『新しい教育相談論』祝納品

MAUPは2つの部屋に分かれていまして、
1つは営業・制作・総務、もう1つが編集です。
いつもはそれぞれの部屋に3人ずついるのですが、
なんと、本日は、ひとり一部屋!
ひとりだと広いなぁ・・・
がらんと広い部屋に、どさっと届いたのがこの包み。

160224

『新しい教育相談論』は、高橋陽一先生、伊東毅先生、
桂瑠以先生、大間敏行先生による教科書。
教職課程の教科書ですから、学校教育において
教育相談とは何か、どのような歴史があるかといった
概念論がまずはありますが、教育心理学の基本、
発達理論の基本、カウンセリングの基本が
コンパクトにまとめられており、年頃の子どもたちと
接する機会の多い大人にとっての必読書ではないか、
と思っている。
たとえばワークショップを企画する際にも、
こうした基礎知識を学んでおくことは大きな助けに
なるはず(知識よりも実践あるのみ、だとしても)
3月半ばには、全国書店で発売されます。
[編集:ハムコ]

ツイート

コメントをどうぞ