年輪ドア

ずっと雨つづきでしたが、今日は久しぶりの太陽。
8月の暑すぎた日々は太陽が嫌いでしたが、今日の太陽はなぜ好きなんだろ…
ほどよい久しぶり感。

雨が降ると、木造のMAUPの部屋は、ドアがきつくなるんです。
湿気で木目がギュッってなって開けづらい開けづらい… ^_^;)
MAUPのドアが、湿度計。でもそんな呼吸してる感じに、愛着もわきます。
大丈夫です。晴れればまた戻ります(笑)

それでも、
湿気を吸い込んで、室内を調節し、快適にしてくれてるんだと思えば、
ドアさんに感謝しなくちゃ。

…ドアさんて(笑)
最近、もうすぐ2才の姪っ子とよく会うので、
今みたいに、感情を込めるモノに対して、なんでも‘さん’をつけてしまうクセが…

もう10年以上この部屋でお仕事してますけど、
木造だからか、なんだか居心地がいいのかもしれません。
湿気同様、いろんな出来事や思い出も、木が吸い込んで年輪にしてく勝手なイメージ。
どれほどこの部屋は、あったかいのでしょうか。

…って書いてたら、
「木工 樹をデザインする」のご注文の電話が入りました。
ありがとうございます!

[総務:ピロイ]

ツイート

コメントをどうぞ