デジタル製品のアナログカタログ

本日届きました丸善雄松堂さんの「Maruzen eBook Library 2016-2017」。

20161216

MAUPも2014年12月から販売を開始している電子書籍のカタログです。
スタートさせた当時の丸善の営業担当さんから「電子書籍なんですが、紙のカタログの方が選書しやすいといわれて、デジタルモノなんですが、アナログのカタログを年に1度制作しているんです」と見本を渡されたのが写真の1番下。
束幅が示すとおり、どんどんタイトル数が増えて、本日いただいた案内によれば参加出版社数は200社、コンテンツ数は38,000点を超える勢いで拡大中とのこと。

MAUPは今年は、『ワークショップのはなしをしよう』『マルチメディアを考える』の2タイトルエントリー。
いずれも、2016年に刊行した新刊を電子書籍にします!

私の作業が遅れて年内販売開始は厳しいですが、年明けにまたご報告したいと思います。

[制作:呑猫]

ツイート

コメントをどうぞ