展覧会情報

東京地方、明日は最高気温28℃の予報。
どうなっているのでしょうか。

現在、立川の「ファーレ立川」で公開中の展示をご紹介。
「ファーレ立川」は、1994年10月、JR立川駅北口の米軍基跡地の再開発事業として誕生した、アートと一体化した街づくり計画。世界36ヵ国92人のアーティストによる109点のパブリックアートが常設展示されています。
その「ファーレ立川」で先週末(15、16日の2日間)に開催された「ファーレ立川 アートミュージアム・デー」の企画展として、ムサビ油絵学科の袴田京太朗先生による野外インスタレーションが、23日(日)まで公開されています。

9fddcbae8a2af1fddc815ee7eabd1679

アーティスト・袴田京太朗氏による屋外インスタレーション
展示期間:10月15日(土)〜23日(日)11:00〜16:00
立川髙島屋北側赤い植木鉢作品周辺にて
ファーレ立川の告知→こちら
アートフロントの告知→こちら

以下、袴田先生のTwitterサイトより、本イベント関連のつぶやきを。

「ファーレ立川の展示、アートフロントの告知には15日(土)、16日(日)、2日間となっていますが、それは間違いで(涙)、展示自体は23日(日)までいつでも自由に観られます。ただし照明設備がないため、クローズが16時までと早めなのでご注意を。(オープンは11時。)」(10月14日)

「ファーレ立川、実は凄い作家が多数作品を設置しています。ラウシェンバーグ、ジャッド、コスースといった歴史的な作家から、レベッカホルン、トニークラッグ、アニッシュカプーア、フィリックスゴンザレストレス、マーティンキッペンベルガーらビッグネームの貴重な作品までお宝満載。この機会にぜひ!」(10月14日)

重ねて、ぜひ!
お出かけください。

(編集:凹山人)

ツイート

コメントをどうぞ