ドキドキする毎日

昨日のMAUPは、祝日とはおもえないほどの人口密度。
4月1日奥付の教科書5冊の入稿が迫っている。
「まだ索引がぁ…」という静かな叫びとともに
帯を考えたりという「付きもの」の準備も粛々とすすむ。
『新しい教育相談論』の装幀案が今朝、臼井新太郎さん
から届いた。まだラフ案だけど、見せちゃおうかな。

01

教職課程の教科書は、かっちりと真面目な印象が重要。
ただし、ムサビらしく、明るい臨場感がほしい。
限られた写真を使って、臼井さんは見事にリクエストに
応えてくださった。編者の先生方にも好評。
3月中旬発売の予定です。

一方、しあさって15日に『ホスピタルギャラリー』納品。
ううう、ど、ど、ど、ドキドキする。
どうか綺麗に仕上がっていてほしい。
15日の晩、国分寺駅周辺で黒づくめではしゃいでいる
人がいたら、まちがいなく『ホスピタルギャラリー』
関係者です。大目に見てくださいね。
[編集:ハムコ]

ツイート

コメントをどうぞ