インゴルドと並びましたよ、典東先生

「MUSABI ART BOOK FAIR」を見るため、日曜日に
立川ルミネのオリオン書房へ。
投票用紙を手に、じっくりとしおりをご覧になっている
お客さまの邪魔にならないよう、すぐうしろの
デザイン関係の書籍をみにいく。と、そこに!
おお、ついに出たか。待ちに待った翻訳本、
ティム・インゴルド『ラインズ 線の文化史』(左右社)。
140622_1546~01
ややっ、その隣は典東先生の『線の稽古 線の仕事』、
その奥は立花文穂さんの『かたちのみかた』ではないか。
なんたる憎い品揃え!
思わず『ラインズ 線の文化史』を購入。
典東先生がお元気だったら、ビールを呑みながら
『ラインズ』談義ができたのに。。。
[編集:ハムコ]

ツイート

コメントをどうぞ