遅ればせながら新年のご挨拶を申し上げます

あけましておめでとうございます。
年末年始、皆さまはいかがお過ごしでしたか?
「主婦に休みはない」
「ずっと原稿を書いておった!」などなど、
ムッとしたお声も聞こえてまいりますが・・・

年末、ある研究者と話をしていて、
その舞台は19世紀末から20世紀初頭のアメリカ。
「ローラ・インガルス・ワイルダーって知ってる?
 え?知らないの? この時代やるなら必読書でしょ」
と思わず言ってしまった。
若い研究者に無責任なことを言ってしまったのかも、
と反省して、小学生時代の愛読書『大きな森の小さな家』
を引っぱりだしてきたら、もう止まらない止まらない。

40数年ぶりにひらいても、福音館の函入りハードカバーは、
スピン(しおり)の色こそ褪めてはいるが、
どこにも古くささはなく瞬く間に四巻読了。
つづきは岩波少年少女文庫、現在では六冊あるらしい。
手元には変色した四冊しかないが、これも読破。
欠落している巻をさっそく購入。
さらには娘ローズに宛てた書簡集もあるとわかって
クリック(オトナ買い)

小学生ハムコは公民館の「子ども文庫」で借りて読み、
つづきものを読む楽しさを初めて味わい、
中学生になってから、やっぱり欲しくなって、お年玉で
福音館から出ていた五巻をえいっと一気に買ったのでした。
すでに読んだ本を買うことに「大人になった感」を得て、
ものすごく満足したのを思い出しました。
公民館の本には函がなく、自分の本を函から出して読む、
そのことも嬉しかったなぁ。
函に顔を埋めるようにして匂いをかいでいたっけ。
小さかったハムコよ、その後、あんたは
「函入りの本は、なかなかつくれないからねぇ」なんて
つぶやきながら、相変わらず本を後生大事に抱えているよ。
・・・と感慨にふけっているうちに、年が明けました。

皆さま、本年もご指導ご鞭撻の程を、ご愛顧を
何卒よろしくお願い申し上げます。
[編集:ハムコ]

ツイート

コメントをどうぞ