ここで逢うとは思わなかった

大道芸のジャグリングを見ていると、編集者の仕事に
似ているなぁ、と思ってしまう。
著者の先生にはたいそう失礼な例えではあるが、
実際の編集者は何本もの原稿や企画を抱えており、
それをいくつも「落とさないように」しかと握っては放つ、
握っては放つ、宙に浮いている間に、印刷してもらい、
製本してもらい、流通にのり、読者の手にわたる。
宙に浮いているのは、うまくいっている状態だ。
それは自分以外の人に委ねている時間でもある。
でも必ず自分にもどってくる。

来春刊行予定の『現代アート10講』と山崎博先生の作品集を
担当している。
この2冊がリンクすることはなかろうと思っていたのだが、
あれ、山崎先生、これ、河原温作品では? 1970年?
河原温さんが亡くなってから、作品の著作権管理は
David Zwirner Galleryが管理しており、
『現代アート10講』掲載のため連絡しているものの、
いっこうに返事がもどってこない。もう3カ月になる。
「掲載OKとか、ダメとか、御返事くださーい!」
ジャグリングしながら宙を見つめて祈ってる最中に、
こんなところで出逢うなんて!

でもしかし、作品集には掲載できないな。
ふだん「でもしかし」なんて絶対に書かないけれど、
こういうときは「でもしかし」としか言いようがない。
しかしなぁ・・・
[編集:ハムコ]

ツイート

コメントをどうぞ