美 風呂敷

よい天気、とブー当番に書いたとたん季節外れの寒さになったり、雨が降ったりしました。これまで2回連続です。

グッズの話なんですが、
武蔵野美術大学のロゴの美マークを大きく染め抜いた藍色の風呂敷を作成中です。
6月の声とともに風呂敷の見本が染め上がってきたと、業者さんから連絡が入りました。

「すごくきれいに仕上がってますよ。「美」の文字の、筆文字特有のかすれやうねりがいいですね。日本刀に浮かぶ刀文の美に近いものを感じましたよ。藍色もいいです」というご報告でした。
当然舞い上がります。期待値も上がる。

今、ずっち☆が帯封を制作してくれてます。お世話おかけしてます。遅くとも7月下旬には完成しているはずです。

藍色に筆文字の白抜きってかっこいいと思うんですよね。しかも文字が「美」!! 字体そのものが格調高いうえに、かなり拡大して使っているので文様としても面白い、というのがt:eehのセールスポイントで、もうひとつのこだわりは藍色です。

藍色とか青って見ても見ても見飽きない。あじさいの季節だからか、6月は青のイメージです(t:eehのね)。
8月の抜けるように濃い青空の青ではなく、9月のはかなげな青空の色でもなく、ひんやりと水の匂いする青い色。
なんだ梅雨の季節ってだけじゃん、と言われればそうなんですが。

DSC_0051

梅雨を目前にした咲き残りのテイカカヅラと猫です。テイカカヅラは今年も溢れんばかりに咲き匂いました。

編集:t:eeh

ツイート

コメントをどうぞ