神秘的な空間へ

堀内貞明先生の退任記念展『人間のいる風景』に行かせていただきました。
幸い堀内先生にもお目にかかれて、嬉しいのとちょっと緊張するのと…
鮮やかで神秘的な空間に吸い込まれそうでした。
閉館時間ギリギリに行ったもので、自分の足音だけが響く中、一人でゆっくり拝見させていただきました。

子供の頃、広く迷路のような美術館の中で迷子になったことがあり、しばらく美術館はちょっと怖い場所だったりしました。美術館で迷子になったことは、デパートや遊園地で迷子になるより遥かに怖く、心理的にちょっと怖かった気がします。
今となっては、その奇妙で怖かった記憶が、ほどよい緊張感とスリルに変わり、わくわく感みたいなものも伴って、あの神秘的で迫ってくるような空間が好きです。
美術館の独特な静寂の空間て、そこが心地良いか、なんか居づらいか、どっちかに感じてしまうのですが、堀内先生の『人間のいる風景』展は、とても心地良く感じました。

話しは変わりますが…
パン屋さんエミュウに、キャンバストートを使用例として置かせてもらっています。みなさん、パンを買ったらトートに入れてください。ぜひっ!
IMG_0020
IMG_0024

[総務:ピロイ]

ツイート

コメントをどうぞ