畑を耕してます

9月8日は何の日かなと思って調べてみたのですが、
何の記念日にもなっていない!! がちょん。

クラシックの作曲家アントニン・ドヴォルザークが1904年の9月8日生まれではありました。
明日の9月9日は重陽の節句で、栗きんとんの日で、救急の日で、世界占いの日で、さらにチョロQの日で、手巻き寿司(くるくるの語呂合わせ)の日であったりするのに。
ぞろ目は記念日にしやすいということですね。

なにはともあれ9月に入ってもう一週間も経ってしまいました。

9月は本作りの具体的な過程が音を立てて動き始める時期なのですが、t:eeh担当の原稿がちょっと滞っていて、悶々としながらも本格始動の日々に備えてひたすら準備に励んでます。

作物が早く立派に実るように、土作りに励むっつうか、
庭仕事に例えるならば、
種を植えて若葉がむっくりと土から立ち上がる日を首を長くして待っている苗床がひとつ。
ほかにも、そういう鉢が2〜3つほどあります。

著者の先生との連絡も具体的な方向に動き出し、うまくいけばここ一週間のうちにはエンジンが回り始めるかもしれないです。

これはあれですね。小学校のときの、あさがおの鉢の双葉を待つ気分です。

編集:t:eeh

ツイート

コメントをどうぞ