『対話 私が生まれたとき』

お盆明けに出社すると、机の上に長沢秀之先生からの
郵便物があった。
あけてみると小さな冊子『対話 私が生まれたとき』が
入っていた。

IMG_0321

8月8日−9日の2日間、東大和市立第五中学校で行った
「ムサビる!2015」の活動報告らしい。
「私が生まれたとき」で始まる文章を書いてもらい、
その人に提供してもらった写真をもとにして、
長沢先生がドローイングをする、
詩画集のような冊子だ。
Webでの報告もあるが、この冊子を手にしていると、
個々の時間の積み重ねがより身近にかんじられ、
その時間にはたくさんの人がかかわっていることを
思い知る。
文章とドローイングの「対話」であり、
個と他の「対話」である。
[編集:ハムコ]

ツイート

コメントをどうぞ