非売品の2冊納品

本日は2冊の納品がありました。
ひとつは、映像学科・富澤正幸先生の退任記念出版
『わたしのテレビドラマ作法』
140318_1454~01
富澤先生はNHKでながらくドラマの演出に携わり、
そのタイトル一覧の初期作品には
「赤ひげ」
「雲のじゅうたん」
「優しい時代」
「阿修羅のごとく」
「おんな太閤記」
などなど、懐かしい名作がずら〜り!
ドラマづくりには何が必要なのか、あつくも静かな
筆致と、深いグリーンのきいた装丁がマッチした
四六判上製、312頁。

そしてもうひとつは『武蔵野美術大学を造った人びと』
140318_1455~01
通称「歴代研」は、歴代の理事長学長について、
今まで知られていなかった史実を掘り起こし、確認し、
記録しておこうという共同研究。
高橋陽一先生を代表に、9人の先生方による研究会の
報告書は、A5判上製、216頁のスマートな仕上がり。
ちらりと見える表紙のレンガ色がいいですねぇ。
馬面俊之さんの装丁です。
[編集:ハムコ]

ツイート

コメント / トラックバック1件

  1. ケロT取締役 より:

    馬面俊之さんの装丁いいですね。固い内容が中心ですが、おしゃれです。300部だけなので、すでにほとんどが引き取られていきました。レアな本です。

コメントをどうぞ