2017年4月 のアーカイブ

日常のムサビを学生の視点から紹介

2017年4月14日 金曜日

今日の東京地方、朝から晴天、気温も高めです。
今朝は飛び交うツバメの姿も目につきました。
ながらく、特に朝晩は肌寒い日が続いていましたが、
いよいよ本格的に春がきたのかな? 

日常のムサビを学生の視点から紹介する企画が、今年も始動。

「ムサビュー vol.1  優秀作品展から見るムサビ生」
詳しくは → こちら
日程:2017年4月29日(土・祝) 13:00-17:00 *入退場自由
場所:ムサビ鷹の台キャンパス
(具体的な情報は随時発表されます → こちらをCheck

“見て、観て、知って、ムサビ生が案内する1日だけのキャンパス開放DAY!”
学生が主体となって実施する小規模オープンキャンパス、といった感じでしょうか。先生や事務の人が相手だと緊張しちゃって、なんていう受験生の方はまずはこの企画に参加してみはいかがですか。「ムサビ学生広報局」の面々が、本音トークで皆さんの疑問にも答えてくれるはずです。

大学全体の「オープンキャンパス」も、6月10日(土)・11日(日)と8月12日(土)・13日(日)に予定されています。近くなりましたら、あらためてご案内します。こちらも、是非。

(編集:凹山人)

ツイート

セブンネットショッピング【大学出版部が提案する21世紀の教養 未来を生き抜くための入門書】フェア開催中

2017年4月12日 水曜日

w500_m_daigaku

セブンネットショッピング×大学出版部協会
期間限定のWEB上ブックフェアです。


大学出版部が提案する21世紀の教養
未来を生き抜くための入門書

をフェア開催しています。

各種テーマ毎にご案内しています。
ぜひご高覧ください。

[フェアテーマ]
1.アカデミック・スキルを身につける
2.サイエンスを極める
3.ヒューマニティで遊ぶ
4.ソーシャル・サイエンスを考える
5.アートで学ぶ

[参加出版部]
・北海道大学出版会
・東北大学出版会
・流通経済大学出版会
・慶應義塾大学出版会
・中央大学出版部
・東京大学出版会
・東京電機大学出版局
・法政大学出版局
・武蔵野大学出版会
・武蔵野美術大学出版局
・東海大学出版部
・名古屋大学出版会
・大阪大学出版会
・関西学院大学出版会
・京都大学学術出版会
・関西大学出版部
・九州大学出版会

[営業ずっち☆]

ツイート

おめでとう❀ありがとう

2017年4月12日 水曜日

空と大地と桜の木が、
この日に咲こうと決めたように…

4月4日。ムサビの入学式当日は、
爽快なブルーの空と、桜の淡いピンクで、パステルな地上に居りました。
image9

改めまして、新入生のみなさん、ご入学、おめでとうございます!!

MAUPと世界堂での、‘お祝い出店’も、大•大•大盛況でしたっ!

入学式、オープンキャンパス、芸術祭と、
何回か出店させていただいておりますが…

テントの外にまでお会計の列ができたことは、
今までなかったです(Wow!!)
image8
image7

写真は、開店直後の、余裕がある時に撮ったもので、
お客さんいないじゃん… って思うと思いますが(笑)
この後、写真を撮る余裕もないほどの大盛況な状態だった訳です(感謝!)

すごぉーく、嬉しくて楽しかったです。

韓国の留学生が、ご家族総動員で来て、いちばん最初にご購入してくださって…

…お察しの通り、ココからピロイのテンションは上がり始めます ↑↑(笑)
三年前のこの場では、一部説明できずに、もどかしい思いをした韓国語が、
今は説明できたぁ〜!!
(…はい。テンションはこのまま上昇気流へ(笑)

あれよあれよという間に時間が経ってしまい…
充実感ギュッ!って詰まった約3時間半の出店でした。

MAUグッズの「美 風呂敷」
入学式特価で販売させていただきました。

手腕をふるった、世界堂D店長のディスプレイをご覧いただきたいです〜
image2

美大生必見!キャンバスの包み方(写真•左)
風呂敷で作った即席バッグ!(写真•右)

そして、あちらこちらに桜の造花を散らしてくださったのもD店長のお心遣い。
image1

女子力高めのジェントルマンと、いつも思っています。D店長!!
いつも感謝してます。いろいろ。諸々。ありがとうございます。

そして…
ほんとはナイショのバックステージ(レジ後ろ)
image4

…笑。

[総務:ピロイ]

ツイート

きたるべき…

2017年4月11日 火曜日

きたるべき、というか、来ているはずの春がなかなか実感できない毎日です。今日も気温10度に達せず。
冷たい雨の中、鷹の台にある武蔵野美術大学美術館・図書館へ行ってきました。

美術館・図書館は、美術関連の資料、図録、書籍の充実は当然のこと、雑誌のバックナンバーもとても充実しています。
探していたのは京都服飾文化研究財団発行の『Dresstudy』35号(1999年春号)で、空間デザイン学科の津村耕佑先生のインタヴュー記事「来るべき未来のマザー」(くるべき、じゃなくて、きたるべき、と読んでください)が掲載されています。
1998年に発表、2000年の第7回ヴェネツィアビエンナーレ建築展の日本館にも展示された「MOTHER」についての取材記事です。

「MOTHER」はいわゆるママコート、お母さんが赤ちゃんを抱っこしたときのウェアなんですが、t:eehはこの作品を初めて見たとき、すごく素敵だなと思ったわけです。
(『Fashion 多面体としてのファッション』31ページにも写真が載っています)

「MOTHER」を作ったときのテーマ、意図、背景をクリアに理解するためにどうしても読みたいと思い、リサーチの結果、国立国会図書館と武蔵野美術大学美術館・図書館にバックナンバーがそろっていることを確認。急遽の鷹の台行きとなったわけです。

桜の頃の美術館・図書館は前庭の桜並木がガラスの壁に写り込んで絶品よ、と聞いてました。
1491894819888a

雨で桜も散り加減でしたが、しっとりと華やかでいい感じでした。なのに!!
写真では、そのいい雰囲気がまったく写っていない。いや、写せていないのか。残念である。

編集:t:eeh

ツイート

図書館散歩

2017年4月10日 月曜日

週末の東京は、曇天と雨。それでも桜散歩にでた。
お鷹の道から武蔵国分寺公園へ。

170407

あっちに桜、こっちにも桜が・・・と追いかけていたら、
都立多摩図書館の前に出た。そうだった、1月末にオープン。
雑誌と子ども向けの図書が専門で、もちろん業界紙まで
揃っている「使える」図書館なのだが、
ムサビのゆったりした図書館に慣れているせいか、
什器のせいなのか、とても狭く感じる。
しかし、つぎからつぎへと知らない雑誌を手にするのは
とても楽しい。散歩の途中に立ち寄るには、
絶好のロケーションだ。
と、満足して帰宅してから「しまった!」

どうして『詩とメルヘン』のバックナンバーを見て
こなかったんだよぅ。
先日、スズキコージさんの『ドームがたり』を読んで、
思い出した『詩とメルヘン』。
赤塚不二夫を筆頭にマンガ一辺倒だった子ども時代、
1973年創刊、やなせたかし編集の『詩とメルヘン』は
衝撃だった。
イラストレーションなる世界を初めて知ったのだ。
イラストばかりでなく、沢渡朔のアリスの写真もあれば、
寺山修司の短歌もあった。
スズキコージの隙間ない描法には特にしびれて、
どのような画材を使えばああなるのか、
ミクストメディアへの挑戦が始まった・・・
(もちろん当時はミクストメディアなんて知らなかった)
という思い出の詰まった雑誌を
こんどは朝から見に行こう。
[編集:ハムコ]

ツイート

平成28年度 武蔵野美術大学 造形学部卒業制作・大学院修了制作優秀作品展[4/29まで]

2017年4月7日 金曜日

現在、武蔵野美術大学では、
「平成28年度 武蔵野美術大学
造形学部卒業制作・大学院修了制作優秀作品展」
が開催しています。

私も本日、打合せで鷹の台校へ行き
(出版局があるのは吉祥寺校)
上記の展覧会を観てまいりましたが、
さすが優秀作品展だけあって、どれも力作で目を奪われました。
作品から立ち上がる作者の若いエネルギーと
情熱が伝わってきます。打合せもうまく行き、
構内にあるサクラも清々しく、気持ちのいい日になりました。

鷹の台で撮影し忘れたため、吉祥寺校近くのサクラ。

鷹の台で撮影し忘れたため、吉祥寺校近くのサクラ。

皆さまも、春の玉川上水を散歩しながら、
サクラ満開の武蔵野美術大学(鷹の台キャンパス)まで、
ぜひお立ち寄りくださいね!

会 期|2017年4月4日(火)-4月29日(土・祝)
休館日|日曜日
時 間|10:00-18:00(土曜日は17:00閉館)
入館料|無料
会 場|武蔵野美術大学美術館 他
主 催|武蔵野美術大学 美術館・図書館

詳細は公式ホームページへ!

【営業ずっち☆】

ツイート

おめでとう

2017年4月6日 木曜日

今日の東京地方、風がやや強いものの、よい天気で気温も高くなりそうです。

そんななか、今日が入学式の小学校が多い様子。出勤の途中でも、大きなランドセルを背負った新1年生が、ご家族と学校へ向かう姿が見られました。
たまたま通りかかった年配のご婦人が、すれ違いざまに「あら1年生ね〜。おめでとう〜」と声をかけて行かれました。すかさずご家族が「ありがとうございます」。主役の男の子はわかっていないみたい。声をかけられたご家族が「こういうのうれしいね」と言っているのが聞こえました。
なんかいいですね。私も心のなかで「おめでとう」。

2年前の新1年生、わが家のエイト坊主も、今日が始業式。
早いもので、3年生になりました。
久々の早起きがつらそうな様子でしたが、何とか出かけていきました。
坊主が通う小学校は、毎年クラス替えがあります。
2年つづけて親友と同じクラスでしたが、3度目はあるのか。
まあ違うクラスでも変わらず仲良くね。
また1年、頑張って!

(編集:凹山人)

ツイート

「図書目録2017」できあがりました

2017年4月5日 水曜日

年度末の3月31日に「図書目録2017」ができあがりました!

図書目録表紙2017W

本学の先生方の作品を表紙にさせていただいていますが、2017年版は板東孝明先生の12m Geodesic Sphere 「ジオデシックLED球」。

年度末に刊行することで、2017年3月の最新刊も網羅しております。ご希望の方にお送りします。本webのバナー「図書目録謹呈」からたどっていただけると、メールで申込しやすいです。

またコチラの「information」頁には、図書目録をダウンロードできるようにpdfをご用意。
さらに、稼働している全書目が一覧に見渡せる「注文書」もダウンロードできます。本webの「書店のみなさまへ」<「注文書」とたどっていただけるとあるのですが、この「図書目録2017」をご案内する「information」頁にも、掲載しました。
どうぞ、お役立てくださいませ!

[制作:呑猫]

ツイート

新学習指導要領と大学のテキスト

2017年4月3日 月曜日

 3月31日に幼稚園教育要領や小学校と中学校の学習指導要領の全部改正が文部科学省より官報で告示された。戦後しばらくは、学習指導要領は文部省から書籍のスタイルで発表されたので、現在でも「改訂」や「改定」とマスコミや現場も言うのだが、本当は法令と同じく政府の新聞『官報』に文部科学大臣告示として公示するので、「改正」が正しい。今回はほぼ10年に一度の要領全体にわたる大幅な「全部改正」である。
 この全部改正は本文の文言や構成もかわるので、教員になるために学生が学ぶテキストも、改正が必要になってくる。もちろん、内容やそれにもとづく学校教育現場の実践が変化するのだから、学校現場とともに、大学の教員養成現場も大騒ぎである。法令上の一番の変化は、日本中の国公私立大学の教職課程で条件を満たした学生が免許状がもらえる特権である文部科学省の課程認定を見直して、「再課程認定」と呼ばれる行政手続が行われることである。この学習指導要領全部改正に連動した再課程認定手続は2017(平成29)年度から準備が始まり、2018(平成30)年度に大学からの申請書類に基づいて審査が行われ、2019(平成31)年度の大学入学者から新課程が適用される。この再課程認定が成功しなかった大学では、その年の1年生から教員免許状がもらえなくなるのである。戦後からの制度だが、実は大学現場も10年ごとに大変である。

 話が長くなったが、こうした理由で日本中の教員免許を与えている大学は授業内容の見直しの時期であるが、通信教育を行っている大学では教科書は必須だから、10年ごとに教科書を改める必要がある。といっても一斉には出来ないからなかなか大変である。
 こんな背景もあって、この4月に武蔵野美術大学出版局から、二つの教職の教科書が刊行された。『道徳科教育講義』『工芸の教育』である。あれ、ことしの3月31日に告示された学習移動要領なのに、なんで4月に新しい本が出せるのですか、と疑問が出るかもしれない。この教科書で離れ業が出来たのは、小学校と中学校の新しい道徳科「特別の教科である道徳」は、すでに新しい学習指導要領の一部改正があったので、基本的な情報が確定しているという事情があった。工芸も極端な変化がない見込みなので、この段階で可能であった。もちろん、著者がさまざまな情報を把握して、ギリギリまで最新情報を校正で盛り込むべく編集者が努力したことは言うまでもない。

 そんなわけで、できたてのホヤホヤの2冊、現在の教育現場と教育行政の変化の最前線を反映したテキストとして、無事にお届けする次第である。

〔ケロT取締役〕

ツイート