おなか

増刷、新刊の納品が続いております。
印刷したての匂いが、倉庫の一角の空気を少し変えます。

新刊の『ホスピタルギャラリー』。

表紙のパンが美味しそうで…
おなかが、鳴ります(笑)

ココ、病院じゃないですけど、
確かに、癒されます。
ほっこりします。

…ていうか、
(接続詞おかしいですけど)

おなかが鳴るシステム、どうにかなりませんかね…?(笑)
わざわざ鳴ってくれなくても、
おなか空いた認識くらい、できますって。

寒いと鳥肌が立って(毛穴が閉じて)
体の熱が外に放散するのを防ぐこと、わかる。

暑いと汗をかいて
皮膚表面から身体を冷却してくれるのもわかる。

おなかが鳴る…
Why?
‘なんか食べなさい’アラーム?

…ちなみに、
感動しても鳥肌って立ちますが、あれってヒトだけの特権らしいです。
自分だけの、感動や衝撃を感じるバロメーター。
そんなバロメーターに、感動して鳥肌が立ちました。

[総務:ピロイ]

ツイート

コメントをどうぞ