アンダーバーニイチゼロゴドットイーピーエス

暗号のようなタイトルですが、本来の表記をすると「_2015.eps」。
組版マスターMさんと決めた図版ファイル名の苦肉のルールです。私が組版をして、Mさんが画像補正をして……と進めているテキストのタイトルがあるのですが、どこまでどちらが配置している画像か、すぐにわかるように図版のファイル名を、章プラス図版番号ブラス「_2015.」と、年数を入れることを昨年決めました。私が作業したものはtiffかpsd形式にしておくので、これで迷いなし。

でも本当は、300点は超え、差し替えが多いため、3年4年ごしで組版する場合、どう管理するのがよいのだろう? そんな問題に、先週の金曜日、東京で開催された大学出版部協会 編集部会の秋季研修会の講演会でこたえていただきました。東海大学出版部の稲さんによる「図鑑ノオススメ」。編集だけではなく制作にまつわること、コスト意識まで具体的な数字を盛り込んで話してくださいました。図版はファイル名を工夫するだけでなく、一覧にしなければならないと反省。
講演会は、もうひとかた。知の巨人って、こういう人をいうのだなあ。楽しい前置きと熱のあるお話を伺いました。
書籍の仕事に携わる意識と姿勢を見つめなおした次第。年度末まで、予定どおり、きちんとした書籍を刊行していきたいと心ひきしめている11月半ばです。

[制作︰呑猫]

ツイート

コメントをどうぞ