水鳥と桜

今年の桜のお題四つめです。
週末をはさんで本日t:eehも鷹の台へ行ってきました。8日に出かけたハムコが「桜吹雪だった」と言うように、たしかに鷹の台のほとんどの桜は散ったあと。あとの祭りってやつです。

だけど美術館脇の桜だけまだ満開のように見えました。
写真を、と思ったのですが、あまりに風が強くて撮ってません…。しかも寒い。頃は仲春のこの時期になぜこんなに寒いのか。

かわりに雨の井の頭公園の桜を。先週半ばの雨の日の早朝です。
桜の散り始め。散った桜が水面と池の脇の遊歩道に降って白くなってます。
いつもは人でごった返す花見時の井の頭公園ですが、さすがにこのときは、雨の中、犬を散歩させる人、ジョギングする人、散歩する人と、ごくまばら。
ちょっとえらそーなカラスと、水面を滑走する水鳥と、枝でワイワイ騒ぐ雀と、カラスに脅されても逃げない鳥たち(種類がよくわからない)以外人影もなく。

1460367296845

実はこの写真の主役は、画面の中央、水面にぽつんと浮かんでいるように見える水鳥です。水面に浮いてるんじゃなくて、水没した桜の枝にとまってます。このあと水鳥はポテポテと水面を歩いて移動するのですが、動画じゃなくて残念です。

編集:t:eeh

ツイート

コメントをどうぞ