳細、ご予約等 → こちら

いずれも品があって、なかなかの良いお顔。
もちろん見た目だけではなく、中身も自信をもってお薦めいたします。
実際にお手にとっていただけるのは、3月中旬の予定。
ご予約もお待ちしています。是非、是非!!

(編集:凹山人)

ツイート

納品から献本へ

2017年2月27日 月曜日

「はいはい、5時頃? え、わざわざ来てくださるの?」
精興社のKさんが『道徳科教育講義』『現代アート10講』
の見本5冊を御持参くださるとのこと。ありがたし。
明日には『工芸の教育』も図書印刷から納品され、
即座に通信教育課程の受講生のもとへと発送。
次年度の新刊教科書はこの3冊。

本が出来上がると、つぎに始まるのは献本作業。
ぼーっとしてないで、さっさと献本の準備をすればよい
ものの、なんか、今日あたりはボーッとしている。
大きな会社ならば、アルバイトに献本リストをポンと渡す
のだろうが、弊社のような零細出版社は、何もかも
さいごまで担当編集者が請け負う。
本はただ送ればよいだけではなく、それぞれに御礼状を
用意せねばならない。そのくらいは、今日のうちに
書いておこう、か、なー。で、もー、なんか、なー。
逡巡していると凹山人が「あ、もう用意しました」って、
あーー、エライ、なーー。
『現代アート10講』は80冊くらい献本がでるんですわぁ。
はやく、よーい、しないと、なー。
苦手な海外献本もたくさんあるし。。。
いや、まずは編者の田中正之先生にお送りして、
御返事をいただいてから、献本作業だから猶予がある
(ことにしよう)

ちゃんと本はできているだろうか、できた途端に見つかる
誤植・・・なんて悲劇はないだろうか。
戦々恐々とするあまり、力がはいらない。
いったい何回、何十回やれば慣れるのだろう。
そわそわ、身のおきどころのない午後3時。
おやつどころではない。
[編集:ハムコ]

ツイート

シュールだね1

2017年2月24日 金曜日

って、わりと便利に使われる言葉です。
まったき感嘆は当然、なんといえばいいかわからないときも、お茶を濁したいときも含まれているはず。
surrのもとの意味は「非現実的な」「現実離れした」ですが、現実から離れたものを意味する言葉なので、解釈とか使われ方も曖昧に拡大するのかもしれません。

アンドレ・ブルトンが「シュルレアリスム宣言」を世に問うたのは1924年のこと。美術運動としての Surréalisme シュルレアリスムの始まりです。「超現実主義」と訳され、最初に日本に紹介したのは詩人の西脇順三郎だといわれます。

シュルレアリスムをどう解釈し、どう伝えるべきか。
瀧口修造(1903〜1979)は表現行為としての写真を通じてシュルレアリスムを論じています。
日常的な現実の深い襞の影に潜んでいる美を見いだし、無意識のうちに飛び去る現象を眼前にスナップすることがシュルレアリスム「超現実主義」だと。

この瀧口のシュルレアリスム論を出発点に写真家・中平卓馬へ、あるいは岡本太郎へ、という企画本をいまゴチャゴチャやってます。繊細で曖昧でとらえどころがない(ように見える)ものを、どうすれば「かたちあるもの」として定着させられるのか。本作りもどこかシュールです。

ところで、アンドレ・ブルトンがシュルレアリスムを宣言した1924年はヨーロッパ社会が大きく変わっていく変化と混沌の時代でもありました。どんだけ悲惨で、かつ面白い時代でもあったか。以下、長くなるので、続きは次回です。

編集:t:eeh

ツイート

ダイアリーデー

2017年2月23日 木曜日

 

今週に入り、

「予約している手帳は、いつごろ届きますか?」

という嬉しいお電話を、2件続けていただきましたので
(心待ちにしていただき、ありがとうございます!
… というか、遅すぎ!って話し? すみません~)

この場をお借りしてお伝えさせていただきます。

校友のみなさまにご予約いただいております、
『学生手帳2017』は、3月下旬の発送を予定しております。
(注文書にも予め明記してございます)

みなさま、毎年心待ちにしてくださっていて、
本当に有り難いです。

すぐにでもお届けしたいです!
…が、もう少々お待ちください。

 

手帳で思い出しました。。。
韓国には‘ダイアリーデー’という日が存在します。

1月14日。
大切な人に手帳をプレゼントする日。
使う前(渡す前)に、記念日や誕生日を記入してプレゼント。
大切な日をすっぽかして、ご機嫌ナナメになられるコトもない(笑)
そして1年間、僕(私)との予定でいっぱいにしてね ♪
…という意味も含まれているそうな… ^_^
…若いな f^_^;)

 

2017年のみなさまの手帳が、
いい予定で埋め尽くされますように!!

[総務:ピロイ]

ツイート

2017年3月中旬発売『道徳科教育講義』高橋陽一・伊東毅著

2017年2月22日 水曜日

[3月中旬発売書籍のご案内]

武蔵野美術大学出版局では、
『道徳科教育講義』を3月中旬に発売いたします。

新しい道徳科、特別の教科である道徳が、チーム学校
によるアクティブ・ラーニングとして2018年より始まる。
道徳の理論や歴史から実践的な授業のプランまで、
教師に必要なノウハウと教養を伝授!
著者は、武蔵野美術大学教授の
高橋陽一先生と伊東毅先生の黄金コンビです!

jacket

道徳科教育講義

高橋陽一・伊東毅
A5判 並製
定価:1900円+税
ISBN978-4-86463-059-7 C3037
初版発行年月:2017年04月

現在、ご予約承り中です。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

《書店様へ》
注文書をプリントアウトできます。
doutokukakyouikukougi_cyumonをクリックしてください!

[営業ずっち☆]

ツイート

いまどきの●●

2017年2月21日 火曜日

昨日は、通信教育課程油絵学科の卒業制作撮影のため、終日鷹の台で業務。
その夜に、知人数人とある集まりの打ち合わせを行っていると、みなムサビの卒業生ということもあり、時期的に入試の話に。そろそろ合格発表じゃないか? 等といいながら調べてみると、何と合格発表当日でした。
しかし、?????。
合格発表の掲示とかなかったけどなぁ? などと思いながらさらに調べると、ムサビは昨年から掲示による発表は取り止めたのだとか。『ムサビ日記』でおなじみの手羽イチロウさんの2015年2月21日付のブログ内に、正門横の掲示板で合否を確認する様子を1号館から写した写真が掲載されていました(→こちら)。これが最後だったということ。
では、今はどうやって発表しているかというと、こんな感じ。

合否照会

この先の画面はわかりませんが、おそらくここで受験番号などを入力してポチッとするだけ。
ドキドキはするだろうけど、合格、不合格いずれにしても、今ひとつ実感が湧きにくいのでは? と思ってしまいます。そもそも、どういう状況で合否の確認を行うのだろうか? スマホがあれば、どこでもできてしまいます。ひとりで? 友人や家族と? 掲示板による発表ならば、その前で繰りひろげられる情景が思い浮かびますが、オンライン発表はそれぞれ過ぎてイメージしにくいなぁ。これが、いまどきの合格発表なのですね。

いずれにせよ、合格した皆さん、おめでとうございます!
是非、ムサビにいらしてくださいね。きっと充実した4年間が過ごせるはず。ご入学をお待ちしていまーす!!

(編集:凹山人)

ツイート

入稿、責了

2017年2月20日 月曜日

年末からドキドキの進行だったタイトルが、本日入稿!
そして責了!!
このブログのタイトル、正しくは「、」トルなんです。
3月3日納品! 事故がありませんよう祈るばかりです。

[制作:呑猫]

ツイート

新調

2017年2月17日 金曜日

椅子を、新調させていただきました☆

ビタミンカラー!オレンジ。
この色を見て、椅子に座ってもらうモデルはすぐにピンときました。
キミしかいない!

image1

うん。やっぱり。カラーの相性最高 b

ボロボロと、キャスター部分からよくわからないカケラが出始め…
動く度にガタンガタンッ…
危機を感じたので(笑)。

ぐるぐる回ったり、おもいっきり背もたれ倒して伸びてみたり、
シャーーーッって転がしてみたり…

雑に扱ってごめんなさい… ^_^;) 

いっぱい支えてくれて、ありがとう。
そう言って、かれこれ10年以上一緒にいた椅子と、バイバイしました。

そしてモデルをしてくれたカエルくん、いつものハウスへ戻す。

image2

上目遣いはいかーん!(笑)
また新しい椅子、座らせてあげる。

[総務:ピロイ]

ツイート

『現代アート10講』田中正之/編 10人の著者による現代アート入門書!

2017年2月16日 木曜日

[3月中旬発売書籍のご案内]

武蔵野美術大学出版局では、
『現代アート10講』を3月中旬に発売いたします。
著者は、現代アートの最前線を知る
田中正之さん、松井勝正さん、沢山 遼さん、橋本 梓さん、
天野知香さん、畠中 実さん、土屋誠一さん、岡山理香さん、
木田拓也さん、蔵屋美香さんです!

 

名称未設定-1現代アート10講

田中正之/編
A5判 並製
定価:2,400円+税
ISBN978-4-86463-057-3 C3070
初版発行年月:2017年04月

 

 

 

 

 

現在、予約承り中です。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

《書店様へ》
注文書をプリントアウトできます。
10 Approches to Contemporary Artをクリックしてください!

[営業ずっち☆]

ツイート

わすれたらたいへん

2017年2月15日 水曜日

はッ! お弁当の予約をせねば!
鷹の台での、通信教育課程卒業制作の撮影準備を
しなければならない。まずは弁当予約なり。
えーと、なんという店だったか・・・毎年毎年、
思い出せないのはどういうことか。
「凹山、お弁当、どこだっけ?」助けを求めるが、
「覚えてないですよ」つれないお返事。
昨年の備忘録をひっぱりだし、ページを繰る。
そうだ、そうだった「○やす」だ。
今年はしっかりした「おばちゃん」が電話応対。
第一関門突破。
去年はめったに出ない社長(おぢ)さんが電話に出て、
届くはずのお弁当が来なくて困ったっけなー。
催促の電話をしたら、慌てて社長自らが配達にきた。
「す、す、すみませんっ!予約表を別の日付けに
 貼っていました!」と平謝り。
「おばちゃん」に、こっぴどく怒られたらしい。
お弁当をあけると、お詫びの気持ちなのか、
巨大なイカフライが御飯の上にドーンと乗っていて
大爆笑。ホカホカでうまかった。
こうしてカメラマンの岡野さんとは、かれこれ13年、
ひやひやしたり、時に大笑いして、毎年、卒業制作の
撮影を行っている。
2月末から3月にかけて、絵画系作品、デザイン系作品、
展示会場と3日間にわけての撮影。
ことに絵画作品は、撮影が終わるやスタンバイしている
約20人のアルバイトが、えっさえっさと卒制展の
展示会場に運び込み、設置する作業が加わる。
10号館はエレベーターがないので、たいへんな作業だ。
彼らの顔色が悪くなってきたら、「あめちゃん」を
配るのも、重要なハムコの任務である。
そうだった、あめちゃんを仕入れねば。。。
[編集:ハムコ]

ツイート