リズム

先週の今頃、夜の9時前、ハムコはひとりで

広島駅周辺を散歩(クールダウン)していました。

身内に不孝があり、お通夜のあとそのままホテルに

いる気になれず・・・

「先週だったら広島に来れなかったなぁ」

そう、先週は『ホスピタルギャラリー』印刷所入稿の

直前で、とてもではないが新幹線に乗れなかった。

「翌週は、もっと来れないだろうなぁ」

そうです、「翌週(今)」は『東洋美術史』の最終確認。

『マルチメディアを考える』もギリギリである。

広島に住まう親族は、ことにのんびりしており

「ハムちゃんどうしちゃってかいっつも思いよるんよぉ」

(ハムちゃん、どうしてるかな、といつも思うのよ)

と独特の抑揚で話す。

この抑揚を聞いていると、まるで波のようだと思う。

波はどこから来るのかわからないけれど、

なんともいえない心地良いリズムがある。

きっと自分の体内のどこかに、このリズムが流れて

いるのだろう。

ギリギリの普段の生活とはちがったリズムが

どこかに置き忘れたようにひっそりあるのだろう。

[編集:ハムコ]

ツイート

コメントをどうぞ