見えた!

グッズの話題たけなわな中、『武蔵野美術大学 平成27年度 大学院修士課程 修了制作作品集』の原稿整理に追われる日々。
美術専攻57名分はすでに完了、レイアウトもほぼ決定。現在はデザイン専攻57名(美術専攻と同数!)分と格闘中。デザイン専攻には、建築コースと映像コースという2つの大きな山脈(修了生数が多く、図版数も多い)があるのですが、本日、無事に登頂完了。ちなみに2コースで図版数は205点でした。フーッ。
あと数名分、着実にフィニッシュするのみ。週明けまでには整理を終えられそうです。今回も240頁の見応えのあるものができあがりそうです。夏の刊行予定。なかなか学外の方の目に触れることのない刊行物ですが、機会がありましたら是非ご覧いただきたいと思います。

この作品集にも掲載される修了制作優秀賞作品が直に見られるのも、来週29日(金・祝)まで。

平成27年度 武蔵野美術大学 造形学部卒業制作・大学院修了制作
優秀作品展

会 期:2016年4月4日(月)-4月29日(金・祝)
休館日:日曜日
時 間:10:00ー18:00(土曜日、 4月29日(金・祝)は17:00閉館)
入館料:無料
会 場:武蔵野美術大学美術館
主 催:武蔵野美術大学 美術館・図書館

会場のある鷹の台校へは、天気がよい日なら西武国分寺線鷹の台駅から新緑の玉川上水沿いを歩いていくのがお薦めです。会期もあとわずか。お見逃しなく。

(編集:凹山人)

ツイート

コメントをどうぞ