MAUP 2013年ニュース!

2013年12月27日 金曜日。
とうとうこの日がやって参りました。
本日、MAUPは仕事納めです。
(納まる人のみですが!)

スタッフへの聞き取り調査により決定した
MAUPニュースで今年のブログを締めたいと思います。

いろいろとあったけれど、
やはり皆が一番印象に残ったニュースは

保田龍門・保田春彦 往復書簡 1958-1965』の刊行です!

初の19000円もの高額本。
クロス装。輸送用の高価な外箱付き。
そしてWEB、書店では販売しておりませんが、
30000円の特装本(限定80部!)には、

ナンバー&春彦先生の装画付き!
本の美しさが映えるブックケース付き。

1つの書籍ながら、2種類の体裁をとっていますので、
同時に2冊を刊行するような忙しさでした。

関係してくださった大学の皆さま、
デザイナーの白井先生、印刷会社、編集、制作、営業担当、
皆の思いがこもっています。

できあがりを編集長が保田春彦先生にお渡しすると、
大変喜ばれたと聞き、心から嬉しく思いました。
終わりよければ全て良し。

そのほかにも

電子書籍の4タイトル一斉発売
電子化という小舟をこぎ始めました。

◎ケロT取締役著『教育通義
600ページ越えの大著です!著者みずからが出張校正に!

◎ムサビ世界堂店での『ムサビ書店がやってきた!』フェア
美術書出版会でのフェアです。

学生さん力作看板は見物でした。さすが美大!

 

◎オリオン書房ルミネ店での

線を倣びー線を学ぶ ムサビ手ぬぐいデザインコンペ」

これも美術書出版会でのフェア。

内海悠さんの優秀作品を手ぬぐいに。
この商品化の難しさったらなかったですが、

実現できて感動(ホッと)しました。

 

 

 

ほかにも

海のグレートジャーニーと若者たち』科博展との連動刊行。
三嶋先生の『線の稽古 線の仕事』涙の刊行。
新しい生活指導と進路指導
の伊東毅先生の訴求力(営業力!)。など
どれが一番と言い切れないことが沢山ありました。

 

すべて皆さまのご支援あってのことでございます。
お世話になりました皆様、
このブログをご愛読くださいました皆様、
どうもありがとうございました。

皆様、どうぞ良いお年を!

そして来年もよろしくお願い申し上げます。

[営業:ずっち☆]

ツイート

コメント / トラックバック2件

  1. ハムコ より:

    註1:『教育通義』出張校正に、著者はいらっしゃいませんでした〜。
    ただし、ご自宅の電話の前にゲラを用意してスタンバイして
    くださっていましたので、とってもとっても助かりました!

    註2:去年の今頃は、典東先生が亡くなって毎日まいにち涙涙でした。

    註3:『美術教育の題材開発』著者の先生方へ。担当編集者の仕事納めは、29日です。お正月もゲラを読みます!     ハムコ

  2. ケロT取締役 より:

     どうも。なんか遅筆の悪評が定着しそう。今回もがんばります…。
     典東先生のこと、つい最近のことのように思い出します。

コメントをどうぞ