春遠からじ

ツイートでもお知らせしているとおり、

荒井 経著『日本画と材料 近代に創られた伝統』

立て続けに書評で取り上げていただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・『図書新聞』第3239号、4面、筆者:宮田徹也さん

・『芸術新潮』2016年2月号、p.136、筆者:諏訪敦さん

本当に、ありがたいことです。

いずれの書評でも、ただの研究者ではない、

日本画家でもある著者の視点に注目してくださっています。

本書をつくる上で、大事にした部分なので素直にうれしいですね

派手な本ではありませんが、じわじわと拡がっていってほしいものです。是非、お手にとってみてください。

 

話は変わりますが、ここのところ、毎日寒いですね。

冬はこうでなくては(強がりに聞こえるかな)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真は、駅からMAUPまでの道すがら、毎日目にする、あるお宅の梅。

年明けの異常な暖かさにほころび、ぽつぽつ咲いた花も、

その後の寒さで完全に足踏み。牛歩状態。

そのおかげで、長いこと良い香りを楽しむことができています。

 

諸々締め切り間近で、

MAUPメンバーはほどよくおかしくなっていますが、

そんな日々もあとわずか。春は、すぐそこです。

 

(編集:凹山人)

ツイート

コメントをどうぞ