おみそれいたしました

今日は二十四節気の「啓蟄」。
地中も暖まり、冬ごもりしている虫が這い出てくるころとされますが、東京地方は気温が低めで、風も冷たい。
昨日、一昨日とわりと暖かかったので、虫やカエルが早まって顔を出し、その後の低温でやられてしまうのでは、などとt:eehともども心配していました。
しかし、カエルと言えばのケロT先生にうかがったお話によると、案外寒さに強いカエルもいるようですし、滅多にそんな間抜けなことにはならないのだそうです。
驚いたのは、もう産卵をはじめているカエルもいるということ。お話に出てきたこんなサイトを覗いてみると、昨年末からもう観察、報告されています。
真冬にカエルたちが繁殖活動までしているとは。おみそれいたしました。

先日もお伝えしました、武蔵野美術大学通信教育課程の卒業制作展は、いよいよ明日から四日間、小平・鷹の台キャンパスで開催されます。
明日はさらに寒くなる予報が出ています(小平は都心よりさらに冷えます)。
温かくして、是非お出かけください。

(編集:凹山人)

ツイート

コメント / トラックバック2件

  1. t:eeh より:

    なーるほど。お主ほどに間抜けではないわ、愚か者。とカエルが笑うのである。ひと安心。

  2. ケロT取締役 より:

     雪や氷は大変ですが、がんばっています。私は冬が辛い。

コメントをどうぞ