2017年10月 のアーカイブ

鏡と穴ー彫刻と写真の界面

2017年10月17日 火曜日

ムサビのギャラリーαMは千代田区東神田にあります。
都営新宿線の馬喰横山かJR横須賀線・総武線快速の馬喰町が最寄り駅になります。
小川町にある鷹の台キャンパスは美術館図書館だけでなく、たくさんの展示スペースがあっていつもなにかしらの企画展がし複数、同時並行で開催されているのですが、神田にもギャラリーがあるのです。
いまαMでは2017年度企画として「鏡と穴-彫刻と写真の界面」シリーズを開催中で、
10月28日から石原友明展が始まります。

20171017191842237

会期は2017年10月28日(土)から12月2日(土)まで
11:00〜19:00(日月祝休)、入場無料。
10月28日18時から石原友明さんと、キュレーター光田ゆりさんのアーティストトークがあります。

芸術の秋です(冬かというほどの寒さが2日ほど続きましたが)
いま、夜空はきれいに晴れ上がっております。
大人気の展覧会で人ごみにもまれるのもそれなりに楽しいとは思うのですが、

鷹の台キャンパスで、そして馬喰町のギャラリーαMで、
静かに深く秋をご堪能いただきたいです。

編集:t:eeh

ツイート

展覧会「戸谷成雄―現れる彫刻」

2017年10月16日 月曜日

MAUP刊行の『絵画 アートとは何か』『絵画 素材・技法』の著者のお一人でもある、ムサビ彫刻学科・戸谷成雄先生の退任記念展が本日より開催されています。

戸谷成雄―現れる彫刻
Shigeo Toya – Sculpture to Emerge

toya_poster-r

会 期|2017年10月16日(月)-11月11日(土)
休館日|日曜日、祝日、10月30日(月)
    ※10月29日(日)は特別開館
時 間|10:00-18:00
    (土曜日、特別開館日は17:00閉館)
入館料|無料
会 場|武蔵野美術大学美術館 展示室2・3、アトリウム1
主 催|武蔵野美術大学 美術館・図書館
協 力|ケンジタキギャラリー シュウゴアーツ 
    武蔵野美術大学 彫刻学科研究室
監 修|田中正之
    (武蔵野美術大学 造形文化・美学美術史研究室 教授)

詳細は展覧会サイトでご確認ください。 → こちら

会期中に関連イベントも行われます。

作家によるギャラリートーク
日 時|2017年10月21日(土)16:30-17:30(予定)
会 場|武蔵野美術大学美術館 展示室2・3、アトリウム1
参加方法|入場無料/
     先着順(予約不要)/直接会場へお越しください
出演者|戸谷成雄(武蔵野美術大学 彫刻学科教授)

シンポジウム「彫刻再考:戸谷成雄をめぐって」
日 時|2017年11月4日(土)14:00-16:30(予定)
会 場|武蔵野美術大学 美術館ホール
参加方法|入場無料/
     先着順(予約不要)/直接会場へお越しください
出演者|北澤憲昭(美術評論家/武蔵野美術大学客員教授)
    拝戸雅彦(愛知県美術館 企画業務課長)
    鈴木勝雄(東京国立近代美術館 主任研究員)
    田中正之
    (武蔵野美術大学 造形文化・美学美術史研究室 教授)
概 要|戸谷成雄が提示してきた「彫刻」とは何だったのか。もの派以降戸谷が再構築してきた彫刻の今日的な意味を改めて考えます。

この先しばらく悪天候が続くようですが、会期中には芸祭(芸術祭2017サイト → こちら)などもありますし、是非お出かけください。

美術館や民俗資料室ギャラリー、gFALで開催されている、他の展覧会もお見逃しなく。

美術館:
やきものの在処(ありか)
Where is your Ceramic?
詳細 → こちら

武蔵野美術大学のデザイン教育アーカイブ
タイポグラフィ教育 2
タイポグラフィデザインの楽しさを探る/田中晋の教育の軌跡
詳細 → こちら

民俗資料室ギャラリー:
しめかざり ―祈りと形―
Shimekazari-formation of people’s devotion
詳細 → こちら

gFAL:
所彰宏 見えないことで見えること
詳細 → こちら

(編集:凹山人)

ツイート

第27回神保町ブックフェスに社名がないっ!

2017年10月13日 金曜日

2017年11月3日(祝)から5日の日曜日までの3日間、
神保町ブックフェスティバルが開催されます。
今年初めて、中央公論美術出版さんと共同出店と
なったMAUP、大いに張り切っていたところ・・・
プログラムの「参加出版社」に武蔵野美術大学出版局と
記載されていないではないか!
中央公論美術出版さんの社名は、きちんとある。
どういうことだ、これは???
主催者側に問い合わせたところ
「来年からは、どのように社名を記載するかを予め
お聞きします」という説明がずっち☆にあったそうな。
共同出店の場合、社名が長くなりすぎるのも難点らしく、
ともあれ、今年はどうしようもないという。
なんたることだ!

が、いつまでもゴネていてはいけませんね。
3日、4日は、ハムコも機嫌よく店番をする予定です。
みなさま、どうぞ神保町にお越しくださいませ。
[編集:ハムコ]

ツイート

守り守られるから守る眼差し

2017年10月12日 木曜日

オランダの信号。

なんと、

ミッフィー~!!!

image1
image2

(写真提供:助机さん)

ミッフィーシグナルなら、
信号無視とかできない、したくない…
(…いえ普段もしませんけど)

そしてこんな写真も送ってくれました!
(…心なしか、MAUP感が f^_^;)
image3

なんだか、
進んでゴミを捨てたくなるゴミ箱です (^ o ^)

こういう街づくり、いいですよね。

今日は癒しに徹底した内容でお届けいたしました ^_^

[総務:ピロイ]

ツイート

岩波ブックレット「教育勅語の何が問題か」

2017年10月11日 水曜日

おおよそ2週間に1度の合同会議前、MAUPメンバーへ
著者のおひとりである高橋陽一先生より岩波ブックレット「教育勅語の何が問題か」を謹呈していただきました。
ありがとうございます。
トレンドの話題がコンパクトに、けれども濃密に集約されたであろう本書。
週末、謹んで読みたいと思います。

 

20171011

[制作:呑猫]

ツイート

ムサビしおりコンペ2017_参加作品公開

2017年10月10日 火曜日

9月1日(金)〜9月29日(金)にオリオン書房ルミネ立川店さま
で行われた「ムサビしおりデザインコンペ2017」の

結果を発表いたしました。
結果発表はこちらへどうぞ。

また今回、コンペにご応募いただいたけれども、
遠方のため会場まで足を運べなかった方も
いらっしゃいましたので、ここに公開いたします。

こちらをクリックすると見られます。
orion_shiori2017

作品NO.005→特賞    遠野こづきさん「灯火」
作品NO.009→2位     NEZU事務所さん「どこから」
作品NO.003→3位(同率)茅根悠子さん「ひととき」
作品NO.006→3位(同率)飯島まり子さん「HOT times」

入賞したみなさま、おめでとうございます。

13作品、素敵な作品ばかりでした。
ご応募いただいた方、ご投票いただいた皆さまに
心より感謝申し上げます。

そして、来年もしおりコンペを開催していく予定です。
(きっと!)
その時も、ぜひご参加してくださいね。
[営業ずっち☆]

ツイート

ムサビ書店2017(明日10/7)円満閉店!

2017年10月6日 金曜日

世界堂武蔵野美術大学店様で
毎年恒例で開催しております「ムサビ書店2017」。
美術書出版会の好評フェアですが、
いよいよ明日、10/7(土)までの開催となりました。

武蔵野美術大学生の皆さま、
すでに立ち寄られている方が多いと思いますが、
明日を逃すとまた次の開店まで1年かかります!!
心残りのないよう再度、吟味してくださいね。

御購入者特典でお配りした30枚の
美術書出版会オリジナルのエコバッグは、
開催から1週間程度で無くなってしまいました。
今回のバッグは水色で、帆布の生地も厚め。
入手出来た方は非常にラッキーです。
ぜひ持ち歩いて、お友達に自慢してくださいね。

本好きの証。ADBCバッグ

本好きの証。ADBCバッグ

またフェア全体のご意見・ご感想など、
SNSなどでどんどん発信していただけると嬉しいです。
来年以降の開催で参考にさせていただきたいと思います。

世界堂さんは、このフェアが終わると、
いっきに芸祭色になっていきますね。
皆さん、気温の変わり目ですので、
どうぞ体調など崩さず芸祭に向け、元気にお過ごしください!
[営業ずっち☆]

ツイート

『柳澤紀子 全作品 1964-2017』

2017年10月5日 木曜日

柳澤紀子先生がご退任されたのが東日本大震災のすぐ後(同月末)ですから、早いものでそれからもう6年半も経ちました。先生はムサビを去られた後も、尽きない好奇心に突き動かされるように世界中を駆け回り、精力的に制作を続けられています。
この度、先生の作品集が刊行され、それを記念した展覧会も開催中です。

『柳澤紀子 全作品 1964-2017』
阿部出版、2017年、7,560円(税込)
「油絵からパブリック・アートまで、領域を広げつつ制作活動を続けてきた美術家・柳澤紀子氏の50年以上にわたる画業の集大成となる画集です。 1964年より現在まで手掛けてきた全版画200点以上、ミクストメディア、パブリック・アートを収録。」とのこと。展覧会会場での購入も可能だそうです。

出版社のサイト → こちら

「『柳澤紀子 全作品 』刊行記念展」
会期:2017年10月2日(月)-10月14日(土)日曜・祝祭日は休廊
時間:11:00-19:00(最終日は17:00まで)
会場:養清堂画廊
住所:東京都中央区銀座5-5-15
電話:03-3571-1312

詳細はこちら → 柳澤先生のウェブサイト 
展覧会や刊行記念パーティの様子はこちら → 養清堂画廊facebook 

今週末、7日(土)にはギャラリートーク&レセプションも開催されます(15:00〜)。養清堂画廊は、先日ご紹介した(→ こちら)白井敬尚先生の展覧会が開催されている「ggg」からもすぐ近く。あわせて足をお運びください。

柳澤先生といえば、在任当時に発売を開始した「POSTCARD」は現在も販売中。その後退任された斎藤國靖先生、池田良二先生、そして今年度で任期を終えられる遠藤彰子先生、長沢秀之先生のカードもあります。

「POSTCARD」詳細 → こちら

売り切れ御免、他では買えない「POSTCARD」を是非お求めください。

(編集:凹山人)

ツイート

藤原暢子写真展「北へII -ポルトガルの村祭-」

2017年10月4日 水曜日

まさかの本日最終日っ (>_<) !
急いでお知らせいたします~!!f^_^;)

藤原暢子写真展「北へII -ポルトガルの村祭-」
t_20170922_1

数々のあたたかい表情、人間味、情緒…

…あー。
ふじさんだから撮れた表情だよなぁ。。。

って、しみじみ思いました。

類は友を呼ぶ…とか、
自分は相手に投影される…とかいうけど。。。

ふじさんが今まで、
どんな素敵な出会いをし、どんな素晴らしい経験をして、
それをどう受け取り、感じ…
‘藤原暢子’ができあがったのか。。。
そしてこんな写真が撮れるのか。。。

納得というか… なんか深く、、、理解できました。

素敵な人の周りには、やっぱり、素敵な人が集うし、
自然と、引き寄せられる。

みなさま、ぜひふじさんのあたたかさ、広さ、豊かさを、
感じに行ってみてください。
image2
image1

[総務:ピロイ]

ツイート

「就活ファイル」につづいて

2017年10月3日 火曜日

「就活ファイル」(A3ヨコ・ポケット30枚入り)「就活バッグ」が9月より絶賛発売中!
MAU GOODS新商品の勢いは増しておりまして、ゾク、ゾクと営業・ずっち☆が発注&交渉しております。

本日は、11月下旬には発売になろうかという商品の素敵な原画が届きました!

情報解禁はまもなく。

もったいつけていますね。

猫派の人は、大喜びとだけ、お伝えしておきます。

[制作:呑猫]

ツイート