さかなクンの気持ちがわかった瞬間

ひょんなことから、さかなクンの師匠・奥谷喬司先生と
親しくお話しする機会にめぐまれた。
少年時代のさかなクンはテレビでタコの解説をしていた
奥谷先生に憧れ、ファンレターを出したら
「日本にはタコや海の生き物の研究者は少ないので、
 一生懸命勉強してタコの先生になってくださいね」
という優しいお返事が来て、すっかりその気になって
現在に至る・・・この話はとても有名だ。

初めて奥谷先生にお会いして、名刺とともに御挨拶した
ところ、ちょっと困った顔をされて
「今日は名刺を持ち合わせておりませんで」と仰った。
「とんでもないことでございます」と、そのあとは
ほとんど無礼講で楽しくビールを呑んだ。

その翌々日、奥谷先生から封書が届いた。
「初めてお目にかかりましたのに、
 お優しく接して戴き有難う御座いました。」
という書き出しのお手紙と名刺。

ぎょぎょぎょー!
あれほどの大家が、小娘(実際はおばさん)に
こんなに丁寧に対応されるのか、と感激。
素敵な先生だなぁ。こうしてファンは増えてゆく。
[編集:ハムコ]

ツイート

コメントをどうぞ