書店デビュー

3月15日を公式として発売日としている新刊5タイトルが、早い書店ではデビューしました。面陳(めんちん:書店で表紙を見せた陳列方法)になっていると、ありがたく嬉しく誇らしい気持ち。

『ミュゼオロジーの展開 経営論・資料論』金子伸二+杉浦幸子/編
『マルチメディアを考える』清水恒平/著
『東洋美術史』朴亨國/監修
『音楽論』白石美雪/編
『新しい教育相談論』高橋陽一+伊東毅/編

まずはリンクをクリックして情報収集から。どうぞよろしくお願いします。

[制作:呑猫]

ツイート

コメントをどうぞ