2017年6月 のアーカイブ

祝!ムサビオープンキャンパス

2017年6月15日 木曜日

6月10,11日。
ムサビオープンキャンパスが開催されました。

昨日の呑猫さんに続き、「祝!」とつけさせてください。

そんな勢いで、MAUPと世界堂のお店も、大盛況でした。
ご来場、ご来店いただきましたみなさま、ありがとうございました。

やっぱり、ムサビ受験を考えている方には必見!
「ムサビ日記」!!
オープンキャンパス特価にて販売。

もちろん今回も手羽さんにサインしてもらいましたよ~!
image1

1冊だけしていただいたサイン本。
並べるやいなや即ご購入いただきました。
ありがとうございます。

…どうしよう。それは本当に嬉しいですけど。。。
ちょっとこのスペースに ‘華’ がなくなっちゃった気分。。。

。。。

…っあ! 手羽さん発見!
「手羽さぁ~ん!!」
思わず駆け寄りサインをもう1冊お頼みしました。
いつも快く書いてくださる手羽さん。

その2冊目のサイン本をご購入された方に、
「これ、手羽さんのサインですよね? 手羽さんてあの手羽さんですよね?」
っと聞かれ…

…‘あの手羽さん’がどの手羽さんか、ピロイにはよくわかりませんでしたが f^_^;)
「…あ。はい。この本の監修者の手羽さんです。ムサビコムの手羽さんです。」
と、そのままお伝えしてみました。

その方にとって、‘あの手羽さん’と‘この手羽さん’が一致していればいいのですが(笑)

もう本当に大盛況で、売切れ商品続出。。。
タオルハンカチ3枚セット、完売。
image5

あと扇子も、あっという間に数が減っていき… 補充。

売場に「夏エリア」を設けたことが、効果的だったかもしれません。
(世界堂D店長アイディア〜!!)

そして現場に居ていちばん耳に入ってきた言葉が、
「かわいい〜♡」という言葉。

どんなグッズでも、「かわいい〜」。

きっと「かわいい」の言葉の中には、
素敵!とか、いいじゃん!とか、新鮮とか… etc..
全部の感情が含まれていて…
まとめて「かわいい」というワードは使われているように思いました。
いえ、私も普段、確かに言ってます(笑)…「かわいい」。
めっちゃ使う。

感情の代表ワード的な。
「かわいい」にギュッと凝縮された感情を、いっぱい感じることができました。

「オーキャン限定特別セット」が、何セットご購入いただけたか、
正の字でカウントしておりましたが、
そのうち、「かわいい!」と聞こえたカウントも始めた私たちでした(笑)

「かわいい」カウントもしますか?
…って、ちょっと冗談半分で言ってしまったのに、
ほんとにカウントしてたD店長が「かわいい」(笑)

たまにしかお会いできない鷹の台スタッフのみなさま、
お立ち寄りくださいましたみなさま、
そしてD店長。
楽しかったです。

ありがとうございました!!

[総務:ピロイ]

ツイート

「大学院修了集H28年度」祝・入稿!

2017年6月14日 水曜日

新刊案内はありませんが、MAUPはしっかり働いております。

6月は、非売品ですが大学からの発注を受けて「大学院修了集」と「通信卒制集」の制作がラストスパート。
昨日、「大学院修了集H28年度」が入稿の運びとなりました。
納品はもちろん、一大イベント的な区切りなのですが、入稿も「祝」をつけたくなる区切り。
「大学院修了集」の本文は、1人見開き(2ページ)で、修了制作作品を掲載します。
だから、どんと束幅もあるし、見開きでどんと作品を掲載できるもの。
社内で本文のデザイン・組版を行っていますが、色補正を印刷所(図書印刷さん)にお頼みする関係で、InDesignデータで入稿。
「これで入稿するぞ!」となってから、アウトラインをかけて最終確認をするわけですが、「どうして今気づく?」という「いかがなもの」を発見するわけです。

それにしても。本文フォーマットをつくったのが8年前。
作者の名前の英文表記があるのですが、「どうして、このQ数? どうしてこの書体?」と悔やむこの2日間。確認のために何度ルーペを手にしたことか。歳月、おそるべし。

[制作:呑猫]

ツイート

「彫刻と対話法Ⅲ ー思いどおりにする、をするかー」展のお知らせ

2017年6月13日 火曜日

東京地方、梅雨らしい空模様が続いています。

今日は、本日が開催初日のムサビ大学院造形研究科修士課程・彫刻コースと芸術文化政策コースによる展覧会のお知らせ。

「彫刻と対話法Ⅲ ー思いどおりにする、をするかー」

院展2017ポスター

日時:2017年6月13日(火)~ 6月25日(日)
   10:00-17:00 ※19日(月)は休館日
場所:府中市美術館 市民ギャラリー

ムサビwebサイトの展覧会紹介ページ → こちら
美術館のwebサイト → こちら

●公開講評
日時:2017年6月14日(水)13:00-16:00
場所:府中市美術館 市民ギャラリー
参加教授:黒川弘毅、戸谷成雄、伊藤誠、三沢厚彦、高柳恵里

●イベント
「彫刻と対話法Ⅲ 制作の現場からー思いどおりにする、をしたか」
日時:2017年6月18日(日)14:00-16:00
場所:府中市美術館 講座室 ※無料
ゲスト:和田昌宏氏(アーティスト)

公開講評は、明日。
それぞれ彫刻界の第一線で活躍されている先生方が、
学生たちの作品をまえにどのようなお話しをされるのか。
なかなか立ち会えない機会と思います。
平日の昼下がり、となかなか難しい条件かもしれませんが、
ご都合のつく方は是非足をお運びください。

(編集:凹山人)

ツイート

山崎博先生のご逝去

2017年6月9日 金曜日

6月5日の朝、写真家の山崎博先生が永眠されました。
東京都写真美術館での個展に合わせて作品集の刊行を
相談されたのは2015年の10月末。
写真美術館キュレーターのIさんと一緒に、
鷹の台校の研究室をおたずねしたのが初対面だった。
ものしずかな方で、お声も小さい。
空いっぱいに、太陽が描く軌道を印画紙に焼き付ける
壮大なスケールの作品とは、かなりちがってみえた。
その時、小さな冊子をいただいた。
「動く写真! 止まる映画!!」という画期的なタイトル。
リクルートクリエイティブセンター、2009年発行。
ガーディアン・ガーデン クリエイションギャラリーG8が
「展覧会のために、毎回、作家の方に長時間にわたる
インタビューを行い、小冊子にまとめ」たもの。
山崎先生はシリーズ Vol.28。
この冊子のなかで、山崎先生はとても饒舌だ。
いや、編集がうまいから、饒舌に感じるのかも知れない。
生い立ちから、カメラとの出会い、写真家としての
ターニングポイントが、すべて(と思えるかのように)
書かれている。ただ残念なのは、モノクロであることだ。
それならば、こんどつくる作品集は、とことん作品に
特化したつくり、展覧会に沿ってオリジナルプリントの
忠実な再現につきる。

デザインは、ラボラトリーズの加藤賢策さんに
お願いすることになり、キュレーターのIさん渾身の
台割りが確定したのは、ちょうど1年後。
テスト印刷も、色校も、山崎先生の体調に合わせて
Iさんが御自宅に持参して御意見をうかがい、
それを後で私たちが聞く、という方法をとった。
書籍の発行部数や、定価、それによる印税などの
事務的なことはお手紙をお出しして、数日後、
奥様と電話でお話をさせていただいた。
『山崎博 計画と偶然』の完成をご覧になるまでは、
どうかお元気でいらしてほしい・・・先生が作品集を
手にされたのは個展のプレオープンの数時間前!
オープニングパーティーにも出席され、教え子の
方々に囲まれて、たいそう華やかだったようだ。
(ハムコは卒制の撮影と重なりパーティー欠席)

昨日のお通夜の会場には「櫻花図」4点が飾られ、
ジャズが流れるなか(学校でも、ビル・エヴァンスの
「Conversation with Myself」を学生と一緒に聴いて
いたという)、教え子らしき若い世代の弔問が多く、
なかにはぷりぷりと太った赤ちゃんを抱っこした
小さなお母さんの姿もあった。
山崎先生が、目を細めてこの光景をご覧になっている
ように思えた。
[編集:ハムコ]

ツイート

【続報】東京藝術大学・生協で美術書出版会フェア

2017年6月8日 木曜日

東京藝術大学にある大学生協(美校店)で
美術書出版会企画の
「藝大生のためのアートブックフェア」
が始まっております。

geidai_poster

11月から12月にかけて、2年連続で行っていましたが、
ご担当者Wさん、Fさんのご厚意により、
「年2回、夏の時期もやりたいね!」と仰って頂き、
開催が決定しました。

geidai_001

geidai_002

geidai_004

geidai_005

出品している出版社は、
求龍堂、クレオ、芸術新聞社、
中央公論美術出版、東京美術、
西村書店、平凡社、武蔵野美術大学出版局、
六耀社の9社です。

すべて藝大生のためにセレクトしています。

7月末まで開催予定です。
ぜひお立ち寄りください!

[営業ずっち☆]

ツイート

新いけばな主義

2017年6月7日 水曜日

昨日のブログで、ピロイがいけばなの話題をふってくれたので書きます(←ごめんね、ピロイ。強引は承知)。
私がお稽古していただいている小原流いけばなの伊藤庭花先生が出展する「新いけばな主義」展のご案内です。

0607

作品は5メートル四方のスペース。
公募等で選ばれた27作品が横浜のBankART studio NYKに出展されます。
会期は6月24日(土)〜7月2日(日)。

いわゆる、いけばな展をご覧になったことがない方は
「え?? これがいけばな?」という造形作品であると思われます。
こうした展覧会は、私は小原流4世家元の小原夏樹先生が創設された「マイ・イケバナ」展(床面積(1.8m×1.8m)、高さ2.5mの範囲で床に直接展示)で目にしていて、衝撃で心揺さぶられているのですが、この「新いけばな主義」展は、作品スペースがもっとあって驚くに違いないと心待ちにしています。
小原流の若き5世家元(1988年生まれ)の作品も見ることができます。
これは行くしかないでしょ? と検索していたら、現在、通信教育過程油絵学科版画コースで学ばれている、草月流の大久保春霞さんも出展されるとか。
大注目の展覧会としてチェックしてください!!

いけばなつながりの話題。
今年4月に着任された岩田壮平先生のプロフィールを完成形で本日、webにアップいたしました(「教員プロフィール集」webもmaupのお仕事です)。岩田先生は、池坊で学ばれて、日本画で圧倒的なまでのスケールで素敵に表現されています。

……「いけばな」と固定観念にとらわれず、お花や緑を愛でる6月でありますように!(←6月にかぎらず)。

[制作・呑猫]

ツイート

2017 SUMMER キャンペーン実施中!!

2017年6月6日 火曜日

本日6月6日。
絶対なんかの日っぽくないですか??

…って思って調べたら、
かえるの鳴き声の「けろ(6)けろ(6)」の語呂合わせから、
「かえるの日」だそうですよ! ケロT先生。

あと、「生け花の日」でもあるそうです。呑猫さん。

話し変わって…。
只今、毎年恒例、校友のみなさま向けキャンペーン実施中です!
卒業生、在学生、関係者の皆様のお手元に、キャンペーンチラシが
届いているかと存じます。

6月18日は父の日!!
ぜひ、日頃の感謝を込めて、プレゼントされてみてはいかがでしょうか。

今の季節にぴったりな扇子や、手ぬぐいタオルハンカチなど、
オススメです!

海に、山に、海外に…
旅行でも重宝するバッグ類も充実しております。

ちなみにピロイ家は…

父の誕生日が5月22日。
5月14日は母の日。

母の誕生日が6月14日。
6月18日は父の日。

…もぉ〜!!ややこしぃ〜(笑)
両親の誕生日と、父の日•母の日が、見事に近過ぎる〜!!

二人とも末っ子で同じ星座の似た者同士。
似てるだけに譲り合わない、これまたややこしいお二人です(笑)
…まぁ、ややこしいピロイがいうのもなんですけど(笑)

そんな事情でプレゼントは、誕生日か、父の日•母の日どっちかだけで、
贈れなかった記念日には、言葉のプレゼントだけ、贈らせていただいております。。。

プレゼントって、いただく方ももちろん嬉しいですけど、
贈る方もなんだか嬉しい気持ちですよね ♪

ぜひこのお得なキャンペーン、ご活用ください!!
ご希望があればラッピングも承りますので、
お気軽にお申し付けください〜 ^_^

[総務:ピロイ]

ツイート

ムサビ学内展覧会のご紹介

2017年6月5日 月曜日

武蔵野美術大学のオープンキャンパスが、来る10日(土)、11日(日)の二日間、開催されます。
それにあわせて、学内で開催されている展覧会も是非ご覧頂きたいと思いますが、今回は、これまでご紹介できていなかった展覧会についてのお知らせです。

武蔵野美術大学鷹の台キャンパスで開催される赤羽史亮さん(2008年油絵学科卒業)の展覧会のお知らせ。

赤羽史亮「OILY YOUTH」

t_20170522_2

日時:2017年6月8日(木)~2017年7月8日(土)
日・祝日休 11:00-17:00
場所:武蔵野美術大学鷹の台キャンパス 2号館1F gFAL
主催:油絵学科研究室
プレスリリース(長沢秀之先生のテキスト等) → こちら

アーティストトーク・レセプション:2017年6月8日(木)16:30〜

作家サイト → こちら

普段は日・祝日休ですが、オープンキャンパス開催中の11日(日)はご覧いただけるはず。オープンキャンパスにいらした際は、お見逃しなく。

オープンキャンパス明けの12日(月)より、gFALと向かい合うスペースFALでは、日本画学科研究室、油絵学科版画研究室が主催する展覧会がはじまります。

「竹田鎭三郎が蒔いた種」

t_20170602_1

日時:2017年6月12日(月)~2017年6月17日(土)
日・祝日休 11:00-17:00 *12日のみ13:00より開廊
場所:武蔵野美術大学鷹の台キャンパス 2号館1F FAL
主催:日本画学科研究室、油絵学科版画研究室

メキシコのオアハカ在住の画家・竹田鎭三郎とその教え子たちによる展覧会。竹田氏は客員教授として滞在され、講義も行われる予定です。

普段あまり接する機会のない、現代のメキシコ美術が紹介されます。オープンキャンパスにgFALの展示とまとめてご覧いただければよいのですが、残念ながら日程の都合上叶いません。是非、あらためてお越しください。こちらの展覧会、会期が短いのでお間違えのないように!

(編集:凹山人)

ツイート

モダニズムにかけた夢

2017年6月2日 金曜日

昨日、鷹の台で打ち合わせがあり、打ち合わせの前後に、武蔵野美術大学美術館で開かれている展覧会を見ようと思っていました。
美術館モダンリビングへの夢―産業工芸試験所の活動から
美術館展示室2で
5月22日から8月13日まで

芦原義信建築アーカイブ展―モダニズムにかけた夢
美術館展示室1.3.4.5
5月22日から8月13日まで。

なのに、乗り継ぎが全くうまくいかず、打ち合わせも長引き、見ることかなわず。
「モダニズム」について様々な角度からもう一度真剣に考えてみるのも必要じゃないかと思う昨今です。

ところで、
maupのある吉祥寺東町の校舎の、外階段2階の踊り場に立つと、空の上から聴こえる風の音がものすごい。
空の上がえらいことになってんじゃないかと。鳥が一羽も見えないし。飛べないほどの強風が吹き荒れているにちがいない。いや、たぶんですけど。
空で輪を描くとんび(正しくは鳶「とび」。でもとんびがクルリと輪を描いたっていうよね)が、海に向かって飛びたいのに強風に流されて何度も山に押し戻されるというのは海辺の町の真冬の風物詩でしたが、今日の吉祥寺の空に吹く風の音は、笑えるほどの長閑さもなく、なにやら怖いような有様です。天気は一応はいいのですが。

編集:t:eeh

ツイート

クロッキー帳<キャメル>が仲間入り

2017年6月1日 木曜日

MAU GOODS(マウ・グッズ)の新商品が出来上がりました!
通称、F6・大・小のクロッキー帳、表紙色<キャメル>です。

20170601

<ココア><チャコールグレー><ライトグレー>につづいて、選ぶ楽しさが増えました
近日のうちに、WEBで販売ページを設けます!

[制作:呑猫]

ツイート