「家族の肖像」展と「保田龍門・春彦往復書簡集」

ワタクシが展覧会の開催をお伝えするのは珍しいとは思いますが、こちらは是非!
明日9月29日よりギャラリーTOM(京王井の頭線 神泉駅より徒歩6分)で、「家族の肖像」展がはじまります。
その家族とは、彫刻家の保田龍門(父)・春彦(子)。MAUPで刊行した『保田龍門・保田春彦 往復書簡 1958-1965』のお二人です。本書の大きな話題を占める春彦先生の奥さまになるシルヴィアさんの木彫も、展覧会で鑑賞できるようです。

さらに展覧会場では、『保田龍門・保田春彦 往復書簡 1958-1965』を実際に手にとってみることができ、購入もいただけます。まもなく、本WEBでもご案内しますが、春彦先生による手描きの新作素描1点(ナンバリングあり)が付く【限定発行の特装版 税込30,000円】も購入いただけます。

展覧会は11月8日まで。1度鑑賞し、『保田龍門・保田春彦 往復書簡 1958-1965』を読んで(大河小説を読んでいるようなダイナミックさがあります!)、再度展覧会へ! がおすすめです。

[制作:呑猫]

ツイート

コメントをどうぞ