冬景色

この時期「ああもう○○月○○日だ」という言葉ははMAUP内ではなるべく口にしないようにしてます。
んなことわかっとるわいっ 
そんな悲鳴が聞こえるからだ。至極当然、ごもっとも、の雄叫びなのである。

なのでこっそりとブー当番で、年末までの残り時間を数えてみた。
師走も半ば。もう来年の話をしても鬼は笑うまい、という時期になっちゃいました。

KIMG0331a1

窓に写り込んだ、猫の額ほどの庭の冬景色です。
来年の春に備えつるバラの冬の剪定は順調に進行中。
担当教科書や企画ものも、こんなふうに着々と進めていきたいぞ、とあらためて一年の締めくくりに強く強く思うのでした。

ちなみに。
この部屋の真上の、二階の窓辺では猫が暢気を絵に描いたような姿で日光浴をしていて、
いいなぁ、キミが幸福ならワタシも幸福、と思ったのでした。

編集:t:eeh

ツイート

コメントをどうぞ