作品展/作品集

あと1週間をきりました。
GWまで、という話ではありません。本学の美術館で開催されている「平成25年度 武蔵野美術大学 造形学部卒業制作・大学院修了制作 優秀作品展」のことです。4月30日まで。日曜日と祝日は休館ですが、土曜日は17時までOK! ムサビの学生の皆さんが、学生時代に真摯に作品に向き合った有終の美をぜひ体感してほしいです。
などといいながら、私もせめて優秀作品展だけは……というギリギリの鑑賞なのですが。

現在7月の完成をめざしてMAUPでは通信課程の卒業制作作品集、大学院の修了制作作品集を鋭意制作中。作品展で作品を目の前にする瞬間、圧倒されたり、心がザワザワしたりと、対面できる幸せを感じるのですが、鷹の台の門を離れた瞬間「ああ、あの緑っぽい色、印刷でどこまで出るのかな?」「あんなに大きな作品を、小さく印刷してごめんなさい」と心は作品集モードヘ。

あの時もそうでした。MAU GOODSの「POSTCARD BOOK」を進行していた頃。柳澤紀子先生の展覧会で「POSTCARD BOOK」に収録した原画を目の当たりにして大ショック。本当に小さい形にしてしまった……と。

でも。と、立ち直りは早いです。「POSTCARD BOOK」や作品集は、すばらしい作品を、身近に繰り返し接することができる! そう思って、少しでも原画に近い姿を、カタチを変えて残していきたいと思っています。

[制作:呑猫]

ツイート

コメントをどうぞ